リトアニアの首都、ヴィリニュスで見つけた異常に怖いモニュメント


私はダービーも外して着々と旅行資金を減らしているわけだが、ふとカウントしてみると旅行を始めて以来80万円ほど負けていることに気付いた。

旅行資金が200万円くらいなので、40%ほど競馬で失ったことになる。

このままだと1年いく予定だった世界一周が4ヶ月ほどで終了になってしまう。世界一周どころか世界半周にすらならない。

超ウケル。

こんなダメな世界一周旅行者はいないのではないだろうか?恥ずかしさも極まれば爽快である。

まあそれはおいておいて、ちょっと前まで滞在していたリトアニアの首都、ヴィリニュスで面白いものを見つけたので紹介したい。基本的にバルト3国は思ってたほど楽しくもなかったわけだが、前に紹介した十字架の丘と、このヴィリニュスのモニュメントは面白かった。

というわけで画像を御覧いただきたい。

ベルナルディン教会

人物像の背後に十字架、というのを想定して制作されたのかもしれないが、これでは十字架が顔から突き出ているようにしか見えない。というか顔が崩れているのもおかしいし、崩れていなかったとしてもこの無表情っぷりは気味が悪い。

そしてこれが聖なる教会にあるのだから、スラブ民族の美意識は狂っているとしか思えないのである。

が、まあ個人的には面白かった。

あえて場所は書かないが、見つけやすいところにあったので、もしヴィリニュスを訪れる方がいれば、探してみて欲しい。


↓世界一周ランキングにも参加しました。クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

関連記事


【有料予想】安田記念(500円) | Home | ダービー(G1)振り返り

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する