負けが続いているから、次は勝つだろうという馬鹿な考え~ギャンブラーの誤謬


ギャンブルの誤謬という言葉がある。

サイコロ投げを例にしてみる。

4回続けて表が出ると、「次はそろそろ裏が出るだろう。」と考えたがる人はいるのではないだろうか。

4回連続で表が出る確率は、1/2×1/2×1/2×1/2=1/16で6.25%である。次も表が出る確率は、1/32(3.125%)となり、100回やって3回しか起こらない確率だからである。

だが、これはである。

表と裏が出る確率は毎回1/2であり、過去の結果と次に表裏が出る確率は独立していて関係はない。

これをギャンブラーの誤謬という。
つまり、ある一定の確率を有する出来事の見込み率が、その最近の出来事の発生状況により増えたり減ったりするという、誤った非科学的な考えのことである。


この誤解は競馬でもよく散見される。。

例えば、1番人気が5年連続で敗れているので、そろそろ1番人気が来るだろうとか、13番枠の馬が10年連続で連対してないので、そろそろ来るだろうなどというものである。

これらは愚かなだけで可愛いものかもしれないが、性質が悪いのが下記のような考えである。

最近外れ続けているから、そろそろ当たるだろう。

当然これもギャンルラーの誤謬である。

次に当たるかどうかは、これまで当たっていようが、外れていようが関係のないことである。

だが、こういった誤った考えを基に、常よりも大きい金額を賭け、破綻してしまう人間がいるのである。

皆様におかれましてはこのような愚かな考えをされぬよう心からお願い申し上げる次第である。


↓参考になったという方、クリックお願いします
  ブログランキング・にほんブログ村へ
 
関連記事


中山 芝 1600m考察 ~ 中山芝1600mで内枠を買うのは馬鹿という話 | Home | 人気薄を購入する大穴狙いは期待値が低いという話

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する