馬券で生活すると言っている奴はだいたい馬鹿というお話

競馬界には「馬券で生活できる」と信じている夢追い人がたくさんいるのを私は知っている。

そういった人たちはだいたいおつむが足りないというお話しである。

私の周りにもそういう輩が多くいた。

が、一人も下記についての計画を語れる人間はいなかった。

・的中率
・平均的中オッズ
・平均購入金額
・1ヶ月あたりの購入レース数

これを基に回収率や収支が計算することになるため、馬券生活において非常に重要な数値である。

回収率=的中率×平均的中オッズ
収支=(回収率ー100%)×平均購入金額×1ヶ月あたりの購入レース数



仮にAさんという凄腕馬券師を想定してみよう。
彼は下記のような馬券スタイルである。

・的中率50%
・平均購入オッズ3倍
・購入金額10万円
・毎週1回の勝負レース

長期にわたって、単勝3倍(複勝3倍でも良い)を2回に1回の確率で的中できている予想師はほとんどいないだろう。
私はそんな予想家を一人も知らない。(短期ならたくさんいると思うが)
この場合、回収率は150%になる。

が、この凄腕馬券師ですら、月の収入は20万円、年収240万円である。

お小遣いとしては十分だろうが、生活費としては不十分である。
年収240万円の男は合コンでも相手にされないだろう。

で、この計算式を見ると、「購入金額が10万円だから儲けが小さいだけじゃないか」と思われることもいることだろう。

その指摘は正しい。

仮に1回あたりの購入金額を50万円にすれば、年収1200万円である。
これだけあれば合コンでもモテモテだろう。

だが、ちょっと考えてほしい。

あなたに1回50万円も馬券を買うだけの資金力と胆力があるだろうか?

うっかり1ヶ月の勝負レース4回中2回当てるつもりが、1回当て損ねてしまうと、月の収入はー50万円になる。
また、運悪く、最初に4連敗しようもんならそれだけで借金200万円である。(1/16と決して起こらない確率ではない)
そんなリスクと隣り合わせの生活をあなたはできるだろうか?

しかもこれは凄腕馬券師Aさんの場合である。
もしあなたの回収率が150%なければ、もっと大きい金額を賭けなければならない。(普通の人は回収率が150%もあることはない)
※ちなみに50万円も賭けると、大体の場合オッズが下がり、回収率が保てないことにも注意が必要である。

普通の人なら、精神が持たないだろう。
正直、会社員生活を行った方が、はるかに楽で自由で安定した生活ができる。
多くの人はそこまで思考が至っていないように思う。

またもし精神力に自信があるのならば、その能力を競馬以外に活用しないのは馬鹿だと思うのである。


というわけで、競馬で生活するためには、購入金額よりも、購入回数を増やすほうが健全である。

例えば週に50レース(≒土日2日間×2競馬場×12レース)賭けれる場合、回収率150%あれば、1レース当たり1万円でも月に100万円のプラスになる。
実際に2億円近く儲けて脱税事件になっている方も、ソフトと指数を駆使して、ほぼ全レースを購入していたらしい。

では、あなたの予想方法は、購入回数を増やせる予想スタイルだろうか?
新馬戦・未勝利戦でも使えるだろうか?
ダート戦でも、ハンデ戦でも使えるだろうか?

もし、そこまで検討したうえで、馬券で生活と言っているのならば、私は何も言わない。
が、万が一「勝負レースを厳選」などと言っているようならば話にならない。

思考もなしに、なんとなく「オレ、馬券の天才だから生活できる」と感覚的に言っている人間は、馬鹿と断言して問題ないのである。

もしあなたが万が一、そのような夢を頂いているのならば、いち早くそのような幻想を捨てていただくことを心からお願い申し上げる。
※私のブログを見に来ている時点で、あなたが競馬の天才である可能性は0である。


↓馬鹿が嫌いという方、馬鹿にはなりたくないという方、クリックお願いします
  ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事


母方の影響を無視して血統予想をするのは馬鹿だという話 | Home | はじめに

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する