アーリントンC(G3) ◎ペルシアンナイト


「フェブラリー的中で調子に乗ったままクリックお願いします」キャンペーンを実施中。
詳しくはこちら

↓クリックお願いします



皆様にお願いした甲斐もあり、先週末の時点で750位だったランキングが、今日時点で333位になっていた。つまりいきなり400位ほど順位を上げたわけである。

クリックしていただいた皆様本当にありがとうございます。

嬉しいので、予定ではなかったのだが、今週の重賞予想を公開したいと思う。

クリックしていただいた皆様へのお礼という意味もあるし、さすがに高松宮記念まで記事をアップせずにクリックをお願いするのもいかがなものかというのもあるし、何よりこのブログの予想精度の高さを示すことで高松宮記念の予想を皆様に見たいと思っていただいてクリックしてほしいという思いもあるのである。


と息巻いておきながら、予想自体は凡庸に1番人気の指名、つまり◎ペルシアンナイトである。本当に恐縮である。(決して守りに入っているわけではない)

だがいかんせん対戦相手が弱い。

2番人気が予想されるキョウヘイだが、ここではお客様だろう。というか、この馬あ人気を吸ってくれるので、このレースで勝負する気が起きたというのが正直なところである。

まず前走のシンザン記念は34.5-38.1というとんでもない前傾ラップで、キョウヘイの末脚が凄かったというより、前の馬が止まっただけというのが正しいだろう。よってそこまで評価はできない。

かつこの馬は未勝利戦を除けば、重馬場でしか走っておらず、良馬場では500万下でも惨敗している。つまる所、スピード能力が不足しているとしか思えない。

だいたい「開幕週は逃げ馬・先行馬が有利というのが本当か調べてみた」で調べた通り、開幕週は逃げ馬・先行馬を狙うのがセオリーであり、ここは狙い辛い、というか買える要素がないのである。


また3番人気が予想されるのはヴゼットジョリーだが、これも強く見えない。阪神JF(G3)5着からの参戦となるわぇだが、内をうまく回った上でソウルスターリングには0.9秒差をつけられており、一線級と比べると、やはり一枚、二枚落ちる感じは否めない。

上り3F33.2の脚で快勝した新潟2歳S(G3)にしても、上り3F32.9の豪脚で2着に入ったオーバースペックが東スポ2歳S(G3)で10着に敗れていることを考えると、レベルに疑問は残る。

最後にヴゼットジョリーは桜花賞出走は賞金的に足りており、ここで頑張る必要性は低い。むしろ賞金加算が必要なのはペルシアンナイトであり、陣営の勝負気配からしてもペルシアンナイトを狙うべきだと思う。


なお穴馬には?????を指名する。前走の敗戦で人気を落とすと思われるが、その前走はテンションが高すぎて、そもそも力を出せる状態ではなかった。今回は落ち着きを見せているという事で本来の能力を発揮できるのではないだろうか?

◎ペルシアンナイト
★??????

馬券:◎の単勝を本線に◎-★の馬連・ワイドを少々

関連記事


アーリントンCも一点で的中。皆様応援クリックをお願いします!! | Home | フェブラリーS的中!!読者の皆様に厚かましいお願いをさせてください

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する