スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宝塚記念+函館6R振り返り

+2万円出終わったので、悪くはない結果ではある。が、G1である宝塚記念を外したので特に嬉しくもない。

キタサンブラックが飛んだだけに当てたかったが、まあ本命が◎シュヴァルグランではどうしようもない。直線に入ってすぐに力尽きたこともあって、ドキドキすることもなく終わってしまった。まああれだけプレッシャーを掛けられたら仕方ないと思わなくもない。

唯一あるとしたら本当は2万円しか買う予定はなかったのに、、函館6Rで勝ったことで、賭金を大きくしてしまったことだろうか。

本当に馬鹿だと思うが、馬鹿だから競馬中毒なわけなので、まあそれこそ仕方ないのかもしれない。

■函館6R
函館6R0625

■阪神11R宝塚記念
宝塚記念17

↓今週の予想はこちら
------

阪神芝2200mで行われる宝塚記念。
コースとしては内回りコースになるのだが、これはかなり重要で、最後の直線に入るまでに位置取りを押し上げていける馬かどうかというのが、宝塚記念で好走できるかどうかを分けると言っても過言ではない。

オルフェーヴルやゴールドシップなんかは馬が強かったのもあるが、コーナーでも加速できるところが強かったし、去年のマリアライトがドゥラメンテの強襲を凌いだのも、コーナーでつけたポジション差が大きかった。

ミッキーロケット、ミッキークイーンあたりはエンジンがかかるのに時間がかかる馬なので、正直宝塚記念で狙いたい馬ではない。

※ミッキークイーンは人気しているが、エリザベス女王杯やヴィクトリアMで取りこぼしたのも、有馬記念で上位3頭と差をつけられたのもエンジンのかかりが遅いことが影響していると思う。


で、今年の出走馬で捲っていけるような競馬ができるのは、キタサンブラック、ゴールドアクター、シュヴァルグランくらいじゃないだろうか。

もう本当はキタサンブラックで降参したいくらいなんだが、大阪杯、天皇賞春と逆らった手前、今更態度を変えるわけにも行かないし、何より単勝1.4倍の馬など、どんなケースでも買いたくない。


というわけでオッズも鑑みて◎シュヴァルグランを狙うことにした。

天皇賞春(G1)ではキタサンブラックの後塵は拝したものの、サトノダイヤモンドを封じて2着に入っており、格という点ではキタサンブラックの次に評価されてしかるべき馬。

それが現時点で6番人気というのは舐められすぎだろう。

去年9着だったことが響いているのかもしれないが、あのレースは内枠でずっと閉じ込められていたことが響いたもの。また陣営も「去年は天皇賞(春=3着)の疲れも残っていた。今年は前走(天皇賞・春)のダメージが残ることなく調整してこられた」とコメントしており、そこまで悲観する必要はない。

阪神コースも阪神大賞典(G2)1着など実績のあるコース。

期待していいのではないだろうか。

◎シュヴァルグラン

馬券:◎の単複

---------
おまけ
---------

馬券的な勝負なら函館6Rのメイプルストロングがオススメ。
前走は騎乗がひどかっただけで、馬は強かった。
同じ条件で、騎手が乗り替わりとあれば、馬券圏内は固いのではないだろうか。

◎メイプルストロング

馬券:◎の単複

------

これでG1はしばらく終了と思うと寂しくもなる。とはいえ私は競馬中毒者なので毎週競馬をやることには変わりはないんだけど…

↓クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
関連記事


世界一ロマンチックな場所「恋のトンネル」に一人で行ってきた話 | Home | 【有料予想】宝塚記念+函館6R(500円)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。