スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


安田記念(G1) ◎レッドファルクス

しばらく更新サボってましたが、再開しようかなと。

ダービーが終わって、もう春のG1も安田記念と宝塚記念しか残ってない状況なので、遅いにも程はあるんですが…。

なおダービーはブラストワンピースにどかんと賭けて、どかんと外しました。スムーズだったら勝ち負けだったと思うので残念ですが、池添さんに期待しすぎるのもどうかと思うので、仕方がないと言えば仕方がないところ。


で、今回の安田記念ですが、今の東京の馬場が、土曜日の500万下で1.33.0が出るほどの高速馬場。G1の安田記念では31秒台の決着になりそうです。


そう考えるとスワーヴリチャードは苦しいかなと思わなくもないです。

この馬の良い所は、長く良い脚を使えるところだと思うんだけど、スピードの絶対値が秀でてるわけでもないし、瞬発力(ギアを瞬時に上げられる力)があるわけでもない。だから基本的にはマイルは合わないと思います。

可能性があるとしたら4コーナーでポジションをあげていって、そのまま惰性で、みたいな競馬だったと思うんだが、最内枠だとそれも難しそう。直線にはいってからのヨーイドンでは流石に分が悪いんじゃないですかね。

個人的には安田記念、天皇賞と惨敗してもらって、ジャパンカップで狙いたかったりします。


本命は◎レッドファルクス
単純に一番速い上がりを出せそうな馬を選んだ。

去年の安田記念はデムーロさんの糞騎乗だったと思っていて、直線で行き場をなくす残念な競馬。詰まってから、外に持ち直して3着まで追い上げたのは能力の高さでしょう。



高松宮記念で人気を裏切ったからかオッズがつくのは嬉しい誤算。高松宮記念も直線がスムーズだったらもう少し際どい結果になっていたと思う。それで1番人気だった馬が、現時点で8番人気。
これは狙って妙味があると思います。

◎レッドファルクス
○リアルスティール

◎の単勝、複勝
◎ー○の馬連・ワイド

↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ

関連記事


| Home | 長距離戦は短距離戦と比べて堅いというのは本当か調べてみた

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/12 (Tue) 15:26 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。