パワーが必要と言われる洋芝開催の函館・札幌競馬場で牝馬の競争成績を調べてみた

洋芝は一般的に力がいる馬場と言われる。

洋芝は野芝と違い、匍匐茎というものを持たないのが理由らしい。

匍匐茎とは茎の側面から根や枝を出し 長く地を這ってから根を下ろし そこから芽を出す事だそうだ。
そのため野芝を利用した競馬場では地面の中で広く根を伸ばし固い路面が作られ、スピード勝負になりやすい。

一方で、洋芝を利用した函館競馬場や札幌競馬場では、路面が柔らかくなるために、踏ん張りが利き辛く、パワーが必要とされるらしい。

そう考えると、「牡馬と牝馬の違いについて調べてみた」でも書いた通り筋力が劣る牝馬にとって、函館競馬場や札幌競馬場は鬼門になるのではと思い、調べてみることにした。


■牡馬の全競馬場成績
競馬場別成績(牡馬)
※2006.1-2015.12

■牝馬の全競馬場成績
競馬場別成績(牝馬)
※2006.1-2015.12

結果は見事に真逆であった。

牝馬にとって函館競馬場や札幌競馬場は得意な条件であるようだ。

理由としては「「夏は牝馬を狙え」という格言が実は本当だったという話」で書いた通り、牝馬は夏に強く、函館・札幌開催が夏に行われるという点が考えられる。

また、「牝馬の得意・苦手コースを調べてみた」で書いた通り、牝馬は短距離のほうが得意ということも影響していると考えられる。
(函館・札幌では1000m、1200m、1500mとマイル以下の距離でのレース施行が多い。実際、短距離戦のほうが成績は良いことは確認できた。)

というわけで、函館や札幌は洋芝だからといって、牝馬を軽視する必要はないというのが結論である。
(洋芝適性って何だろうと思うが、まあそれは別途考察することにする)

まとめ
・牝馬は函館・札幌競馬場で好成績
・夏開催というのと、短距離戦が多いというのが理由と考えられる


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ

関連記事


重賞予想について | Home | 「夏は牝馬を狙え」という格言が実は本当だったという話

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する