函館スプリントS(G3)予想 ◎ローレルベローチェ


■有力馬の見解

シュウジ
新馬戦から小倉2歳Sまで3連勝、4戦目のデイリー杯2歳Sで連勝は止まったもののエアスピネルの2着と去年の2歳戦線において主役の一頭であった。
その後、マイルや1400m戦で結果を残せず、今回あらためて1200m戦への挑戦となった。

恐らく1200m戦では底を見せていないということで1番人気なのだろうが、結構不安要素はあるように思う。

まずは小倉2歳Sまでに戦った相手が微妙であったということ。まあ圧勝しているので気にしなくてもいいのかもしれないが、例えば小倉2歳Sの2着馬サイモンゼーレは1000万下のレースでも惨敗しており、古馬の一線級を相手に目途が立っているとは言い難い。

また、デイリー杯2歳S以降の戦いっぷりも評価しづらい。ファルコンSの惨敗は重馬場だったということで度外視するにしても、(とはいえあまりに負け過ぎなので、函館の重い馬場が大丈夫か心配にはなる)、NHKマイルCは最内を活かしてロスのない競馬をしたにもかかわらず、最後は止まってしまっており、完敗という内容であった。

これらを見る限り、2歳時は完成度の高さで勝負できていたものの、他馬が成長してくるに従い、相対的にパフォーマンスを落としているように見えなくもない。

これで1番人気なんだから、まあ消しといていいんじゃないかと思う。


レッツゴードンキ
個人的には好きな馬であるんだが、スプリンターかと言われると、やや疑問符がつく。

阪神1400mで行われた阪急杯では勝ち馬のミッキーアイルと同じような位置で競馬を進めたにもかかわらず、直線早々で振り落とされた。

また高松宮記念ではいいところなく、8着に敗れている。

これらのレースを見る限り、スプリント戦で戦えるだけのスピード能力は持ち合わせていないと言わざるを得ない。

マイル以上では気性的に競馬が難しくなるので、1200m戦を使うしかないんだろうが、悲しいことに競争能力的には適性がないのである。

ただ、今回は1番枠を引けたし、洋芝の函館ということで究極のスピードを求められるわけでもないし、好走するにはここしかないという条件は揃っていることには注意してもいいかもしれない。

まあ僕は2番人気なら妙味がないなと思っちゃうので消しちゃうんだけど…



アクティブミノル
セントウルS(G2)1着、高松宮記念(G1)4着と実績だけならこのメンバーでも最上位だろう。

【セントウルS】
11.9 - 10.8 - 11.3 - 11.1 - 10.9 - 11.8 (34.0-33.8)

3枠6番の好枠からハクサンムーンとのハナ争いを制しての逃げ。道中競られなかったことも大きいが、ハクサンムーンが失速する流れの中、ストレイトガールの追撃を凌ぎ切ったのだから評価は高い。


【高松宮記念】
11.7 - 10.1 - 10.9 - 10.8 - 11.1 - 12.1 (32.7-34.0)

直線を向いたところで、外を回してきたビッグアーサーを避けるため、外に膨れてしまう不利があった。そのため直線の加速にやや手間取っている印象だが、それでも最後は鋭く追い込んできた。能力がなければできない芸当であり、やはり評価は高い。


というわけで好走したレースを見ると高く評価をせざるを得ないのだが、それ以外のレースではびっくりするくらい崩れている点には注意が必要である。

阪神C(17着)やニュージーランドT(15着)は距離が合わなかったということで片づけても良いのかもしれないが、シルクロードS(16着)は敗因を探すのがやや難しい。

レース後の武豊騎手のコメントも「4コーナーで抵抗できず、下がってしまいました」と釈然としないもの。ペースはやや早かったが、ハナを切ったローレルベローチェが2着、2番手のセカンドテーブルが4着なのだから、我慢できないほどのものとは思えない。

で、これは仮説でしかないんだが、この馬、重い馬場が駄目なのかもしれない。

・シルクロードS(G3) 稍重 16着
・阪神C(G2) 稍重 17着
・ニュージーランドT(G2) 稍重 15着

これを見ても惨敗したレースは良馬場以外なのである。

そう考えると、この馬も洋芝の函館は合わない可能性はあるんじゃないかなと思う。(函館2歳Sは勝ってるものの、2歳時の成績はあてにしにくい)

3番人気は舐められた印象もあるんだが、不安要素もあるんじゃないかと付け加えておきたい。


■結論

有力馬があてにしにくいので、穴狙いをしたいと思う。

開幕週なので逃げ・先行馬から選びたいし、洋芝適性も重視したい。

◎ローレルベローチェ

高松宮記念は前半3F32.7とハイペースになってしまったので、大敗も仕方なし。
今回はアクティブミノルがハナにはこだわらないと陣営がコメントしており、自分のペースをコントロールできそうである。
そうなればセントウルS2着のような強い競馬ができるだろう。

そのセントウルSは稍重での競馬だったことを考えると、馬場が重い洋芝もあうのではないだろうか。

「本当に落ち着いていて良かったです。状態は悔いの残らないところまで仕上げられた」
「栗東での追い切りと比べてもらうと分かると思うんですが、坂路やCWコースの4コーナーから直線に向かうまでの落ち着きが全然違う。洋芝の感触をつかめたのもよかった」
と陣営も手ごたえを感じている様子。

好走を期待したい。



東京で行われるユニコーンS(G3))は●●●●●●を買っておけばよいと思う。

単純に抜けて強いと思うからである。

考察とか全然ないので非常にあれなんだが、函館スプリントS(G3)よりこっちのほうが自信ある。

●●●●●●はこちら人気ブログランキングへ


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
関連記事


阪神・芝2200m考察(コース形態・枠順・脚質・ラップ) | Home | 「最初のコーナーまでの距離が短いコースでは内枠有利」とは一概に言えないという話

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する