有馬記念(G1) ◎サトノダイヤモンド

しばらく更新していなかったが、有馬記念くらいは予想をアップしておこうかと思う。といっても、今回はほとんど迷うことはなかったし、書きたいこともほとんどないんだが…


単純に能力が違うからとしか言いようがない。

今年の3歳牡馬は能力が高いというのは、ずっと言われていたこと。マカヒキの凱旋門賞惨敗、ディーマジェスティのジャパンカップ敗戦で評価を落としているのだろうが、マカヒキの場合は展開がまるで合わなかったし、ディーマジェスティは秋は本調子ではない(現にサトノダイヤモンドは菊花賞でディマジェスティを相手にしていない)と考えているので、気にする必要はないと思う。


むしろ小結クラスのレインボーラインやロードクエストが重賞で好走していることからも、この世代はやはり強いというのが、私の評価である。

逆にキタサンブラックはあまり評価していない。天皇賞春にしてもジャパンカップにしても展開に大きく恵まれただけだと思っている。ペースが速くなった宝塚記念では敗れていることを考えても、ここで抜けた存在だとは考えられない。

これでキタサンブラックの方が人気しているし、単勝も3倍近くつきそうなのだから、迷わずサトノダイヤモンド本命で良いと思う。

相手を指名するなら消耗戦で差してこれそうな馬ということで、サウンズオブアースとシュヴァルグラン、??????の3頭。でも基本は単勝にどかんと行く予定である。

◎サトノダイヤモンド
○サウンズオブアース
△シュヴァルグrン
★??????

馬券:◎の単勝ドカン、◎から○△★へ馬連、ワイド

??????はこちら人気ブログランキングへ
関連記事


「ダートは芝と比べて高齢馬でも活躍できる」という話が本当か調べてみた | Home | 馬場ごと(良、稍重、重、不良)の枠番別成績を調べてみた

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/12/25 (Sun) 01:48 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する