宝塚記念+函館6R振り返り

+2万円出終わったので、悪くはない結果ではある。が、G1である宝塚記念を外したので特に嬉しくもない。

キタサンブラックが飛んだだけに当てたかったが、まあ本命が◎シュヴァルグランではどうしようもない。直線に入ってすぐに力尽きたこともあって、ドキドキすることもなく終わってしまった。まああれだけプレッシャーを掛けられたら仕方ないと思わなくもない。

唯一あるとしたら本当は2万円しか買う予定はなかったのに、、函館6Rで勝ったことで、賭金を大きくしてしまったことだろうか。

本当に馬鹿だと思うが、馬鹿だから競馬中毒なわけなので、まあそれこそ仕方ないのかもしれない。

■函館6R
函館6R0625

■阪神11R宝塚記念
宝塚記念17

↓今週の予想はこちら
------

阪神芝2200mで行われる宝塚記念。
コースとしては内回りコースになるのだが、これはかなり重要で、最後の直線に入るまでに位置取りを押し上げていける馬かどうかというのが、宝塚記念で好走できるかどうかを分けると言っても過言ではない。

オルフェーヴルやゴールドシップなんかは馬が強かったのもあるが、コーナーでも加速できるところが強かったし、去年のマリアライトがドゥラメンテの強襲を凌いだのも、コーナーでつけたポジション差が大きかった。

ミッキーロケット、ミッキークイーンあたりはエンジンがかかるのに時間がかかる馬なので、正直宝塚記念で狙いたい馬ではない。

※ミッキークイーンは人気しているが、エリザベス女王杯やヴィクトリアMで取りこぼしたのも、有馬記念で上位3頭と差をつけられたのもエンジンのかかりが遅いことが影響していると思う。


で、今年の出走馬で捲っていけるような競馬ができるのは、キタサンブラック、ゴールドアクター、シュヴァルグランくらいじゃないだろうか。

もう本当はキタサンブラックで降参したいくらいなんだが、大阪杯、天皇賞春と逆らった手前、今更態度を変えるわけにも行かないし、何より単勝1.4倍の馬など、どんなケースでも買いたくない。


というわけでオッズも鑑みて◎シュヴァルグランを狙うことにした。

天皇賞春(G1)ではキタサンブラックの後塵は拝したものの、サトノダイヤモンドを封じて2着に入っており、格という点ではキタサンブラックの次に評価されてしかるべき馬。

それが現時点で6番人気というのは舐められすぎだろう。

去年9着だったことが響いているのかもしれないが、あのレースは内枠でずっと閉じ込められていたことが響いたもの。また陣営も「去年は天皇賞(春=3着)の疲れも残っていた。今年は前走(天皇賞・春)のダメージが残ることなく調整してこられた」とコメントしており、そこまで悲観する必要はない。

阪神コースも阪神大賞典(G2)1着など実績のあるコース。

期待していいのではないだろうか。

◎シュヴァルグラン

馬券:◎の単複

---------
おまけ
---------

馬券的な勝負なら函館6Rのメイプルストロングがオススメ。
前走は騎乗がひどかっただけで、馬は強かった。
同じ条件で、騎手が乗り替わりとあれば、馬券圏内は固いのではないだろうか。

◎メイプルストロング

馬券:◎の単複

------

これでG1はしばらく終了と思うと寂しくもなる。とはいえ私は競馬中毒者なので毎週競馬をやることには変わりはないんだけど…

↓クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


【有料予想】宝塚記念+函館6R(500円)

今回は宝塚記念と函館6Rについて書いています。
宝塚記念はキタサンブラックに逆らうような形になってますが、どうでしょうか?

馬券的には函館6Rの方が楽しめると思います。宝塚記念の資金稼ぎになると良いのですが…
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


ユニコーンS(G3)振り返り


振り返りたくない結果なんだが、まあ仕方ない。

穴狙いだからという言い訳もあるが、まあ少しも惜しくはなかった。本当にごめんなさい。

宝塚記念は頑張りたいと思う。

ユニコーンS17


↓今週の予想はこちら
------

過去に「東京・ダート1600m考察(コース形態・枠順・脚質・ラップ)」で書いたように、東京ダート1600mは芝スタートであるため、芝での好走歴がある馬のほうが狙いやすい。

そのように考えるとNHKマイル(G1)で2着だったリエノテソーロが1番人気になるのも分からなくはない。

だが、リエノテソーロの場合、ダートで本当に走れるのかという点に不安がある。一番の実績は全日本2歳優駿の勝利ということになるのだろうが、その時の2着馬シゲルコングはそのレースの後、

・ヒヤシンスS(OP): 8着 (1着から0.8秒差)
・昇竜S(OP): 11着 (1着から1.7秒差)
・伏竜S(OP): 8着 (1着から4.0秒差)
・兵庫チャンピオンシッ(G2): 5着 (1着から2.7秒差)

と大敗を喫し続けているのである。この馬に楽勝したからと言って、決してダートも走れるとは言えないだろう。馬体も450kg台とダートが向いている体型でもないように見受けられる。
【参考:ダートでは馬体重が大きい馬がより有利であるという話

その馬が単勝2.8倍なら、もうそれだけで消して良い。

そもそも1番人気の大野騎手なんて買える筈もないのである。

------------------
参考:大野騎手の1番人気成績
------------------
過去10年、大野騎手が1番人気に騎乗した際の勝率は27.0%。
この数字は、平均32.0%を大きく下回る。
また、1番人気馬に100戦以上騎乗したことがある騎手は全部で63人いるのだが、大野騎手の成績は57位である。大野騎手より成績が悪いのは丸田恭介、鮫島良太、津村明秀、国分恭介、太宰啓介、丹内祐次とどうしようもないメンツである。
------------------


というわけで、今回はリエノテソーロが崩れることを前提にしようと思う。リエノテソーロは先行脚質なので、各馬の意識が前に向くことを考え、末脚勝負ができる馬が狙い目だろうか。

人気のサンライズノヴァ、サンライズソアあたりも先行馬なので、此処はオッズ的妙味も考えて切ってみることにする。


狙うのはラユロット
各馬のレースを見た中で一番末脚の破壊力がありそうな馬を選んだ。

前走はスタートで後手を踏んでしまい後方からの競馬。4コーナーは大外を回っており距離ロスもあったが、それでも残り300mまで馬なりで前との差を詰め、鞭が入ってからは一気に先行勢を呑みこんだ。これを見る限りスピード能力はかなりのものだし、距離が200m伸びることも問題ないだろう。

ダート戦はまだ1戦走っただけで、底を見せていないのも魅力。

ルメール騎手が選ばなかったのは気になるが、それでオッズが30倍つくことを考えると、まあ狙うだけの妙味はあるんじゃないかなと。

◎ラユロット
○アンティノウス

◎の単複、◎-○の馬連・ワイド
※そんなに大勝負はしない予定

------

来週は宝塚記念。巻き返したいと思う。

↓クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


キエフにある「祖国の母の像」を観て、巨大であることの偉大さを実感する

実はもうキエフは抜けたんだが、思い出を残す上でも、一つ言及しておきたいものがある。


それが「ロージナ・マーチ像」、通称「祖国の母の像」である。


高さ102メートル、重量560トンと、世界最大級の大きさを誇るらしい。
まさか日本に!「デカすぎる」世界の巨像ランキング第2位はなんと茨城県にあったより



列車でキエフに入る時に目にして以来ずっと気にはなっていたのだが、実際に訪れてみてもその大きさには圧倒された。


ウクライナ祖国の母の像2


ウクライナ祖国の母の像3


以前リトアニアにいた時の記事「膨大」であるということは偉大であると書いたが、それと同じように「巨大」ということはそれだけで偉大なのだ。



ただ顔をアップにした画像も見つけたので、こちらも紹介しておこう。

ウクライナ祖国の母の像

これを見ると、細部の作りの粗雑さが気にならないこともないが、気にしては負けである。



また剣の先端が中途半端であるが、これは近くにある教会「Kyiv Lavra」の十字架よりも高くなってしまったので、切り落とされてしまったらしい。

ウクライナ祖国の母の像4


それくらい計算しておけばと思わなくもないが、そこらへんの粗雑さも気にしては負けである。

我々は「でけ~。すげ~」と、ただその偉大さの前に平伏しておけば良いのである。



↓世界一周ランキングにも参加しました。クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ


【有料予想】ユニコーンS(500円)

今回はユニコーンSについて書いています。

リエノテソーロは危険な人気馬という見立てから、穴馬狙いになっていますが、どうなるでしょうか?

続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


ウクライナのキエフで沈没する競馬中毒者

さて今はウクライナに来ている。

というか、来て既に2週間近くが経とうとしている。そろそろ次の町に移動しなければならないのだが、気力が湧かない。

ウクライナの首都キエフを気に入っているというのもあるのだが、それ以上に旅行自体にテンションが低くなってしまっていることが大きい。これを倦怠というのだろう。

が、キエフは沈没する上で、非常に都合が良い。

街並みは面白いし、人は優しいし、物価は安いし、ネットはサクサクだし

ベラルーシはwifiがほとんど繋がらなかったので、そのギャップもある。

というわけで、最近は競馬とオンラインポーカーしかしていない


まじで屑生活である。


が、それだけでは旅行ブログにならないので、キエフの街並みをご覧いただこうと思う。ベラルーシの首都ミンスクは旧共産圏という感じだったが、キエフはの中心街からはどちらかと言えばヨーロッパに近い印象を受けた。少し郊外に行くと共産圏って感じもあるんだけどね。

キエフ1
革命広場


キエフ3
フレシャーチク通り


キエフ2
聖ソフィア大聖堂


キエフ5
聖ミハイール聖堂


キエフ4
ペチェールシク大修道院


↓世界一周ランキングにも参加しました。クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



美人が多いベラルーシで共産主義を実感した話!

今はウクライナにいるんだが、その前にベラルーシを訪問していたので、それについて少し書いておく。

ベラルーシは今でも共産主義を採用していることもあり、ロシアよりも更に旧ソ連というものを感じた。


建物は無駄に大きく、道も無駄に広い。

ミンスク


ミンスク2


ミンスク3


そして、人々はのんびりしている。

社畜だった私からすると、怠けているとさえ言いたくなる。これも共産主義だからだろうか。

昼間から酒に溺れている。さすが押しも押されぬアルコール中毒国家である。私も今回始めて知ったのだが、ベラルーシは一人あたりのアルコール消費量ランキング世界一位である。

過去には、大統領が「酒との戦争」を宣布したこともあるらしい。
(http://japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=45976)

終わっている…。だいたい酒との戦争とは何なんだよと言いたい。

------------------------------------
【参考】一人あたりアルコール消費量ランキング トップ5
------------------------------------
第1位:ベラルーシ(17.32リットル)
第2位:リトアニア(12.65リットル)
第3位:チェコ(12.43リットル)
第4位:クロアチア(12.18リットル)
第5位:オーストリア(12.04リットル)



そしてカジノがやたらと多い。

しかも紳士淑女の戯れといった雰囲気はまるでなく、アル中の親父どもがちまちまと賭けているだけで頽廃しきっており、人生の墓場としか思えない。

やっぱり終わっている。


だが、個人的にはベラルーシはお気に入りである。少なくともバルト3国よりも全然良い。

自分がギャンブル中毒で終わっている人間で、共感できる部分が大きかったということもあるのかもしれないが、それと同時にベラルーシには優しい人が多かったということが大きい。

悪く言えば怠けてるってことなんだろうが、競争が導入されてない分、余裕がある人も多いような気がした。(生気をなくした人も多かったので良いことばかりでもないんだろうが…)

道に迷っていたらすぐに助けてくれるし、Barでは必ずおごってくれるしと、黄色人種が珍しいこともあって、多くの人たちが声をかけてくれた。(一緒に写真を撮りたいと行列ができることさえあった。)

しかも何が良いって、美人が多いこと。イメージだけだけどロシアより多かったんじゃないかな。

そんな人達が何もせずに寄ってきてくれるのだから、こんなに素晴らしいことはない。

ビザの関係で長期滞在できなかったのが残念であるが、また是非行きたい。

↓世界一周ランキングにも参加しました。クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ



安田記念(G1)振り返り


久しぶりに的中した。

会心の的中ではなかったんだが、複勝が340円ついてくれたおかげで、+31万円となかなかのプラス収支となった。(本当はデムーロさんがちゃんと乗っていたら単勝もあったんじゃないかと思っているが…)

旅行資金を取り返せたことも嬉しいが、それ以上にこれまで見捨てずに購入し続けてくれた読者の方に少しは恩返しできたんじゃないかと言う点にホッとしている。勿論これですべてが許されるとは思っていないので、今後も当てないといけないのだが…

※最終的には必ずプラス収支にできると思っているので、もうしばらくお付き合いいただけると嬉しい。

安田記念17

↓今週の予想はこちら
------
現在のマイル界は確たる馬がおらず、混戦模様。

イスラボニータが1番人気に押し出されているが、単勝10倍以内に6頭の馬が犇めき合っているあたり、競馬ファンもどの馬を信頼していいのかわからないのだろう。だいたいイスラボニータは去年、完璧な競馬をしておきながら、サトノアラジンの後塵を拝していることを忘れてはいけない。ルメール人気で必要以上にオッズがつかないのもマイナス。

2番人気のエアスピネルにしてもブラックスピネルあたりと勝ったり負けたりを繰り返しているあたり、抜けた存在とは思えない。

こういう時は別路線で強い競馬をしている馬でも十分勝負になると思う。

というわけで本命は◎レッドファルクス。

前走、前々走と重い馬場で好走していることもあっって、良馬場でどうかという声が聞かれるが、個人的には良馬場だからこそ狙えると思っている。

ロードカナロアが安田記念を勝った時は「前日と同じ馬場差で、かなり速い時計の出る馬場コンディション。(netkeibaより)」だし、ストレイトガールがヴィクトリアMを勝った時も「前日と同じ馬場差で、速い時計の出るコンディション。」であった。(netkeibaより)

つまり、早い時計が出る馬場でこそ、究極のスピードが問われることになり、スプリント戦で活躍している馬に勝機が生まれるのである。

実際、レッドファルクス自身、CBC賞で12.2 - 10.7 - 10.9 - 10.9 - 10.8 - 11.7という鬼ラップで快勝したことのある馬。高速馬場は歓迎であろう。

今の東京コースは荒れが目立ってきているとはいえ、昨日の芝2000mで行われた稲村ケ崎特別(1000万下)では1:59.2という1000万下としてはかなり速いタイムが出ている。そのため高速馬場と捉えて問題ないと思う。

だいたいレッドファルクスは左回りか右回りかで走りが全く違う馬。中山で走った唯一のマイル戦の成績が悪かったからと言って、1600mは長いと決めつけるのは早計ではないだろうか。

陣営も「前走の末脚を見て、あと200メートルはいけると。チャレンジする価値があると思いました」とコメントしており、ここは素直に信頼することにした。

鞍上のデムーロは東京芝1600mで勝率15.2%と高い勝率を誇る騎手。このオッズなら十分狙いが立つだろう。

◎レッドファルクス

◎の単複

------

来週はG1がないので、どのレースを対象にするかは迷い中。

↓クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


【有料予想】安田記念(500円)

今回は安田記念について書いています。
そろそろ当たってくれないと困るのですが…
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?


リトアニアの首都、ヴィリニュスで見つけた異常に怖いモニュメント


私はダービーも外して着々と旅行資金を減らしているわけだが、ふとカウントしてみると旅行を始めて以来80万円ほど負けていることに気付いた。

旅行資金が200万円くらいなので、40%ほど競馬で失ったことになる。

このままだと1年いく予定だった世界一周が4ヶ月ほどで終了になってしまう。世界一周どころか世界半周にすらならない。

超ウケル。

こんなダメな世界一周旅行者はいないのではないだろうか?恥ずかしさも極まれば爽快である。

まあそれはおいておいて、ちょっと前まで滞在していたリトアニアの首都、ヴィリニュスで面白いものを見つけたので紹介したい。基本的にバルト3国は思ってたほど楽しくもなかったわけだが、前に紹介した十字架の丘と、このヴィリニュスのモニュメントは面白かった。

というわけで画像を御覧いただきたい。

ベルナルディン教会

人物像の背後に十字架、というのを想定して制作されたのかもしれないが、これでは十字架が顔から突き出ているようにしか見えない。というか顔が崩れているのもおかしいし、崩れていなかったとしてもこの無表情っぷりは気味が悪い。

そしてこれが聖なる教会にあるのだから、スラブ民族の美意識は狂っているとしか思えないのである。

が、まあ個人的には面白かった。

あえて場所は書かないが、見つけやすいところにあったので、もしヴィリニュスを訪れる方がいれば、探してみて欲しい。


↓世界一周ランキングにも参加しました。クリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ