牝馬の得意・苦手コースを調べてみた


牡馬と牝馬の違いについて調べてみた」という記事を書いた。

簡単に言うと、「筋肉量と最大酸素摂取量が違う」ということなのだがそれにより得意・不得意とするコースがあるのではということでデータを調べてみることにした。


なお今回は牝馬のコース別の成績が知りたいわけではなく、大まかな傾向を知りたかったため、データが500レース以上取れないコースは除外してある。

2000mよりも長い牡・牝混合レースには牝馬の出走自体が少なく、ほとんどのコースでデータは500以下だったことに注意してほしい。統計誤差が大きいためはっきりしたことは言えないが、2000mを超えるレースでは牝馬の成績が良くないことは一応付記しておく。


■芝コース別成績上位10(牝馬)
牝馬成績上位コース(芝)
※2006.1~2015.12

■芝コース別成績下位10(牝馬)
牝馬成績下位コース(芝)
※2006.1~2015.12

■ダートコース別成績上位10(牝馬)
牝馬成績上位コース(ダート)
※2006.1~2015.12

■ダートコース別成績下位10(牝馬)
牝馬成績下位コース(ダート)
※2006.1~2015.12

で、これらの結果から、牝馬の傾向をあげると下記のような感じだろうか。

・短距離>長距離
・芝>ダート
・函館・札幌コースが得意(夏開催のためか?)
・東京コースは不得意


長距離が苦手というのは最大酸素摂取量が牡馬より劣るという点から予想通りだし、ダートが苦手というのも筋肉量が劣るのでそりゃそうかなと思う。

函館・札幌コースの成績が良いのは、「夏は牝馬」という格言通り夏は走るので、夏開催になる函館・札幌は相性が良いのかもしれない。(直線が短いのが良いだけかもしれないが…。いずれにせよ夏は牝馬という格言はどこかで別に検証したい)

また、東京コースが苦手というのは、長い直線で持久力が問われるのが厳しいのかもしれない。
新潟コースの成績がそこまで悪くないように見えるのは、新潟の場合、芝が軽いのでそこまで持久力が求められないというのが理由だろうか。
(もしくは新潟も夏開催が多いからかもしれない)


意外だったのは、筋肉量が必要と言われている急坂(中山や阪神)での成績がさほど悪くなかったことだろうか。
(平坦なほうが成績が良いように見えるが、それよりも距離や直線の長さのほうが成績への影響は大きいように見える)

まとめ
・牝馬はダートが苦手
・牝馬は長距離が苦手
・札幌・函館が得意で、東京が苦手


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
関連記事


東京・芝1600m考察(コース形態・枠順・脚質・ラップ) | Home | 牡馬と牝馬の違いについて調べてみた

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する