天皇賞春・振り返り

天皇賞・春は勝負レースだったんだが、あえなく玉砕した。

天皇賞春17


まあレースを見る限り、キタサンブラックに勝つのはかなり難しかったように思う。つまりは最初から見立てがおかしかったわけで、どうやっても当てることはできなかったかもしれない。

それにしても、最近お役に立てておらず、本当に心苦しい。

ご購入いただいた方、本当に申し訳ありません。


↓今週の予想はこちら
------

本命も有馬記念の時からほぼ決まっていた。

◎サトノダイヤモンド

有馬記念が行われた中山芝2500mはサトノダイヤモンドにとってそんなに良いコースではなかったと思う。巷で言われているようにエンジンのかかりが遅いので直線が短いのはマイナスである。

またそれ以上に個人的にサトノダイヤモンドは坂が苦手だと思っている。

有馬記念でキタサンブラックを追い抜いたのも坂を登り終わった後の残り100mになってからだし、阪神大賞典にしてもシュバルグランを突き放したのは坂わ登り終わった後の残り100mになってからである。

またこの馬が強い勝ち方をしているのは京都コースであり、取りこぼしを見せているのは中山や東京コースであるし、思えばミッキーロケットに詰め寄られた神戸新聞杯も坂のある阪神コースであった。

というわけで坂のある中山コースは本来サトノダイヤモンドにとって苦しい舞台だったと考えるわけである。

その中山コースでさえ、キタサンブラックに先着したのだから、坂のない京都コースでは差が広がるのではないだろうか?


陣営が本来的に得意ではない距離とコメントしている事から、距離適性を不安視する声もあるが、菊花賞前にも陣営は泣きを入れていたのを忘れてはいけない。そもそも本当に不安ならば天皇賞ではなく、大阪杯や宝塚記念を目指す筈である。凱旋門賞を目指すための布石と陣営は言っているが、理屈が通っているようには思えず、ただの煙幕だろう。


逆にキタサンブラックは正直このレースが狙い目とは思えない。長距離戦は馬体重が重い馬が不利にもかかわらず、過去最高体重で出走することが何よりも不安である。

ステップレースを比較しても、3000mの阪神大賞典を使ったサトノダイヤモンドとは勝負度合いに差があるのではないだろうか?

あとはオッズ次第。

◎サトノダイヤモンド

馬券:◎の単勝ドカン
※単勝2.3倍つくなら勝負

------

来週はできれば巻き返したいところだが、今は勝負レースを外して、まだそういった気持ちになれないというのが正直なところ。まあそうはいっても過去は取り戻せないので、頑張りたいと思う。

↓クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
関連記事


ロシア横断の最後、天皇賞春の負けを引きずる競馬中毒者 | Home | 【有料予想】天皇賞春予想(500円)

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2017/05/02 (Tue) 18:48 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する