長距離戦が得意な騎手を調べてみた

競馬界には「長距離は騎手で買え」という格言がある。

長距離になるほど、ペース配分や駆け引きが重要になり、騎手の腕が問われるというのが理由らしい。

この格言自体の真偽のほどは分からないのだが、長距離戦が得意な騎手を調べてみることにした。
(なおここで長距離戦というのは距離が2500m以上のレースを指すものとする)

■長距離戦の騎手別成績・上位10騎手(芝)
騎手別成績(長距離上位10)

■長距離戦の騎手別成績・下位10騎手(芝)
騎手別成績(長距離下位10)
※2006.1-2015.12
※なお50戦以上のサンプル数が取れなかった騎手は上記データから除外してある
※2016年4月時点で現役騎手のみのデータである


やはりというか、リーディングによく顔を出す騎手で上位陣は埋められている。
武豊騎手、横山典弘騎手、岩田騎手、四位騎手、蛯名騎手と比較的ベテランが多い気がするのも、経験が必要という格言を裏付けているような気がしないでもない。

なおベスト10には入っていないものの吉田隼人騎手、吉田豊騎手、藤岡佑介騎手、藤岡康太騎手あたりも好成績であったこと、そして人気騎手だと福永騎手、和田騎手、田中勝春騎手、浜中騎手、小牧騎手の成績がよろしくないことを付記しておく。


まとめ
・長距離戦はベテラン騎手のほうが成績が良い
・ただし福永騎手、和田騎手、田中勝春騎手、浜中騎手、小牧騎手あたりには注意


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ

関連記事


長距離戦が得意な種牡馬について調べてみた | Home | クイーンエリザベスⅡ世カップ(G1)予想

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する