スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


菊花賞(G1)予想 ◎カフジプリンス


サトノダイヤモンドとディマジェスティの2強対決とみられる今回の菊花賞。

まあこれまでの戦績を見れば、春のG1で結果を残した馬がこの2頭しか出ていなくて、その2頭が前哨戦を勝ったのだから、まあそういう見解もしかたないかなと思う。

で、この2頭を比較した場合の個人的な見解なんだが、長く良い脚を使えるのはディマジェスティで、操縦性が高く瞬発力があるのはサトノダイヤモンドかなと。

まあこんな風に書くと、菊花賞ではディマジェステイをサトノダイヤモンドより上位に取っていることがバレてしまうかもしれない。

実際その通りで、皐月賞を見れば分かるんだが、ディマジェスティは4コーナー手前から追い出していて、スピードに乗った最後の直線ではサトノダイヤモンドよりも速い脚を使うことができていた。

ダービーでは持ち前のずぶさを発揮してしまっていたが、最後の100mで最も脚色が良かったのはディマジェスティだったと思う。

蛯名騎手が直線半ばまで追い出しを我慢したために出し抜けを喰らったような形になってしまったが、もう少し早く追い出していれば、ダービー馬はディマジェスティだったはずだ。

じゃあディマジェスティで決まりかというと、オッズ的により狙いたい馬がいるのでそちらを本命にする。

◎カフジプリンス

まあ予想通り穴人気してしまったので、妙味があるかと言われれば強気にもなれないんだが、それでもディマジェスティよりは妙味はあるだろう。

この馬は前走の神戸新聞杯が好内容。

もう色々な所で書かれているので、詳細は省くが、いかにもスピード不足のスタミナ自慢といった感じで、距離が延びれば延びるほど良いタイプに見えた。

今回は1枠1番と絶好枠を引いた。岩田騎手がどう乗るのか分からないところはあるんだが、デルタブルースやビッグウィークのような競馬を目指すんじゃないかと思われ、そのような展開に持ち込めれば、サトノダイヤモンドやディマジェスティの追撃を交わせるんじゃないかなと。

なんだかんだ言ってサトノダイヤモンドもディマジェスティもディープインパクト産駒なわけで、長距離戦がベストというわけではない。

その2頭が人気するようなら、せっかくの長距離戦だし、穴馬の下剋上に期待したいと思う。

◎:カフジプリンス
○:ディマジェスティ
△:サトノダイヤモンド
★:●●●●●●

馬券は◎の単勝、◎-○・△の馬連・ワイドが本線
あと現在二桁人気とあまりにも馬鹿にされている★:●●●●●●から◎○△への流し馬券も遊びで買おうかと思う。

穴馬★:●●●●●●はこちら人気ブログランキングへ

●●●●●●は前走の敗戦で人気ををとしているが、実力的には2走前を見る限り十分通用するかなと。そうなると、あとはうまくレースできるかどうかだけなんだが、枠的には良いところを引いたので、勝負できるんじゃないかとは思う。

↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


関連記事


天皇賞・秋(G1)予想 ◎リアルスティール | Home | 秋華賞(G1)予想 ◎ジュエラー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。