フェブラリーS(G1)予想 ◎ゴールドドリーム

直前のアップになってしまって申し訳ない。が、買いたい馬がなかなかおらず、迷っている間にこんな時間になってしまった…。

いかんせん近走安定した成績を残している馬がいないのが悩みの種である。

去年の勝ち馬モーニンはここ4戦勝利がないし、2着馬のノンコノユメも凡走続きである。4歳馬のゴールドドリームはチャンピオンズCで人気を裏切っているし、チャンピオンズC勝馬のサウンドトゥルーも展開に恵まれた印象が強く、実際ここ2戦勝ち切れていない。今更コパノリッキーもどうかなというわけで、困ってしまったわけである。


で、現在1番人気なのがカフジテイク。ライバルたちの不甲斐なさに加え、前走根岸S(G3)の勝ち方が鮮やかだったこともあっての人気だと思う。

だが、やっぱり1番人気の追込み馬は買いたくない。そもそもダートは先行馬が有利だし、直線が長いから誤解されやすいものの東京ダート1600mもやっぱり先行馬有利のコースである。
(参考:ダート戦は芝のレースよりも逃げ馬・先行馬が有利であるという話
(参考:東京・ダート1600m考察(コース形態・枠順・脚質・ラップ)

去年圧倒的なパフォーマンスを見せていたノンコノユメですら届かなかったことを考えると、カフジテイクが取りこぼす可能性はかなりあるのではないだろうか?津村騎手への乗り替わりも不安だし、コパノリッキーの逃げという事でハイペースが望めないのもマイナスだと思うし、そもそも根岸Sのレベルは高くないと見ているので買い辛いかなと。


じゃあどの馬を狙うのかという話だが、今回はゴールドドリームに期待することにした。

まず前走のチャンピオンズCは負け過ぎの嫌いはあるものの、敗因は明確である。スタートで出遅れ、道中ポジションを押し上げ、4コーナーは外を周ってという競馬で、最後の直線で脚がなくなったのも仕方のない内容であった。今回は、芝スタートの東京ダート1600mに変わるわけだが、武蔵野S、ユニコーンS、ヒヤシンスSと東京ダート1600mでは出遅れたことがないので、今回は好位につけての競馬ができるのではないだろうか。

そもそもモーニンも選べたであろうデムーロ騎手がこちらを選択しているのも心強いし、4歳馬ということで他馬より成長を見込めるのも大きい。

オッズが微妙についていないのがネックなのだが、まあ単勝5倍、複勝2倍つくのならぎりぎり狙ってもよいかなと判断した。

◎ゴールドドリーム

馬券:◎の単複

↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ

関連記事


フェブラリーS的中!!読者の皆様に厚かましいお願いをさせてください | Home | 「ダートは芝と比べて高齢馬でも活躍できる」という話が本当か調べてみた

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する