どの馬が逃げるかを見極めるのはとっても難しいという話


競馬は逃げ馬有利である。
※詳しくはこちらの記事を見てほしい。

これは競馬界の常識といってもよいのではないだろうか。
逃げ馬の単勝馬券を買い続ければ、回収率は196%になるのである。

じゃあ逃げ馬だけを買い続ければいいのではないかと読者の方は思うかもしれないが、どの馬が逃げるかを見極めるのは至難の業である。


例えば、競馬新聞の馬柱を見て、前レースで逃げた馬が1頭だけしかいないとしよう。
その場合は、さすがにこの馬が逃げるだろうと予想するのは、そんなにおかしいことではないように見える。

が、実際のところ、前走唯一の逃げ馬ですら、今回のレースでちゃんと逃げる確率は50%すらないのである。


■前走逃げた馬が1頭だけの場合、その該当馬の当レースにおける脚質
前走逃げ馬の成績3
※2006.1~2015.12


かつ、この馬の成績を見てみよう。


■前走逃げた馬が1頭だけの場合、その該当馬の当レースにおける成績
前走逃げ馬の成績
※2006.1~2015.12

見てもらえればわかるが、単勝回収率74、複勝回収率76と特筆すべきものは何もない

つまり前走逃げた馬が1頭だからと言って、その馬を狙えば儲かるというわけではないのである。

これだから競馬は難しいのである。

まとめ
・競馬は逃げ馬有利だが、どの馬が逃げるかを見極めるのは難しい
・前走逃げた馬が1頭しかいなかったとしても、その馬が逃げる確率は50%以下である


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
関連記事


競馬は逃げ馬・先行馬が有利であるという話 | Home | 高松宮記念(G1)予想

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する