スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


天皇賞・秋(G1)予想 ◎リアルスティール


スプリンターズS◎レッドファルクスで幸先の良いスタートを切ったものの、その後2連敗。

巻き返したいところではあるが、今回の天皇賞は難解であり、もう今から降参状態ではある。

というのも、絶対の信頼が置けない割に、切るのも怖いという馬が揃っているのである。


まずエイシンヒカリであるが、もう東京2000mにおける1番人気の逃げ馬というだけで買いたくない。

去年の天皇賞(秋)も2番人気を裏切っているわけで、ハナを切れなかったのが敗因と巷では言われているようだが、36.4-34.0というスローペースで粘れなかったのは不満だし、逃げたクラレントにも先着されているようでは、さすがに負けすぎのようにも思う。

エプソンCで暴走したように左回りが良くないのかもしれないし、軽い馬場が合わない可能性もあるのかなと。

ただ枠は絶好なわけで、来てもおかしくはないとは思う。ただオッズを考えるとやっぱり消しかなと。


で、2番人気はモーリスなんだが、この馬も買いづらい。

まずそもそも今のマイル路線は弱いというのが個人的な見立てである。モーリスが勝って来た相手を見ても、フィエロ、ヴァンセンヌ、イスラボニータ、クラレントあたりで、二流感がプンプンする。

それがここ最近は勝ち切れていないわけで、しかも負けた相手がロゴタイプにネオリアリズムだと強気にはなれないかなと。

しかも左回りはパフォーマンスが落ちるというのがこの馬に対しての見解であり、東京コースはどうなのかなと。

ただ騎手(ムーア)は最高なわけで、来てもおかしくはないとは思う。2000mも巷で言われるほど不安視する必要もないだろう。ただオッズを考えるとやっぱり消しかなと。


じゃあ、本命は何かというと、◎リアルスティールに期待することにした。

本当のところを言うと、ルージュバックにしても、アンビシャスにしても、来ても全然驚けない。というか週の半ばまではアンビシャス本命の予定であった。

が、リアルスティールを狙うのは、結局のところ、オッズとの兼ね合いという点が一番大きい。

リアルスティールはドゥラメンテさえいなければ3冠馬になっていてもおかしくはない能力馬だと個人的には思っている。

皐月賞はドゥラメンテに負けての2着だし、ダービーはドゥラメンテを意識しすぎての4着だし、菊花賞は福永騎手が下手だっただけかと。

というわけで格という面では、このメンバーに入っても不安はない。

で、菊花賞でも好走しているように、この馬の良いところはスタミナだと思っていて、ドゥラメンテを破った共同通信杯にしても、初G1となったドバイターフにしても、好位から爆発的ではないもののそれなりの脚を長く使えるというのが、この馬の武器だと思う。

今回はエイシンヒカリが後続の脚を使わせるような流れで競馬をするだろうし、モーリスも好位からの競馬になるだろう。そうなると、それらをマークする馬たちも早めに動かざるを得ず、消耗戦になるのではないか。

その時に、リアルスティールのスタミナが武器になるのではという見立てである。

脚を出し切ることには定評のあるデムーロさんへの乗り替わりは強調材料だし。

もちろん、巷で言われているように、安田記念の惨敗も気になるし、毎日王冠を回避したことも気にはなる。

そこへの反論材料がないまま本命にするのはどうかとも思うんだが、まあ他の馬も不安要素はあるわけで、結局はオッズとの兼ね合いで決めてしまったというわけである。

◎:リアルスティール
○:アンビシャス
★:●●●●●●

●●●●●●も本命候補の予定だったんだが、馬場が思ったほど高速ではないので評価を下げた。ただ実力的にはここで来てもおかしくはないかなと。

◎の単勝、複勝、◎から○・★への馬連、ワイド

穴馬★:●●●●●●はこちら人気ブログランキングへ

↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ

関連記事


メルボルンC(G1)予想 ◎ビッグオレンジ | Home | 菊花賞(G1)予想 ◎カフジプリンス

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/10/30 (Sun) 09:29 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。