ウラジオストクでロシアの広さに思いを馳せる

シベリア鉄道に乗るため、ウラジオストクにやって来た。

韓国の東海では随分とテンションが下がってしまったが、ウラジオストクに来て、少しテンションが上がってきたのを感じる。

長年の夢で逢ったらシベリア鉄道に乗れるからではなく、金髪白人美人が素晴らしいからであるというのはご愛敬である。
こんなことを書いているのが鬼嫁にばれたら、間違いなく殺されるであろう。


テンションの上がった私は、金髪美人鑑賞もふくめて、街をぶらぶらと散策していたわけであるが、ウラジオストクは軍港ということで、それなりに独特の雰囲気があり、歩くのも楽しい街であった。

ウラジオストク1

で、その途中でたまたまサッカースタジアムを見つけた。
こんな極東の地にもプロサッカーチームがあるらしい。

ウラジオストク2

ロシアサッカーといえば、昔本田圭佑選手がCSKAモスクワに所属していたことくらいしかイメージがなかったのだが、よくよく考えてみたら、この広大な土地で移動とか超大変なんじゃないだろうか?

というわけで調べてみたのだが、こんな面白い記事を見つけた。

世界で最も過酷な対戦カードがロシア2部に…往復距離が地球半周に相当

移動が大変なことで知られるアメリカ大リーグの最長移動距離でさえもボストンとオークランド間で約4263kmらしい。ウラジオストク・カリーニングラード間の約7500mと比較すると、随分可愛らしく感じられる。

ウラジオストク3

てかロシア広すぎ。

そんなロシアを鉄道で横断することを考えると、それはそれでやはり楽しみなように思えてきた。


↓世界一周ランキングにも参加しました。クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

関連記事


今週の予想 | Home | 皐月賞(G1)振り返り

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する