ダービー(G1)予想 ◎ディーマジェスティ


【重要】まずは予想をご覧いただく前に

ダービーで儲けたい方はまずこちらをご覧いただきたい。

ブックメーカで馬券を購入しないのは馬鹿というお話


この方法を使えば去年のドゥラメンテは単勝1.9倍だったにもかかわらず、2.3倍の払い戻しを受けられるのである。
知ってる知らないで馬券生活に大きな差が出るので、ぜひ皆さんに利用してほしい。


↓↓↓↓↓↓↓↓
登録はこちら
※もしバナーリンクが表示されない場合は、AdblockをOFFにしてほしい


なお登録方法が分からない方はこちら。
ブックメーカーの登録方法


【展望】

まあ事前オッズを見てもそうなんだが、やはり皐月賞組が有力である。
ところが過去10年を見る限り、皐月賞の結果は基本的には当てにしにくい。

というのも過去10年で見て、皐月賞とダービーを共に勝ったのはメイショウサムソン、オルフェーヴル、ドゥラメンテだけなのである。
過去には下記のような皐月賞馬がダービーでは涙を呑んでいる。

・2007年 ヴィクトリー 9着
・2008年 キャプテントゥーレ 不出走
・2009年 アンライバルド 12着
・2010年 ヴィクトワールピサ 3着
・2012年 ゴールドシップ 5着
・2013年 ロゴタイプ 5着
・2014年 イスラボニータ 2着


まあこれらの馬を見たら器用貧乏な馬が多いってのが分かるだろう。

というのも当然で、中山だと好位につけられるかどうか、コーナーで捲っていけるかどうかが重要で、器用なタイプが勝ちやすいのである。

だがダービーが行われる東京コースでは器用さはそこまで武器にならない。そのため、ダービーでは勝てない馬が多いというわけである。

皐月賞を振り返るときは、こういった器用さを武器に好走したのか、それとも地力で好走したのかを見極める必要がある。


【有力馬の見解】

ディーマジェスティ
皐月賞の予想を見てもらえれば分かるが、完全にノーマークだった(涙)。

が、大外枠の影響もあって、ずっと外を回しながら、2着以下に0.2秒差をつけたのだから、恵まれたとか、器用さを活かしたいうより、完全に力が抜けていたと評すべきであろう。
特に直線を向いてから、一瞬で抜け出したあの瞬発力は衝撃的であった。(去年ドゥラメンテが皐月賞を勝った時にこの馬がダービーを勝つだろうと思ったもんだが、今年のディーマジェスティも同じような印象である)

というか、もうあれこれ述べるのも面倒なので、皐月賞の動画を張っておくことにする。この映像だけでこの馬の強さは十分分かるだろう。




マカヒキ
今年の皐月賞のラップは下記の通りである。

12.0 - 10.7 - 11.5 - 11.7 - 12.5 - 11.5 - 12.4 - 12.2 - 11.6 - 11.8 (34.2-35.6)

これを見れば前半3Fよりも後半3Fの方が時計がかかっている前傾ペースだということが分かる。最後の末脚は目を瞠るものがあったが、
展開に恵まれたことを忘れてはいけない。

また、皐月賞でも後方待機が嵌った形になるので、今回からも後方からの競馬を踏襲するだろう。だが、いくら東京コースとはいえ、後方からの競馬になるのは脚質的にプラスとは言えないことを忘れてはいけない。かつ川田騎手は追い込み馬に乗ると、仕掛けがいつも遅れ脚を余すことが多いのも懸念材料である。
(参考:競馬は逃げ馬・先行馬が有利であるという話)
(参考:東京・芝2400m考察(コース形態・枠順・脚質・ラップ)

そもそもルメール騎手がダービーには向かないのではということで、マカヒキではなくサトノダイヤモンドを選んだ経緯もある。

これで1番人気が濃厚なのだから、まあ買えないかなというのが個人的な見解である。



サトノダイヤモンド
ルメール騎手はダービーを見越してこの馬を選んだということだが、個人的な見立てではこの馬は皐月賞のほうがより適性があったように思う。展望で書いた器用なタイプというのに一番当てはまるのがこの馬である。

その皐月賞でディーマジェスティに完敗だったのだから、逆転は難しいと思う。消し。



リオンディーズ
道中でかかってしまい先頭に立つ競馬。前半58.4のハイペースでは残れないのも仕方ないかなと思う。これで4着入選に踏ん張っているのだからやはり能力は高いのだろう。

とはいえ朝日杯FS→弥生賞→皐月賞とパフォーマンスを下げてきているのはやや不安。1月生まれということで。2歳時にあった早生まれのアドバンテージが消えつつあるのかもしれない。
(参考:2歳戦は誕生月が1月、2月の早生まれ馬が有利という話

また2000mでかかってしまってたのだから、2400mへの距離延長は不安。これが皐月賞だけの現象ならともかく。弥生賞でもかかっていたことを考えると、そう簡単に修正はできないと思う。

穴馬なら狙ってみたくもなるが、まだ人気の一角になりそうなので、買い辛いというのが本音である。


スマートオーディン
京都新聞杯、毎日杯と連勝しての参戦だが、いかんせん相手が弱すぎる。
3走前の共同通信杯ではディーマジェスティに0.8秒差つけられており、もう勝負付けは終わっていると見ている。消し。


【結論】

本当は枠順とか馬体重とかパドックとか色々確認したうえで予想をすべきなんだろうと思う。
が、もう本命が決まってしまっているので、勿体ぶらずに披露することにした。

ディーマジェスティが抜けて強いと思うので、買うというそれだけである。
ダービーだから適性云々に関係なく一番強い馬に勝ってほしいし、事前オッズを見る限り舐められたオッズになりそうなので、雨が降って重馬場とかにならない限り、多分このまま買うことになると思う。

◎ディーマジェスティ

◎の単勝
※3倍が目安.。つかない場合は穴馬の●●●●●●との馬連・ワイドを遊びで買うだけにする。
※ブックメーカーのほうがオッズがつく場合は、そちらで購入する


今回のレースは有力馬に差し馬が多い。なので穴を狙うなら先行勢から。●●●●●●は前走は好位から脚を伸ばす、強い競馬だった。展開利があれば、このメンバー相手にも一泡吹かせられるかもしれない。

●●●●●●はこちら人気ブログランキングへ


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
関連記事


「海外遠征明け初戦の馬は危険」というのが本当か調べてみた | Home | オークス(G1)予想

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する