BlazingSpeed(ブレイジングスピード):クイーンエリザベスⅡ世カップ出走馬紹介

4月24日に香港のシャンティン競馬場で行われるクイーンエリザベスⅡ世カップ(2000m)に日本からラブリーデイ、ヌーヴォレコルト、サトノクラウンの3頭が出走する。

去年暮れの香港G1ではエイシンヒカリ、モーリスが勝利しており、今回も日本馬の活躍に期待したい。

今日はイギリスの強豪馬BlazingSpeedについて紹介したい。

レーティングは121で、これはラブリーデイと同じ数字。(ちなみにサトノクラウンが117、ヌーヴォレコルトが115)

去年のクイーンエリザベスⅡ世カップ勝ち馬であり、今年は連覇がかかっている。
ただ去年のクイーンエリザベスⅡ世カップは2着馬は日本のステファノスであり、レベルは疑問である。

【参考】去年のクイーンエリザベスⅡ世カップのレース映像
※赤白帽子・3番の馬


また、クイーンエリザベスⅡ世カップの後は7戦しているが2着1回、3着1回があるだけで勝利はなし。前走のChairman's Trophyも敗れている。

【参考】 Chairman's Trophyのレース映像
※赤白帽子・2番の馬

最終コーナーを曲がるところで先頭に立とうとするが、すぐに脚色が悪くなり、残り300mからはじちじりと後退。そのまま良いところなく敗れている。

1着馬のBeautyOnlyにしてもG1ではどうかという馬で、実際に去年の暮れにエイシンヒカリが勝った香港カップにも出走しているが、8着に敗れている(ヌーヴォレコルトは2着)。そんな馬に完敗という状況では、さすがに今年の好走を期待するのは酷ではないだろうか?

というわけで、この馬が人気を吸い取ってくれるのはかなりおいしいなというのが現段階での印象。

日本馬に十分期待できるのではないだろうか。

日本馬に賭けたい方はこちらからブックメーカーの登録を!
↓↓↓↓↓↓↓↓


※もしバナーリンクが表示されない場合は、AdblockをOFFにしてほしい


なお登録方法が分からない方はこちら。
ブックメーカーの登録方法


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
関連記事


Highland Reel(ハイランドリール):クイーンエリザベスⅡ世カップ出走馬紹介 | Home | ダート戦は芝のレースよりも逃げ馬・先行馬が有利であるという話

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する