東京・ダート1600m考察(コース形態・枠順・脚質・ラップ)


フェブラリーS(G1)の舞台となる東京ダート1600mについて考察してみる。

pic_course_3d.jpg

pic_course_durt.gif

上図を見てもらえれば分かるが、スタートから約150mは芝を走るコース。芝スタートが苦手な馬は割引が必要である。
※なお芝スタートのコースは東京ダ1600m、京都ダ1400m、阪神ダ1400m、阪神ダ2000m、中山ダ1200m、福島ダ1150m、新潟ダ1200m、中京ダ1400mなので、これらのコースのレース歴を確認するとよいだろう。


またスタートから最初の直線まで約600mあるため、ペースは上がりやすく、基本的には前傾ペースとなる。


最後の直線も501.6mと、ダートコースの中では最長。そのため、比較的差し馬、追い込み馬でも好走しやすいコースと言えるだろう。だが注意しなければならないのは、決して差し馬、追い込み馬有利ではないこと。あくまで他コースよりも好走しやすいというだけで、逃げ馬・先行馬を買った方が良いことは忘れてはいけない。


枠順は極端なまでに外枠有利。特に1枠の成績が悪いことには注意を払いたい。


【参考データ】

枠番別成績
東京ダート(枠)

脚質別成績
東京ダート(脚質)

平均ラップ(馬齢・クラス別)
東京ダート(ラップタイム)


まとめ
・外枠有利
・芝スタートが苦手な馬は割引
・前傾ラップになるものの、馬券の中心は逃げ馬・先行馬が望ましい


↓参考になったという方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ
関連記事


フェブラリーS予想 | Home | 地方競馬は砂が深いため、時計がかかるというのは嘘という話

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する