昔、感動したルーマニアの世界遺産「モルダヴィア北部の壁画教会群」に落胆した競馬中毒者


何度も繰り返しで恐縮だが、私は15年ほど前にヨーロッパを旅行したことがある。そのため今回の世界一周中もヨーロッパに関しては行ったことがある場所を繰り返し訪れている。

昔訪れたところが今どのようになっているかということには興味があるし、またその当時の思い出を辿るのも嫌いではないのである。(懐古主義と揶揄されるのも仕方ないのだが…)

結果としては、非常に自分勝手で恐縮なのだが、昔感じたほどの感動はなく、落胆することが多い。

多感だった当時と比べて齢を取って感受性が死んでしまったこともあるのだろうし、未知なる場所だった東ヨーロッパもいまではすっかり観光地化してしまい新規性もなければ、自分だけが行ったことがあるという特別感がないこともあるのだとは思う。

ただ、それでもあえてルーマニアを周っていたのは、「モルダヴィア北部の壁画教会群」の存在が大きかった。
教会群というのはManastirea Humorului(フモール修道院)・Manastirea Voronet(ヴォロネツ修道院)・Manastirea Moldlvita(モルドヴィツァ修道院)・Manastirea Sucevita(スチェヴィツァ修道院)・Manastirea Arbore(アルボーレ修道院)と複数あるため。

この世界遺産は15年前に旅行した時に、最も感銘を与えられた場所だったのである。

モルダヴィア北部の壁画教会群1


モルダヴィア北部の壁画教会群2

モルダヴィア北部の壁画教会群3

興味がある方はこの動画をご覧いただきたい。


山奥に潜むこじんまりとした教会。


その教会の壁一面に描かれた宗教画。


そこで一心不乱に祈る聖職者と信者。



自分は宗教を信じる人間ではなかったのだが、それらを目にした結果、宗教の持つ力の偉大さは信じざるを得なくなったし、また宗教を信じる人たちの崇高な姿に敬意を持つようになった。

自分の宗教観に大きな影響を与えたのが「モルダヴィア北部の壁画教会群」であったのは間違いない。


というわけで、喜び勇んで出かけたわけである。



が、期待は大きく裏切られた。


教会には観光客が溢れてるし…


その観光客を目当てにした土産物店もたくさんできてるし…


祈ってる人なんか誰もいなかったし…



まあこれでルーマニアが潤っているのなら、それはそれで喜ぶべきことなんだと思う。それに宗教に依存しなくても生きていけるようになったということも、それはそれで喜ぶべきことなんだと思う。

昔のままであってほしいというのは、私の傲慢なエゴにしか過ぎないのである。


帰り道、何度もそのように考えてはみたが、気持ちは晴れなかった。

大体30歳を過ぎているにもかかわらず、嫁を一人待たせて、仕事も辞めて、旅行をしている時点で、我執に囚われているのは自明なのであるから、今更エゴがどうこうと考えても仕方がない。

結局、自分は刺激を求めて旅行をしているわけなので、何も感じるものがなければそもそも旅行をしている意味がないのである。


さて、2週間前に旅の存続を賭けて、100万円競馬勝負を行ったのを賢明な読者諸君は覚えていることと思う。

何を隠そうその契機となったのがこの「モルダヴィア北部の壁画教会群」でのストレスだったのである。

何を見ても感動できないような状態ならば、もういっそのこと旅が終わってしまってもいいんじゃないかという気持ちである。

そういうわけで旅の存続をに尋ねのたのだが、結果は存続ということだった。(競馬で大敗した瞬間に帰国なので、いつまで持つかは分からないが(笑))

また今では少なくとも9月頭までは旅行しなければいけない理由もできたので、もうしばらくは読者の皆様にもお付き合い願いたい。


なおこの文章を書いていて気付いたのだが、この15年で一番変わったのは、すっかり俗っぽくなってしまい、競馬中毒になってしまった自分なのだと思う。

外に文句を言う暇があったら、内省しなければならない。

ごめんなさい。


↓世界一周ランキングにも参加しました。クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



サプンツァの「陽気な墓」で人生に思いを巡らす?競馬中毒者


ルーマニアのサプンツァに「陽気な墓」と呼ばれる観光地がある。

まあどういった所かというのは写真を見てもらうと早いかと思う。

陽気な墓


陽気な墓3


死んだ人の職業だったり、趣味だったり、時には死因だったりをコミカルに描いた墓標がたくさんある場所である。

ルーマニアには昔1ヶ月ほど旅行したことがあって、大方の観光地は訪れたのだが、ここ「陽気な墓」だけはその当時は訪問することができなかった。そういうこともあって、非常に楽しみにしていた。

あともう1つ楽しみにしていた理由として、この場所を訪れた多くの人たちが、

「普段何気なく生きている自分の人生を見つめ直すきっかけになった」
「人の数だけドラマがある。自分も頑張って生きていこう」
「自分が死んだ時のこと、どのように最期を迎えたいか、どのように家族に自分のことを思い出してほしいか考えた」

みたいに人生について思いを巡らせたり、前向きになったりしていたというものがある。


つまり、自分のように心が擦れてしまっている人間にとっても、何か人生についてちゃんと考える機会になるのでは?という淡い期待を持っていたわけである。


で、行ってみた感想だが、陽気な墓の創始者スタン・イオン・パトラシュの「愛する者を失った遺族の悲しみが癒えるよう墓標を明るいものにしよう」という考え自体は素晴らしいと思う。

また、決して愛する人が生きてきた人生を絵や詩にして後世に残したいという遺族の祈りや、自分の死を陽気に受け止めてほしいという死者の願いに敬意を持たないわけではない。

ただ正直なところ、この陽気なお墓は「死」が持つ荘厳さとは無縁で、とてもじゃないが何かを考えさせるような重厚さを感じることはなかった。

いかんせん絵のクオリティが小学生レベルなのである。


陽気な墓2


陽気な墓4



もう少し何とかならないのだろうか?



だいたい自分が死んだ場合を仮定したところで、きっと競馬が好きだったということで、競走馬が描かれたりするのだろう。



恐ろしくどうでもいい。



本当にどうでもいい。



というわけで、自分の場合は、少しも自分の人生を振り返ることにはならなかった。

残念だが、予想通りと言えば予想通りなので、特に感想はない。


↓世界一周ランキングにも参加しました。クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



8/13(日)新潟9R 麒麟山特別 振り返り



土曜日に10万円負けて迎えた日曜日。

さすがに負けっぱなしでは終われないと、10万円を取り返すべく臨んだのが、新潟9Rの麒麟山特別。

本命コパノアラジンは出遅れないかだけが不安だったが、スタートで好位を取ってからは安心してみることができた。やっぱ菜々子ちゃんには悪いけどデムーロ騎手とは実力が全然違う感じ。

麒麟山特別17

オッズが直前に下がってしまい1.4倍しかつかなかったのは残念だが、まあ土曜日と合わせてもプラス10万円なので悪くはないだろう。
それ以上に有料予想を買ってくださっている方にも貢献できているのもうれしい。(いままで迷惑をかけることが多かったので(涙))


なお、こんなに簡単に50万円という大金を賭けていいのだろうか?という懸念は今回は無視することとする。


勝てば官軍である。

↓今週の予想はこちら
------

今日の予想は新潟9Rの麒麟山特別。

狙いたいのはコパノアラジン。

過去に1000万下は勝ち上がっており、ここでは能力上位。

前走の青梅特別(1000万下)は5着に敗れたが、「スタートがいつもより少し遅かったですし、外の馬が速かったので(ハナへ)行けなかったです。」と鞍上がコメントしている通り、スタートで後手を踏んでいつもの競馬ができなかったのが大きかった。また、3コーナーで手綱を引く不利もあったので、悲観する必要はないだろう。


新潟ダート1800mは500万下を4馬身差で圧勝した舞台。足抜きの良い馬場の方がよいので、今の馬場状態も向くと思う。

鞍上も藤田菜々子→デムーロと大幅な強化。ここは狙い目。オッズもつきそうなので大きく狙いたい。

現在1番人気のペガサスシャーインはずぶい馬で、時計のかかる馬場の方が良さそう。稍重の馬場は向かないと思う。また前走勝ち上がった500万下のレースは相手のレベルが低く、着差がついているとはいえ過大評価は危険だと思う。

------

来週も面白い馬がいたら公開するので、ちょくちょく見てもらえると嬉しい。

↓クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ

 


8/12(土)札幌12R 知床特別振り返り

1か月に1回くらいしか大勝負をしない予定だったんだが、今週は2レースも賭けてしまった。

で、まずは土曜日の知床特別。

1.4倍つかない場合、もしくは重馬場・不良馬場の場合パスしますと書いておきながら、買ってしまう私は馬鹿なのだろうか?

ええ馬鹿なのでしょう。

知床特別17


まあ100万円勝負の予定だったものを10万にして買ったので、気持ち的には10万負けたわけじゃなくて、90万買ったような気持ちになっていますけどね。

ええ馬鹿なのでしょう。

↓土曜日の予想はこちら

------

狙うのは札幌12R知床特別の◎ルナーランダー。

元々1000万下で3着に入ったこともある馬で、500万下のここでは能力上位。

ここ2走は人気を裏切っているが、いずれも敗因は明確。

2走前の恵山特別は果敢に先行したものの結果的には下記ラップのハイペースに巻き込まれる形に。
12.2 - 11.0 - 11.2 - 11.6 - 12.0 - 12.5 - 12.1 - 11.8 - 11.7(34.4-35.6)

しかもその後1000万下も圧勝した勝ったナイトオブナイツに早めに来られる形は厳しかった。

にもかかわらずゴール直前まで粘ったのは能力の証しだろう。

前走は内で詰まってしまいノーカウント。普通に走っていれば勝ち負けだったと思う。

今回は乗りへぐっだ菱田騎手を降ろして、ルメール騎手に乗り替わり。

陣営の「函館の2戦はチグハグな競馬で消化不良。出来はキープしており、好勝負に。」というコメントを見ても勝負気配は高いだろう。

揉まれると良くない馬なので大外枠も良いだろうし、相手もビービーブレスユーくらいしか見当たらない。複勝圏内なら堅いと思う。

大勝負します。

◎ルナーランダー

馬券:◎の複勝
※1.4倍つかない場合、もしくは重馬場・不良馬場の場合パスします。


------


↓クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


【有料予想】新潟9R 麒麟山特別予想(500円)

昨日の結果はまたあとで纏めようと思うが、中途半端な結果だったので、今日も引き続き狙ってみたいと思う。

100万円勝負とはいかないが、ちょっと大きめに行こうかなと。


続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


【有料予想】札幌12R 知床特別 予想(500円)

また100万円の大勝負できそうな馬がいるのでアップします。今回は札幌12Rの知床特別ですね。

オッズがつくといいんですけど…。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


【大勝負】佐渡S振り返り


ちょっと思うところもあって、大勝負することになった土曜日の佐渡S。オッズがもう少し着いてくれれば良かったが、+50万円ということで悪くはないだろう。ルーマニアなら3ヶ月は余裕で暮らせるお金である。
※何を思ったかは別記事で日記として書きたい。

旅資金のほとんどをつぎ込んだので、負けたら帰国だったわけであるが、◎エイシンバランサーが1着ということで、無事に旅は続行となった。

「競馬で資金がなくなったので途中帰国しました」というのは非常にダサいのだが、そういうのが性に合っているんだと思う。

「Go Big or Go Home」とか「生きるか死ぬか」とか「丁か半か」みたいな世界観が好きなんだろう。

つまるところ旅行にしろギャンブルにしろ、刺激を得ることで人生を彩ろうとしている哀れなオジサンなんだなとつくづく思い知らされた。

まあ資金に余裕ができたので、金髪美女とお酒に溺れたいと思う。

佐渡S17


↓今週の予想はこちら
------

狙うのは新潟11R佐渡Sの◎エイシンバランサー。

1600万下では2着2回と能力上位。

右回りだとコーナーでおいていかれるところがあるこの馬。前走の花のみちSは4着に敗れているが、コーナーで置いて行かれてしまったのが痛かった。今回は左回りの新潟コースということで巻き返してくるだろう。

また、脚質的にもスピードの絶対値はそこまで高くないが、長く良い脚を使えるのがこの馬の特徴。重馬場ではどうしてもスピード勝負になってしまい分が悪いのだが、時計のかかる良馬場だと問題ない。

2番人気のウインオスカーは1000万下を勝ったばかり、3番人気のボンボンキャストも1600万下では掲示板にも載ったことのない馬と、相手関係にも恵まれた。

またドラゴンゲート、マハロマナ、アースゼウスと先行勢が揃いペースが早くなり、消耗戦になりそうなのも、長く脚が使えるこの馬にとってはプラスだろう。

ハンデ戦だが、この馬も前走から-1kgと恩恵を受けている。岩田騎手も新潟ダート1200mの成績は良いし、これで現在複勝1.8倍つくのは美味しいと思う。大勝負します。

◎エイシンバランサー

馬券:◎の複勝
※1.5倍つかなければパスします

------

これからは旅の存続をかけて大勝負ということが1ヶ月に1回くらいあるかもしれない。その時はまた応援してもらえるとありがたい。

※ちなみにここまで読んでくださった読者の方にマル秘情報を。今日は新潟4R未勝利戦の●●●●●●の複勝が面白いと思う。
●●●●●●を確認→人気ブログランキング


↓クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


ルーマニアの首都ブカレストで偽警官詐欺を期待する競馬中毒者

ルーマニアのブカレストにやってきた。

ブカレストも昔に来たことがある町である。

15年前の当時は治安が良いとは言えず、滞在中に何度も偽警察官に絡まれた。


当時の手口は、

警察手帳を見せる

闇両替やったんじゃないかと言いがかりをつける

パスポートと財布を見せろと言う

財布からお金を抜き取って逃げる


というものだった。

対する私は英語が分からない振りをし、相手が激高してきたら逆切れして、日本語で喚き散らして返すという、まさに知性のない策で対抗したものであった。

今でもそんな詐欺はあるのか?、そしてその詐欺にあったら私は喚き散らすことができるのか?そんなことに興味を持ちながら街中をぶらぶらしたのである。


で、結論から言うと、そんな詐欺には一回も会わなかった。良いことなんだけど、ちょっと刺激が足りないなとも思ってしまった。


とはいえ、街中は暗い所も多く、治安が良いとは言えないように感じた。
落書きも酷いし…。

ブカレスト6


ブカレスト7

チェコやハンガリーを旅行した時には「あ~変わってしまったな」と思ったものであるが、ブカレストは良いか悪いかは別にして、昔とそこまで変わっていない印象を受けた。

独裁者チャウシェスクが作った血税の無駄遣い「国民の館」も健在だったし…

ブカレスト


ブカレスト2

「国民の館」詳細はこちら
チャウシスク詳細はこちら




まあ東欧らしさを感じたかったらお薦めの町ではある。

ブカレスト3
CEC宮殿

ブカレスト4
Kretzulescu教会

ブカレスト5
Kretzulescu教会の外壁

ブカレスト8
スタヴロポレオス教会

ブカレスト9
スタヴロポレオス教会の内部


↓世界一周ランキングにも参加しました。クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


【有料予想】新潟11R 佐渡S予想(500円)


予想アップするの久しぶりですが、勝負したい気持ちと、勝負できそうな馬がいるので大勝負します。

これ外れたら世界一周の予算がなくなるので、帰国しようと思います。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?