ルーマニアの首都ブカレストで偽警官詐欺を期待する競馬中毒者

ルーマニアのブカレストにやってきた。

ブカレストも昔に来たことがある町である。

15年前の当時は治安が良いとは言えず、滞在中に何度も偽警察官に絡まれた。


当時の手口は、

警察手帳を見せる

闇両替やったんじゃないかと言いがかりをつける

パスポートと財布を見せろと言う

財布からお金を抜き取って逃げる


というものだった。

対する私は英語が分からない振りをし、相手が激高してきたら逆切れして、日本語で喚き散らして返すという、まさに知性のない策で対抗したものであった。

今でもそんな詐欺はあるのか?、そしてその詐欺にあったら私は喚き散らすことができるのか?そんなことに興味を持ちながら街中をぶらぶらしたのである。


で、結論から言うと、そんな詐欺には一回も会わなかった。良いことなんだけど、ちょっと刺激が足りないなとも思ってしまった。


とはいえ、街中は暗い所も多く、治安が良いとは言えないように感じた。
落書きも酷いし…。

ブカレスト6


ブカレスト7

チェコやハンガリーを旅行した時には「あ~変わってしまったな」と思ったものであるが、ブカレストは良いか悪いかは別にして、昔とそこまで変わっていない印象を受けた。

独裁者チャウシェスクが作った血税の無駄遣い「国民の館」も健在だったし…

ブカレスト


ブカレスト2

「国民の館」詳細はこちら
チャウシスク詳細はこちら




まあ東欧らしさを感じたかったらお薦めの町ではある。

ブカレスト3
CEC宮殿

ブカレスト4
Kretzulescu教会

ブカレスト5
Kretzulescu教会の外壁

ブカレスト8
スタヴロポレオス教会

ブカレスト9
スタヴロポレオス教会の内部


↓世界一周ランキングにも参加しました。クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
関連記事


【大勝負】佐渡S振り返り | Home | 【有料予想】新潟11R 佐渡S予想(500円)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する