皐月賞(G1)予想


【参考になりそうな過去記事】
※忙しくてコース分析すらできていない。申し訳ない。

【有力馬の見解】

先週行われた桜花賞はメジャーエンブレム、シンハライト、ジュエラーの3強争いだったが、今週の皐月賞もサトノダイヤモンド、マカヒキ、リオンディーズの3強争いである。

サトノダイヤモンド
正直、きさらぎ賞(G3) を見た時に皐月賞馬はサトノダイヤモンドだと思った。
勝ち方が強かったのもあるが、それと同時に好位につけることができる脚質や、コーナーでスムーズに加速できる器用さが中山2000mに向いていると考えたのである。

一方、対抗馬であるマカヒキ、リオンディーズに出遅れ癖があることを踏まえれば、この脚質・器用さは大きな武器になるだろう。

また、マカヒキにも乗ることができたルメール騎手がサトノダイヤモンドを選んだという事実も大きい。(騎手が騎乗馬の能力を見誤ることはほとんどない)

だが、不安がないわけではない。


まずは鞍上である。

最後の切れ味ではマカヒキ、リオンディーズに分配が上がると思われ、サトノダイヤモンドとしてはコーナーでできるだけ引き離しておきたいところである。
だが、去年のサトノクラウンや、先週のメジャーエンブレムのように、ルメール騎手が先行馬に乗った際に積極性を欠くことが多いのは不安である。

さらに言うならば、陣営もルメール騎手も本番は「ダービー」と公言しており、次走を見据えて、じっくりとした競馬を選択する可能性もある。そうなれば、さらにマカヒキ、リオンディーズに捉えられるリスクはあるだろう。


次にローテーションである。

前に書いた通り、陣営にとって本番は「ダービー」である。そのため皐月賞に向けてのローテーションは組んでいないのは理解できるのだが、とはいえきさらぎ賞から中9週間も間隔が開いてしまっているというのは懸念である。
【参考記事】休み明けの馬は買いか、消しか、過去データを調べてみた


最後に戦ってきた相手である。
これまで大勝を重ねてきてはいるものの、相手は一線級とは言い難い。タイムを見る限りサトノダイヤモンドが弱い可能性はないと思うが、勝ち方が派手に見える分、馬券的な期待値は低くなってしまうのは懸念である。
(実際に抜けた1番人気になってしまいそうだし…)

というわけで、決して評価が低いわけではないのだが、不安要素もあるし、オッズ的には買いたくはないかなというのが見解である。



マカヒキ
個人的にではあるが、前哨戦の中で一番強く見えたのはサトノダイヤモンドでもなくリオンディーズでもなく、マカヒキであった。
そのため一時期は本命も考えたのだが、今では購入意欲は減退している。
以下にその理由を記したい。

まずは枠順である。
前走の勝ったこともあり、まず間違いなく、後方から外を回す競馬をしてくると思う。
内枠を引いてしまったことから、いったん下げて外に出す展開が予想される。前回は少頭数に加え、スローペースだったこともあって、前との差が小さい状態で最後の直線を迎えることができた。だが、今回はそこまでペースは緩まないだろうし、多頭数である。直線を向いた時には絶望的な位置にいる可能性がないとは言えない。

次に騎手である。
川田騎手とマカヒキは手が合わないと思う。
というのも川田騎手は差し馬に乗ると仕掛けどころが遅いことが多いのが理由である。(ハープスターの騎乗ぶりを見てもらえれば分かるだろう)
中山コースを苦手にしているとのことだが、直線が短いこのコースで仕掛けのタイミングが遅いことが理由の一つだと考えられる。

この2点がマカヒキを購入しない理由である。
つまり「競馬は先行馬が有利」という絶対原則にこの枠順と騎手では逆らえないという判断である。

【参考記事】競馬は逃げ馬・先行馬が有利であるという話



リオンディーズ
当初は3強の中で一番買うつもりのなかった馬であるが、押し出された形で本命となった。
この馬の能力が抜けているとは思っていないのだが、まあこれといった欠点が見当たらないというのが一番の理由である。

デムーロ鞍上は心強いし、枠順も競馬がしやすいところを引いた。
前走の競馬で、後方一辺倒ではないことを証明したのも大きいし、坂のあるコースを苦にしないのもよい。

前走マカヒキに敗れているが、3コーナーから4コーナーにかけて、マカヒキが位置取りをスムーズに押し上げられたのに対し、リオンディーズは前が壁になるような形になってしまいペースを上げられなかったという不利があった。

また朝日杯FSを勝っており、皐月賞への出走が問題なかったことを考えると、仕上げは本番のここへ向けて緩かったとも想定できる。より上積みがあるのはこちらではないかということで、今回の本命とあいなった。

とまあ色々書いてはいるが、馬の力がそんなに差がないように見えるので、騎手で選んだという、ただそれだけである。


ちなみに今回は差し馬に強いところがそろっているので、穴をあけるとしたら先行馬だろう。
というわけで、なお穴馬を買いたい方は前走逃げて強いレースをした●●●●●●をお勧めする。(僕は買わないけど)

●●●●●●はこちら人気ブログランキングへ


【結論】

◎:リオンディーズ

◎の単勝・複勝
(単勝3倍、複勝1.4倍が目安)

↓参考になったという方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
関連記事


重馬場になると逃げ馬・先行馬が有利というのは本当か? | Home | 桜花賞(G1)予想

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する