スパイラルカーブはレース結果に影響を与えるのか?


スパイラルカーブ

スパイラルカーブとは、入口から出口にかけて半径が小さくなる複合曲線によって構成されるコーナーのこと。(上図のようなイメージ)

徐々にコーナーがきつくな るので外に膨らみやすく、最後の直線を向いたときに馬群がばらけやすいと言われている。

そのため、スパイラルカーブを導入していない競馬場と比較して、差し馬の不利が軽減される、かつ外枠の不利が軽減される、というのが定説である。

さてこれらは本当であるか、データを取ってみたい。

なおスパイラルカーブを導入しているのは、函館、福島、中京、小倉、京都内回りである。


差し馬不利は軽減されるか?

スパイラルカーブ導入競馬場での結果(函館、福島、中京、小倉)
スパイラル_脚質
2012.1~2015.12のレース結果


スパイラルカーブを導入していない競馬場での結果(中山、札幌)
スパイラルなし_脚質
2012.1~2015.12のレース結果
※直線距離の長さが影響しないよう東京、新潟、阪神などは除外している


パッと見、全然差し馬、追い込み馬の不利は軽減されていないことが分かる。

それどころか、より成績が悪いような気がしないでもないが、まあ見なかったことにする。

面白い発見点としてはマクリの成績が良いことだろうか。



外枠不利は軽減されるか?

スパイラルカーブ導入競馬場での結果(函館、福島、中京、小倉)
スパイラル_枠順
2012.1~2015.12のレース結果


スパイラルカーブを導入していない競馬場での結果(中山、札幌)
スパイラルなし_枠順
2012.1~2015.12のレース結果
※直線距離の長さが影響しないよう東京、新潟、阪神などは除外している


内枠有利・外枠不利の傾向がやや軽減されているっぽい。

内を通る馬ほどスピードに乗りにくい、というのが理由だろうか。マクリの成績が良いってのもこれが理由のようには思う。


まあとはいえ、その影響は大きいようには見えないため、競馬予想ではそこまで意識しなくてよいようには思う。


↓参考になったという方、クリックお願いします
  ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事


ブックメーカで馬券を購入しないのは馬鹿というお話 | Home | 競馬における統計データはサンプルサイズが足りないという話

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する