「海外遠征明け初戦の馬は危険」というのが本当か調べてみた


「海外遠征明けの馬は危険である」という通説が競馬界には存在する。

海外遠征ともなると、長時間の輸送だったり、慣れない場所での滞在だったりと馬への負担が高く、調子を落とす可能性が高くなるというのが理由らしい。

というわけで、実際のところどうなのか調べてみた。

ただし、そもそも海外遠征するような馬は強い馬が多いので、勝率や連対率は通常よりも高くなる。そのため他馬と比較しても意味がないので、今回は遠征した馬の初戦と二戦目で比較することにした。


■遠征明けの競争成績
遠征明け
※2006.1-2015.12


まあ見てもらったら分かるんだが、2戦目の成績のほうが優秀である。

というわけで、今回の調査からは「海外遠征明けの馬は危険である」という通説を強く否定することはできなかった。

が、とはいえ海外遠征明けの馬の成績が悪いと呼べるようなデータではないこと、またサンプル数が少なすぎて信頼度が高い検証ではないことは追記しておく。


後、他サイトの記事で見つけた類似の検証記事へのリンクを張っておくので良ければ参考にしてほしい。
海外遠征馬の帰国初戦について考える(データde出~た)


まとめ
・海外遠征明けの馬は危険という通説を完全否定するデータは見つけられなかった


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
関連記事


安田記念(G1)予想 ◎ロサギガンティア | Home | ダービー(G1)予想 ◎ディーマジェスティ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する