芝は内枠が有利、ダートは外枠が有利という話


「競馬は内枠有利」というのは長らく私が信じてきた競馬界の格言である。

「内枠の馬は外枠の馬より走る距離が短くて済むので、その分有利である」というのが論拠である。これは疑う余地のないものであろう。


が、事はそんなに単純なものではないらしい。

まずは下記のデータを見て欲しい。芝とダートごとの枠番別成績である


枠番(芝)
※2006.1~2015.12の競争成績(芝)

ダート
枠番(ダート)
※2006.1~2015.12の競争成績(ダート)


一目瞭然だと思うが、芝は内有利であるが、ダートは外有利である。

ダートで外枠が有利になる理由としては下記のような仮説が考えられる。

・芝コースよりダートコースのほうが直線距離が短いため、直線手前のコーナーから追い出しが開始される。そのため内で脚を貯めるよりも、外でスピードに乗れる方が有利である
・直線が短いため、馬群がばらけにくく、内は詰まりやすい
・内枠の馬は砂を被りやすく、走る気を失いやすい

これらはいずれも私の想像でしかなく、科学的な根拠はないものであることについてご了承いただきたい。

が、ダートは外枠有利という点は過去のデータが証明しているものである。予想の際は、是非ご留意いただきたい。


↓参考になったという方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ
 
関連記事


馬場が悪い芝のレースにおいて馬体重の大きい大型馬が有利というのは嘘という話 | Home | ダートでは馬体重が大きい馬がより有利であるという話

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する