スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


秋華賞(G1)予想 ◎ジュエラー


先々週のスプリンターズSは◎レッドファルクスが快勝。

この流れで秋華賞も行きたいところ。

その秋華賞はシンハライト、メジャーエンブレム、チェッキーノと有力どころが相次いで回避となり、混戦模様の様相。

漁夫の利を手にするのがどの陣営だろうか。


で、まずは春の実績馬と夏の上り馬を比較してみようと思うんだが、ローズSにしても、紫苑Sにしても、春の実績馬が上位を占めたわけで、例年通り春の実績馬のほうを優位に取りたい。

ローズSを勝ったシンハライトにしても、紫苑Sを勝ったビッシュにしても、本番を見越した仕上げだったはずで、それに太刀打ちできなかったのだから、まあ逆転は難しいかなと。

ワンダーピルエット、ミエノサクシード、ネオヴェルザンディ、キンショーユキヒメの未対戦組にしても、そこまでのパフォーマンスを見せているわけではないので、やはり春の実績馬から本命は選びたい。


そうなるとやはりビッシュかジュエラーかの選択になるのだが、今回はジュエラーを本命とすることにした。

まずビッシュであるが、オークス3着を個人的にはそこまで評価していない。

このレースはシンハライトがかなり下手なレースをしたと思っており、1着馬との0.1秒差を鵜呑みにはできない。ビッシュは完璧なレースをしたことを考えると、シンハライトと比較して1枚か2枚は実力が劣ると見做すのが適当ではないだろうか。そうするとシンハライトと同格のレースをしてきたジュエラーに格の上では劣るということになる。

他にも小型馬で揉まれやすい京都2000mには不安が残る点、初の関西輸送など懸念もつきない中、単勝2倍台はちょっと買い辛いかなと。


で、本命のジュエラーだが、「骨折が競争能力に影響を与えるのか調べてみた」で調べたように、骨折明けの影響はそこまで意識しなくてよいと思う。
前走の敗戦にしても、重馬場に敗因を求めることは可能で、巻き返しは十分に考えられる。

そのうえで、気になるのが内枠を引いてしまったことで、(陣営は歓迎しているようだが……)、トビが大きい馬なのでごちゃつきやすい内枠はどうなのか不安は残るというのが本当の所ではある。

が、それでも本来持っている実力は、このメンバーでは抜けているはずで、骨折明け、前走の敗走が原因でオッズがつくのならば、狙わない手はないだろうなと。

内枠も結局はデムーロが何とかするんじゃないかと思わなくもない。


◎:ジュエラー
★:●●●●●●

馬券:◎の単勝、複勝が本線、◎-★の馬連・ワイドを少々
※単勝は4倍、複勝は1.6倍つかなければ買わない

対抗馬:●●●●●●はこちら人気ブログランキングへ

●●●●●●は前走の敗戦で人気ををとしているが、実力的には2走前を見る限り十分通用するかなと。そうなると、あとはうまくレースできるかどうかだけなんだが、枠的には良いところを引いたので、勝負できるんじゃないかとは思う。

↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


関連記事


菊花賞(G1)予想 ◎カフジプリンス | Home | 骨折が競争能力に影響を与えるのか調べてみた

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。