スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ダートは芝と比べて高齢馬でも活躍できる」という話が本当か調べてみた


芝のレースに比べ、ダートレースは高齢馬でも活躍できるという話を聞いたことがある。ダートの方が芝よりも脚元の不安が少ないため、長く活躍できるというのが理由である。

ただ怪我の心配ははともかくとして、心肺機能は年齢と共に落ちていくという事実は芝馬、ダート馬を問わない筈である。
【参考】年齢が競走馬の競争能力に与える影響について

それならばダートなら高齢馬でも活躍できるというのは眉唾のように思うのだがいかがであろうか?というわけで調べてみた。


■芝の重賞
・出走馬の平均年齢:5.4歳
・1着馬の平均年齢:4.9歳
・1~3着馬の平均年齢:5.0歳

■ダートの重賞
・出走馬の平均年齢:5.6歳
・1着馬の平均年齢:4.9歳
・1~3着馬の平均年齢:5.2歳

※2007.1~2016.12:2歳限定・3歳限定の重賞を除く


ややダートの方が高齢でも活躍しているように見えなくもないが、その差はそれほど大きくなく、予想をするうえで、「ダートは高齢馬でもOK」と言えるわけではないことが分かるだろう。

やはり当初の想定通り、サラブレットである以上、芝馬であろうがダート馬であろうが、加齢には勝てないという事かと思う。

まとめ
・ダート馬は芝馬よりも高齢でも活躍できるというのは嘘


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
関連記事


フェブラリーS(G1)予想 ◎ゴールドドリーム | Home | 有馬記念(G1) ◎サトノダイヤモンド

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。