馬場が荒れてきたら、パワーのある大型馬が有利というのは本当?


「開催終盤は外枠有利って本当?」という記事で、開催終盤になるほど芝が荒れて内枠有利でなくなることを書いた。
また「ダートでは馬体重が大きい馬がより有利であるという話」という記事で、力のいるダートコースでは大型馬が有利という記事も書いた。

この2つの記事から、芝が荒れる開催終盤は、パワーが必要とされ、大型馬が有利になるのでは?という仮説が思い浮かぶ。

というわけで、データを調べてみた。

芝(第1日・2日)
馬体重(芝_開幕週)
※2006.1-2015.12

芝(第7日・8日)
馬体重(芝_最終週)

※2006.1-2015.12


いかがだろうか?

目に見えて分かるほどの違いはないようである。

全体的に最終週のほうが勝率が低くなっているが、1レースあたりの平均出走頭数が少なくなっているのが理由である。(これ自体、個人的には面白い発見点なのだが、予想に使えるものではないような気もする)。

というわけで、何の役にも立つのかわからない分析になってしまったが、馬場が荒れると大型馬が有利になるということはないことだけ覚えておいてもらえればと思う。

まとめ
・開催終盤で馬場が荒れてきても、大型馬がより有利になるという事実はない


↓参考になったという方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ
関連記事


年齢が競走馬の競争能力に与える影響について | Home | 開催終盤は外枠有利って本当?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する