モルドバのキシナウで英国王室御用達の高級ワイン・ミレスチ・ミーチの「ネーグル・デ・プルカリ」を嗜んだ話


随分と時間が空いてしまった。

今は全然違うところに来ているのだが、とりあえず、ルーマニアの後の出来事について、思い出に残ったことを書き記しておきたい。

まずは、モルドバのキシナウにいた時の話。

モルドバと言っても、国名くらいしかしらない人がほとんどではないだろうか?

モルドバの世界遺産は「シュトルーヴェの測地弧」一個だけらしいし、その一個も「ドイツ出身のロシアの天文学者、フリードリヒ・フォン・シュトルーヴェが中心となって、1816年から1855年に掛けて子午線弧長の三角測量のために設置された三角点群。これらの観測点群は、地球の大きさなどを正確に測る上で多大な貢献をしたものであり、当時設置された265か所の測量点のうち34か所が、2005年にユネスコの世界遺産に登録された。これは、10か国に跨る珍しい物件だが、設置された当時はわずか2か国(スウェーデン=ノルウェーとロシア帝国)に跨っているに過ぎなかった。」という説明を読む限り、モルドバで行かなくてもよさそうなものである。

とある方のブログで「モルドバの観光地はワイナリーのみだ!」なんて現地の方が言っていたというのも読んだ。

それくらい何もない国なのである。

そんな何もないモルドバに行ったのは、当然であるが、ワインを嗜むためである。


モルドバのワインと言えばミレスチ・ミーチの「ネーグル・デ・プルカリ」が有名である。イギリス王室御用達で、エリザベス二世女王が絶賛したというのはワイン好きなら知っている人も多いエピソードではないだろうか?

つまりモルドバはワイン愛好者兼アルコール中毒の私としては外すことができない旅先だったのである。


というわけでミレスチ・ミーチに行ってきた。

モルドバ1

ここの巨大地下セラーは長さ200km、深さ85mに及び「世界最大のワイン貯蔵庫」としてギネスに登録されている。興味津々だったが、マイカーがないと見学できないらしい。アルコールの産地にマイカーで行こうなんて発想は生真面目な日本人に持てるはずもない。なんという不親切設計。仕方がないので、ギネスのポスターだけお楽しみいただければと思う。


モルドバ3

じゃあワインのテイスティングだけでも楽しもうと思ったが、なんとテイスティングもやっていなかった。そんなワイナリーあるのか?と思わなくもないが、まあ仕様なのだから仕方がない。なんという観光客泣かせ。


というわけでワインだけ買って帰ることになった。


モルドバ2


このワイン現地で買うと数千円であるが、日本で買うとなんと20万円以上する。


モルドバ4


10倍とかではなく、100倍のボッタくりである。


軽犯罪ではなく重犯罪だと言いたい。


で、肝心のお味は、そこそこであった。

これモルドバで現地価格で買ったから何とも思わないが、日本で20万円出して買っていたら発狂するんじゃないだろうか?もうそれだけでもモルドバに来た甲斐があった気がする。というか何もできないミレスチ・ミーチのワイナリーに行ってきた甲斐があった。


そんなことを考えながら、ワインに溺れた競馬中毒者であった。


↓世界一周ランキングにも参加しました。クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ





関連記事


未認証国家”沿ドニエストル共和国”に行った話 | Home | 昔、感動したルーマニアの世界遺産「モルダヴィア北部の壁画教会群」に落胆した競馬中毒者

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する