骨折が競争能力に影響を与えるのか調べてみた


競走馬が骨折をした場合、骨折前ほどのパフォーマンスは望めないようなイメージがなんとなくではあるのではないだろうか?

というわけで、実際の所どうなのか調べてみた。

で見つけたのが、次のデータ。

疾病の予後統計
※データの出所はJRA競走馬総合研究所。
※画像は「おら一口馬主さ始めるだ」様より拝借


これを見てわかるのは、骨折は屈腱炎ほど絶望的な疾病ではないこと、中手骨、中足骨の骨折は競争能力の低下を齎しそうだが、第1指骨の骨折は気にしなくてよいということだろうか。
※獲得賞金は現役期間の長さにも影響されるため、疾病による離脱期間の影響のほうが競争能力の低下の影響よりも大きいかもしれない。

馬体骨名称


また、「『ドゥラメンテ秋断念 3歳馬の骨折と今後への影響』JRA競走馬研究所」という記事の中に3歳時における骨折について言及している箇所があったので、引用しておく。
なお、記事には他にも色々と面白い内容が含まれているので、興味がある方は目を通されると良いだろう。


赤見 繰り返しになるのですが、若い時期の骨折というのは、成長過程で起きうることと考えると、特に影響は考えなくていいと?

高橋 そうですね。腕節の骨折の場合、骨片が小さくて、きれいに取れていれば、そう言っていいと思います。きちんと手術をしてある程度の休養を取っていれば、腕節がずっと腫れたり、大きな骨膜が出るということもあまりないのかなと思いますね。


以上が調べた結果である。

骨折明けの競争馬の取捨に悩まれる方の参考になれば幸いだがどうだろうか。

まとめ
・骨折は屈腱炎ほど競争能力に影響を与えない
・骨折の箇所によって競争能力への影響は異なる
・中手骨、中足骨の骨折は競争能力低下の傾向がある
・第1指骨、第1趾骨の骨折は競争能力への影響は見られない
・3歳時の骨折は競争能力への影響は小さい 


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ

関連記事


秋華賞(G1)予想 ◎ジュエラー | Home | スプリンターズS(G1)予想 ◎レッドファルクス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する