スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ウランウデという街でレーニンの偉大さを思い知る???


シベリア鉄道に乗ってロシアを横断中である。ウラジオストクからスタートして、ハバロフスク、ウランウデ、イルクーツクと途中下車を繰り返しながら移動してきた。

ウランウデは旅行に出るまで知らなかった町なのだが、レーニンの頭だけの巨大像はインパクトはあった。
(詳細知りたい方はこちら:英語サイト)

ulanude2.png

それにしても頭だけの銅像というのは尊敬の対象を祀るやり方としてどうなのだろうか?なんとなく斬首刑にあった罪人のような印象を受けるのは僕が切腹文化があった日本で育ったからなのだろうか?

だいたい下の写真を見る限りとても崇められているとは思えない。いじめにしか見えないんだがどうなんでしょう?

死んでまでこんな扱いを受けるのはまっぴらごめんである。

ulanude1.png

というわけで斬首刑について調べて見たんだが、世界各国で行われていた模様。なので首斬りに対する印象は世界各国でそんなに変わらないんじゃないかなと。というか、斬首刑の項目の中にある「2015年現在、正式に刑罰としての死刑の方法として採用されているのはサウジアラビアのみである。」が異様に気になる。サウジアラビアちょっと行って見たい。


あとウランウデで印象的だったのが、住民の方々が皆アジア人と同じ顔をしている事。まあ地図を見てみれば中国、モンゴルと近いから当たり前なのかもしれないが、ロシアと言えば金髪美人を思い浮かべてしまう僕からすると、随分意外だった。ただウラジオストクでは白人の方が多かったのだが、それはなんでだろう?

ulanude3.png

まあロシアの広さをまざまざと感じている。


↓世界一周ランキングにも参加しました。クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

関連記事


イルクーツクで見つけたボロボロな古い民家をご紹介! | Home | 今週の予想

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。