阪神・芝2200m考察(コース形態・枠順・脚質・ラップ)


宝塚記念の舞台となる阪神・芝2200mについて考察してみる。

pic_course_3d_hanshin.jpg

pic_course_turf_hansin_uchi.gif

外回り4コーナー出口からスタート。

1コーナーまでの距離が500m以上あることに加え、下り坂なので前半は速くなりがち

ここでスピードがつく影響に加え、さらに起伏がない中盤区間ということもありペースが弛みにくく、前半のペースのまま速いラップが流れ、正面での隊列は縦長になりやすい。

基本的には息が入らない前傾ペースになることが多く(特にOPENクラス以降)、持久力が問われる消耗戦になる

逃げや好位からの抜け出しが基本になるが、直線の坂もあり直線が平坦な京都芝2200mと比べても差しが決まりやすいコース。

とはいえ、最後の直線は短いので、直線を迎えるまでにどれだけ前との差を詰められるかが、差し馬・追い込み馬にとっては重要になる。

そのため差し馬・追い込み馬を狙う場合は、最終コーナーで捲っていける馬を狙いたい。

なおコーナーを4つ回るコース設定のため内枠が有利であることには注意が必要。


【参考データ】

■枠番別成績
阪神・芝2200m(枠順)

■脚質別成績
阪神・芝2200m(脚質)

■平均ラップ(馬齢・クラス別)
阪神・芝2200m(ラップタイム)

まとめ
・内枠有利
・消耗戦になりやすく、ばてにくい馬が台頭する


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
関連記事


宝塚記念(G1)予想 ◎サトノクラウン | Home | 函館スプリントS(G3)予想 ◎ローレルベローチェ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する