チャンピオンズC(G1) ◎コパノリッキー

ダート転向後6連勝中のアウォーディーであるが、結論から言うと消しである。来ても仕方ないが、このオッズでは買えないかなと。

まずは既に色々なブログやメディアでも言われているが、内枠が不安である。JBCクラシックが顕著であるが、この馬の良さはコーナーで捲りながら位置を押し上げて行けるところ。だがこの内枠では内を通ると詰まる可能性があるし、外を通るには距離ロスが発生してしまう。

スパイラルカーブだから内で詰まる可能性は低いという論調も見かけたが、以前「スパイラルカーブはレース結果に影響を与えるのか?」で調べたように、スパイラルカーブだからと言って、差し馬は有利にならない。

また、ホッコータルマエ、モーニン、コパノリッキー、ノンコノユメといった強敵を下したJBCクラシック、日本テレビ盃は重馬場での開催であった。元々芝で活躍していた馬でもあるし、母ヘヴンリーロマンスという血統を見ても、スピードが問われたというのはこの馬にとって大きかったと思う。今回は土曜日の競馬を見る限り、高速馬場は期待できず、逆風になるのではないか。


で、本命だがコパノリッキーを指名する。
2年連続で1番人気を裏切ってはいるんだが、2年前は出遅れ、去年は乱ペースと敗因は明確である。今回はホッコータルマエ、タガノエトワールが回避となり、先行争いは楽になるだろう。

去年は先行勢にはかなり厳しい展開だったにもかかわらず、直線半ばまで踏ん張り、着順も7着と大きくは崩れていないことを考えれば、展開さえむけば、楽勝まであるのではないだろうか。実際、同じ舞台で行われた東海Sでは快勝しているわけだし。


相手はデムーロ騎乗が怖いゴールドドリームと??????。??????は近走不振も中京コースは得意なので、この人気なら面白いかと思う。

なおノンコノユメはムーア騎乗で怖いものの、去年は展開も嵌っての2着なので、コパノリッキーが残る展開では厳しいかと評価を下げた。

◎:コパノリッキー
○:ゴールドドリーム
★:??????

馬券:◎の単複、◎-○★の馬連、ワイド

??????はこちら人気ブログランキングへ
関連記事


馬場ごと(良、稍重、重、不良)の枠番別成績を調べてみた | Home | マイルCS(G1) ◎フィエロ

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016/12/05 (Mon) 23:15 | # | | 編集
No title

>太郎さん
コメントありがとうございました。遅くなりましたが、調べてみましたのでご確認ください。面白い結果が得られて、私としても満足しています。興味深いテーマを頂き、ありがとうございました。

2016/12/09 (Fri) 00:32 | 管理人 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する