宝塚記念(G1)予想 ◎サトノクラウン

G1上半期の最終戦。
これまで良い成績を出せているので、有終の美を飾りたいと思う。

■展望

前回の記事で纏めたように阪神・芝2200mは持久力の必要なコース。
(参考:阪神・芝2200m考察(コース形態・枠順・脚質・ラップ)

土曜日の開催が重馬場、かつまだ雨が降り続いていることを考えると、更に消耗戦になることが考えられる。

長く脚を使える心肺能力を持っていること、重馬場でも上手に走れること、というのを意識して各馬を評価した。
(参考:馬場が悪い芝のレースにおいて馬体重の大きい大型馬が有利というのは嘘という話


■有力馬見解

ドゥラメンテ
皐月賞とダービーの2冠馬だし、現役最強馬の1頭ではあるだろう。(その割には人気投票6位と悲しい感じだが)

最近のパフォーマンスは中山記念にしても、ドバイシーマクラシックにしても以前の圧倒的なスケールは感じることができず、やや物足りない面はあるものの、中山記念はドバイシーマクラシックへの前哨戦だったわけだし、ドバイシーマクラシックは落鉄があってのものなので、気にしなくて良いかなと思う。

また海外遠征明けを懸念する声もあるが、まあもちろん強調材料ではないんだが、気にする必要もないかなと思う。
(参考:「海外遠征明け初戦の馬は危険」というのが本当か調べてみた

あとは宝塚記念特有の消耗戦への対応だが、ダービーを見る限りでは、長く脚を使うことができるので不安視する必要はないだろう。

ただ唯一不安なのは重馬場への対応である。
キングカメハメハ産駒なので得意である可能性もあるんだが、トビはやや大きめなので、綺麗な良馬場ほどのパフォーマンスはでないんじゃないかなと個人的には思っている。

まあそれでも強いことは間違いないので、あとはこのオッズと比べてどう判断するかという感じだろう。


キタサンブラック
天皇賞・春では本命候補であり、高く評価している1頭である。(まあ結果として本命にしなかったのだから、偉そうなことは何も言えないのだが)

その時の評価・予想は別にみてもらえればと思うんだが、その評価も含めて、宝塚記念では消しにする予定である。
(参考:天皇賞予想

この馬が長距離戦に強いのは、心肺能力が高いというよりも、操縦性が高いという点、もう少し細かく言うと、折り合いに問題がないのでポジションを取りに行ける点が大きいように思う。

天皇賞・春も実際に逃げる形となって、その利点が活かされたわけであるが、このレースはかなりスローペースでそこまで消耗戦にならなかったのもこの馬にとっては良かったと見ている。

今回は消耗戦は確実なので、器用さよりもより心肺能力を求められるだろう。ダービーを見る限り、そうなるとパフォーマンスは下がると思う。

あとメンバーも強くなるというのもネックだし、重馬場もマイナス。

消しでいいかな。


アンビシャス
元々能力は高く評価していた馬である。
(そのおかげで去年は毎日王冠、天皇賞と連続で本命を打ち、痛い目にあった。許せない)

で、毎日王冠、天皇賞の結果、トップスピードは高いものを持っているが、ラブリーデイなんかと比較するとやや劣っている。かつ持久力はそんなにない、という評価に落ち着いた。

で、今回の宝塚記念であるが、2200mへの距離延長、特に消耗戦になりやすい阪神2200mへの適性が鍵になるんだろうが、個人的には難しいと思っている。

天皇賞後の評価もあるし、中山記念後にルメールJは「距離は1800がギリギリ」とコメントしているし、実際その中山記念では最後に脚が上がった印象もある。

次の産経大阪杯(G2)では距離2000mを克服して勝っているわけだが、36.8-33.6というスローペースに助けられたというのは大いにあるだろう。

今回はさすがにそこまでペースが緩くなることは考えづらいので、過剰に人気していることもあるし、消しといていいんじゃないかと思う。


ラブリーデイ
去年の宝塚記念勝ち馬だが、去年は例外的に消耗戦にならなかったのが大きい。

天皇賞を見てもわかるように、この馬はスローからの瞬発力勝負を得意とする馬。

本来の宝塚記念とは適性が合わないと思う。

去年よりパフォーマンスが落ちているのも気になるし、消しでいいかな。


シュヴァルグラン
正直、この馬の取捨に一番悩んでいる。
阪神2200mの適性はきっと高いんだろうが、あとは能力が足りてるかどうかという話。
いかんせん強い相手とやっていないので、あまり過大評価するのは禁物かなと。

もう一個気になるのが、小回りの内枠。
この馬そんなに器用じゃない上に、馬の操縦性にやや難がある福永騎手ということで、後ろからの競馬になりそうなのはやや懸念である。

紐候補には入れたいが、本命にはしたくないという感じだろうか。



■結論

というわけで、ちょっとひねって本命は◎サトノクラウンにした。

◎サトノクラウン
〇:●●●●●●

サトノクラウンは、去年の春のクラシックではドゥラメンテには敵わなかったものの、上位を形成した馬なので、ポテンシャルは十分。
そしてダービーを見る限り消耗戦にも対応できるし、重馬場適性は前走で証明されている。

その割に人気が一息なので狙って面白いんじゃないかなと。


◎の単勝、複勝、◎-〇の馬連・ワイド

対抗馬:●●●●●●はこちら人気ブログランキングへ


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
関連記事


「夏は牝馬を狙え」という格言が実は本当だったという話 | Home | 阪神・芝2200m考察(コース形態・枠順・脚質・ラップ)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する