高松宮記念(G1)予想


【参考になりそうな過去記事】

中京芝1200m考察(コース形態・枠順・脚質・ラップ)
年齢が競走馬の競争能力に与える影響について
高齢馬は短距離では買えない、長距離で買えというのは本当か?


【有力馬の見解】

ミッキーアイル
去年の高松宮記念3着、スプリンターズS4着とG1レベルでも通用することは証明済。また前走の阪急杯でも快勝しており1番人気になるのも納得の成績ではある。

が、不安要素がないわけではない。

特にテンのスピードが速いわけではない点が気になる。この馬過去に7勝しているが、そのすべてがハナを切っているレースである。つまりハナを切っていないレースでは勝てていないのである。
というわけで、当然ながら「ハナ宣言」をしているが、テンのスピードを見る限り、アクティブミノルとハクサンムーンを差し置いて、ハナを切ることができるとは思えない。ハナを切れない展開の中で勝ち切ることができるかは大いに不安がある。

他にも松山騎手が大丈夫か?とか、時計勝負になった時についていけるのか?とか、差し馬有利の中京で粘れるのか?など克服しなければいけない障壁はまあまあある。1番人気で買える馬だとは思えないというのが、私の見解である。


ビッグアーサー
これまで10戦して1着6回、2着2回、いまだキャリアを通じて掲示板を外したことがないという堅実な馬。

だが、重賞ではTV西日本北九州記念(G3)2着、京阪杯(G3)2着、阪神C(G2)3着と好走はしているものの、いまだ勝ち星はない。つまりまだオープン馬なのであり、格の面で大いに不安がある。

また、京都コースでのパフォーマンスが一番良いのも不安。中京芝1200mは京都1200mとは大きく傾向が異なる。スピードだけではなく、そのスピードの持続力も問われる舞台は合わないのではないだろうか。

というわけで2番人気で買いたい馬ではない。


アルビアーノ
前走の夕刊フジオーシャンS(G3)は強い競馬だった。5着に敗れているが上りは33.8で最速。しかも最後の直線でドン詰まると言う致命的な不利があってのものだった。このレースを見たときから、この馬の本命を実は決めているのである。

鞍上は引き続きルメールと言うのもいいし、枠順も良いところを引いた。
距離はマイルまでこなせる馬なので、狙うとしたらスプリンターズSよりは高松宮記念だろう。

まあ前走は1200mの流れについていけておらず、また位置取りが後方になるのではという不安がないわけではない。
が、中京なら多少位置取りが後ろになっても挽回可能だろうし、またルメール騎手がペースへの慣れも見込めるし前走のような位置取りにはしないとコメントしていることからそこまで杞憂しなくてもよいのではとも思っている。


ウリウリ
そこまで卓越したスピードがあるわけではないが、長く良い脚を使えるという点で、中京は最適な舞台だろう。
だが、いかんせん近走の内容が悪すぎる。
特に重馬場で行われた京都牝馬Sは、この馬にとっては勝ちパターンのように見えたが、伸びきることができず、能力の衰えを感じさせるものであった。
この人気では買えないだろう。



【結論】

◎アルビアーノ

ただ、土曜日の中京は1000万下でコースレコードが出るというおかしな馬場状態になっている。
つまりこれまでの中京芝1200mの傾向から考えても意味がないかもしれない。

日曜日の傾向も踏まえたうえで、最後の結論は出してほしいが、もし引き続き高速馬場が続くようであれば、馬券の購入は控えるかもしれない。


↓参考になったという方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ
関連記事


どの馬が逃げるかを見極めるのはとっても難しいという話 | Home | 高齢馬は短距離では買えない、長距離で買えというのは本当か?

コメント

No title

おじゃましてます。
まとまった良いページですね。
リンクさせて頂きました。どうぞよろしく!

2016/03/29 (Tue) 23:01 | 馳せ馬 #- | URL | 編集
No title

コメントありがとうございました。
お褒めいただけて、とても嬉しいです。
引き続き、どうぞよろしくお願いします。

2016/03/30 (Wed) 18:32 | 管理人 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する