ダートでは馬体重が大きい馬がより有利であるという話


「競走馬は馬体重が大きい方が強い」という記事を書いた。

馬体重が多き方が成績が良いという趣旨なのだが、理由の一つとして、筋肉量がある分推進力が違うのでは?という仮説がある。

仮にこの仮説が正しいのならば、芝のレースよりもよりパワーが要求されるダートのほうで、馬体重が重要になるのでは?という問いが浮かぶ。

というわけで調べてみた。

ダート
馬体重(ダート)


馬体重(芝)
※2006.1~2015.12の競争成績


単勝、連対、複勝をそれぞれダートと芝で比較するとこんな感じ。

単勝
馬体重(単勝)

連対
馬体重(連対)

複勝
馬体重(複勝)


こちらを見ると、単勝、連対、複勝、すべてにおいて芝の方がダートと比較して、小型馬でも好走しており、また大型馬が有利になっていないことが分かるだろう。

つまりダートの方が馬体重の影響が大きいというわけである。

特に480kg以上の馬には注目して欲しい。

というわけでダート戦では馬体重にもぜひ注目してほしい。



↓参考になったという方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ
 
関連記事


芝は内枠が有利、ダートは外枠が有利という話 | Home | 競走馬は馬体重が大きい方が成績が良いという話

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する