日本馬の海外挑戦は馬券としてかなりおいしいという話


去年の暮れに香港で行われた香港国際競争でモーリスが香港マイルを、エイシンヒカリが香港カップを勝ったように、近年日本馬が海外G1で活躍しているケースが目立つように思う。

というわけで、実際にどれくらい活躍しているのか?、馬券的にねらい目になるのかを検証してみることにする。

JRA-VANによるデータ分析だと、過去10年、日本馬は海外レースにのべ232頭が挑戦していた。

そしてその成績は24-25-14-159であり、なんと24勝もしているのである。

・勝率 10.3%
・連対率 21.1%
・複勝率 27.2%

これはかなりの好成績ではないだろうか。

海外挑戦の勝馬一覧は以下のとおり。


日付レース名馬名オッズ
2006年3月25日UAEゴドルフィンマイルG2ユートピア7.5
2006年3月25日UAEドバイシーマクラシックG1ハーツクライ6.5
2006年5月14日シンガポールインターナショナルカップG1コスモバルク6.8
2006年7月1日米国キャッシュコールマイルG3ダンスインザムード3.6
2006年11月7日豪州メルボルンカップG1デルタブルース18.0
2007年3月31日UAEドバイデューティーフリーG1アドマイヤムーン6.5
2007年5月20日シンガポールインターナショナルカップG1シャドウゲイト7.0
2008年5月10日米国ピーターパンステークスG2カジノドライヴ2.3
2008年10月12日米国アローワンス カジノドライヴ1.4
2010年3月4日UAEアル・マクトゥームチャレンジ  ラウンド3G2レッドディザイア9.0
2011年3月26日UAEドバイワールドカップG1ヴィクトワールピサ36.6
2012年4月29日香港クイーンエリザベス2世カップG1ルーラーシップ5.55
2012年9月16日フランスフォワ賞G2オルフェーヴル1.9
2012年12月9日香港香港スプリントG1ロードカナロア6.0
2013年9月15日フランスニエル賞G2キズナ7.0
2013年9月15日フランスフォワ賞G2オルフェーヴル2.66
2013年12月8日香港香港スプリントG1ロードカナロア1.73
2014年3月29日UAEドバイデューティーフリーG1ジャスタウェイ4.0
2014年3月29日UAEドバイシーマクラシックG1ジェンティルドンナ5.0
2014年4月26日豪州オールエイジドステークスG1ハナズゴール10.0
2014年10月18日豪州コーフィールドカップG1アドマイヤラクティ11.0
2015年3月21日豪州ジョージライダーステークスG1リアルインパクト11.0
2015年12月13日香港香港マイルG1モーリス5.7
2015年12月13日香港香港カップG1エイシンヒカリ38.7
※単勝オッズはhttp://www.racingpost.com/horses2/results/を参考にしている


ヴィクトワールピサやエイシンヒカリのように、海外では知名度がないために、予想以上のオッズがつくケースも見られる点に注意が必要である。

日本馬の海外挑戦は積極的に馬券を購入してみると良いのではないだろうか?

海外レースも購入できるブックメーカーの登録はこちら。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


※もしバナーリンクが表示されない場合は、AdblockをOFFにしてほしい


なお登録方法が分からない方はこちら。
→ブックメーカーの登録方法(作成中)


他にもブックメーカーを利用するメリットはあるので、こちらに纏めておいた。
→ブックメーカーを利用するメリットとデメリットは?(作成中)


↓参考になったという方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ
 
関連記事


競走馬は馬体重が大きい方が成績が良いという話 | Home | 「イン突きの天才」岩田騎手が内枠で成績が良いかどうか検証してみた

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する