競馬は逃げ馬・先行馬が有利であるという話


「競馬は逃げ馬・先行馬が有利である。」

このことはもう競馬ファンの中では常識と言ってよいのかもしれない。

論より証拠ではないが、過去のデータを見てみよう。

■脚質別成績
脚質別成績
※2006.1~2015.12

これを見てもらえれば、逃げ馬、先行馬の優秀さは一目瞭然だろう。

勝率、連対率、複勝率いずれをとっても、差し馬、追い込み馬よりも遥かに良い成績となっている。

・逃げ馬・先行馬はコースロスが少ない
・逃げ馬・先行馬は前が壁になる確率が下がる
・逃げ馬・先行馬は脚を余すことがない

あたりが理由だろうか。


その上で注目してほしいのが、単勝回収率と複勝回収率である。

回収率も逃げ馬・先行馬のほうが差し馬・追い込み馬よりも優秀である。

つまり、競馬は逃げ馬・先行馬のほうが有利ということが明らかでありながら、競馬ファンはまだなお差し馬、追い込み馬を買ってしまうということである。

差し馬・追い込み馬は勝ち方が派手なので、一見強いと感じてしまう。だが、脚質が差し・追い込みというだけで、ハンデを背負っており、それだけで狙いにくいことは理解しておいたほうが良いのである。


まとめ
・競馬は逃げ馬・先行馬が有利


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
関連記事


阪神芝1600m考察(コース形態・枠順・脚質・ラップ) | Home | どの馬が逃げるかを見極めるのはとっても難しいという話

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する