開幕週は逃げ馬・先行馬が有利というのが本当か調べてみた


「重馬場になると先行馬有利になるって本当?」という記事で時計がかかる馬場になると、やや逃げ馬の成績が落ち、差し馬・追い込み馬の成績が上がるということを書いた。

また、「開幕週は内枠有利って本当?」という記事で、開催後半になると馬場が悪くなり内枠有利の傾向がなくなることを書いた。

この二つを考慮したうえで、「開幕週は逃げ馬・先行馬有利」という格言について考えてみたい。

「開幕週は馬場が良いため、差し馬・追い込み馬が追い込んできやすく、逃げ馬が不利になるのでは?」という仮説も立てば、「逃げ馬は馬場のまだ荒れていない内を通ることができるので、開幕週こそ逃げ馬が有利なのでは?」という仮説も立つ。

というわけで実際のデータを調べてみた。


■開催前半(1日目・2日目)の脚質別成績
脚質別成績(芝・開催前半)
※2006.1-2015.12


■開催後半(7日目・8日目)の脚質別成績
脚質別成績(芝・開催後半)
※2006.1-2015.12


まあ見てもらったら分かるんだが開催前半のほうが逃げ馬有利である

つまり「開幕週は逃げ馬を狙え」という格言は正しいことになる。


これは開幕週の綺麗な馬場で差し馬・追い込み馬が差し脚を伸ばしやすいという点よりも、逃げ馬が馬場の綺麗な個所を通ってこれるという点のほうが競争成績に大きな影響を与えることを示している。

「重馬場になると先行馬有利になるって本当?」で書いた通り、馬場の悪化による脚質別成績への影響が軽微であったことを考えれば、道理に適っていると言えるだろう。

まあ、開催後半になったところで、逃げ馬・先行馬が有利であることには十分注意を払ってほしい。

まとめ
・開幕前半は、逃げ馬・先行馬が有利というのは正しい
・開催後半になると逃げ馬の好走確率は下がるが、それでも逃げ馬・先行馬有利であることには注意が必要


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ

関連記事


クイーンエリザベスⅡ世カップ(G1)予想 | Home | Designs on Rome(デザインズオンローム):クイーンエリザベスⅡ世カップ出走馬紹介

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する