東京・芝2400m考察(コース形態・枠順・脚質・ラップ)


日本ダービー、オークス、ジャパンカップの舞台となる東京・芝2400mについて考察してみる。

pic_course_3d.jpg
pic_course_turf2_tokyo.gif

スタートから最初の直線までの距離は約350m。外枠の馬は最初のコーナーまでにポジションをとれないと、外を回され、距離損が発生する。そのため内枠有利

最後は520mの長い直線。この長い直線を意識してか、3コーナー・4コーナーでペースが上がってのラスト4F勝負となることは少なく、基本的には直線を向いてからの残り3F勝負となる。そのため瞬発力勝負になりやすい。

東京コースと言えば長く良い脚を使えることが重視されるが、それよりも直線を向いた瞬間にトップギアに入れられるかの瞬発力のほうが重要である。

脚質別のデータを見る限り、逃げ馬は捕まりやすく、他コースほど有利ではない。その分差し馬・追い込み馬にとっては、比較的追い込んできやすいコースと言える。


【参考データ】

■枠番別成績
東京・芝2400m(枠順)

■脚質別成績
東京・芝2400m(脚質)

■平均ラップ(馬齢・クラス別)
東京・芝2400m(ラップタイム)

まとめ
・内枠有利
・瞬発力勝負に強い馬が有利


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
関連記事


オークス(G1)予想 | Home | ヴィクトリアマイル(G1)予想

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する