宝塚記念(G1)予想 ◎サトノクラウン

G1上半期の最終戦。
これまで良い成績を出せているので、有終の美を飾りたいと思う。

■展望

前回の記事で纏めたように阪神・芝2200mは持久力の必要なコース。
(参考:阪神・芝2200m考察(コース形態・枠順・脚質・ラップ)

土曜日の開催が重馬場、かつまだ雨が降り続いていることを考えると、更に消耗戦になることが考えられる。

長く脚を使える心肺能力を持っていること、重馬場でも上手に走れること、というのを意識して各馬を評価した。
(参考:馬場が悪い芝のレースにおいて馬体重の大きい大型馬が有利というのは嘘という話


■有力馬見解

ドゥラメンテ
皐月賞とダービーの2冠馬だし、現役最強馬の1頭ではあるだろう。(その割には人気投票6位と悲しい感じだが)

最近のパフォーマンスは中山記念にしても、ドバイシーマクラシックにしても以前の圧倒的なスケールは感じることができず、やや物足りない面はあるものの、中山記念はドバイシーマクラシックへの前哨戦だったわけだし、ドバイシーマクラシックは落鉄があってのものなので、気にしなくて良いかなと思う。

また海外遠征明けを懸念する声もあるが、まあもちろん強調材料ではないんだが、気にする必要もないかなと思う。
(参考:「海外遠征明け初戦の馬は危険」というのが本当か調べてみた

あとは宝塚記念特有の消耗戦への対応だが、ダービーを見る限りでは、長く脚を使うことができるので不安視する必要はないだろう。

ただ唯一不安なのは重馬場への対応である。
キングカメハメハ産駒なので得意である可能性もあるんだが、トビはやや大きめなので、綺麗な良馬場ほどのパフォーマンスはでないんじゃないかなと個人的には思っている。

まあそれでも強いことは間違いないので、あとはこのオッズと比べてどう判断するかという感じだろう。


キタサンブラック
天皇賞・春では本命候補であり、高く評価している1頭である。(まあ結果として本命にしなかったのだから、偉そうなことは何も言えないのだが)

その時の評価・予想は別にみてもらえればと思うんだが、その評価も含めて、宝塚記念では消しにする予定である。
(参考:天皇賞予想

この馬が長距離戦に強いのは、心肺能力が高いというよりも、操縦性が高いという点、もう少し細かく言うと、折り合いに問題がないのでポジションを取りに行ける点が大きいように思う。

天皇賞・春も実際に逃げる形となって、その利点が活かされたわけであるが、このレースはかなりスローペースでそこまで消耗戦にならなかったのもこの馬にとっては良かったと見ている。

今回は消耗戦は確実なので、器用さよりもより心肺能力を求められるだろう。ダービーを見る限り、そうなるとパフォーマンスは下がると思う。

あとメンバーも強くなるというのもネックだし、重馬場もマイナス。

消しでいいかな。


アンビシャス
元々能力は高く評価していた馬である。
(そのおかげで去年は毎日王冠、天皇賞と連続で本命を打ち、痛い目にあった。許せない)

で、毎日王冠、天皇賞の結果、トップスピードは高いものを持っているが、ラブリーデイなんかと比較するとやや劣っている。かつ持久力はそんなにない、という評価に落ち着いた。

で、今回の宝塚記念であるが、2200mへの距離延長、特に消耗戦になりやすい阪神2200mへの適性が鍵になるんだろうが、個人的には難しいと思っている。

天皇賞後の評価もあるし、中山記念後にルメールJは「距離は1800がギリギリ」とコメントしているし、実際その中山記念では最後に脚が上がった印象もある。

次の産経大阪杯(G2)では距離2000mを克服して勝っているわけだが、36.8-33.6というスローペースに助けられたというのは大いにあるだろう。

今回はさすがにそこまでペースが緩くなることは考えづらいので、過剰に人気していることもあるし、消しといていいんじゃないかと思う。


ラブリーデイ
去年の宝塚記念勝ち馬だが、去年は例外的に消耗戦にならなかったのが大きい。

天皇賞を見てもわかるように、この馬はスローからの瞬発力勝負を得意とする馬。

本来の宝塚記念とは適性が合わないと思う。

去年よりパフォーマンスが落ちているのも気になるし、消しでいいかな。


シュヴァルグラン
正直、この馬の取捨に一番悩んでいる。
阪神2200mの適性はきっと高いんだろうが、あとは能力が足りてるかどうかという話。
いかんせん強い相手とやっていないので、あまり過大評価するのは禁物かなと。

もう一個気になるのが、小回りの内枠。
この馬そんなに器用じゃない上に、馬の操縦性にやや難がある福永騎手ということで、後ろからの競馬になりそうなのはやや懸念である。

紐候補には入れたいが、本命にはしたくないという感じだろうか。



■結論

というわけで、ちょっとひねって本命は◎サトノクラウンにした。

◎サトノクラウン
〇:●●●●●●

サトノクラウンは、去年の春のクラシックではドゥラメンテには敵わなかったものの、上位を形成した馬なので、ポテンシャルは十分。
そしてダービーを見る限り消耗戦にも対応できるし、重馬場適性は前走で証明されている。

その割に人気が一息なので狙って面白いんじゃないかなと。


◎の単勝、複勝、◎-〇の馬連・ワイド

対抗馬:●●●●●●はこちら人気ブログランキングへ


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


阪神・芝2200m考察(コース形態・枠順・脚質・ラップ)


宝塚記念の舞台となる阪神・芝2200mについて考察してみる。

pic_course_3d_hanshin.jpg

pic_course_turf_hansin_uchi.gif

外回り4コーナー出口からスタート。

1コーナーまでの距離が500m以上あることに加え、下り坂なので前半は速くなりがち

ここでスピードがつく影響に加え、さらに起伏がない中盤区間ということもありペースが弛みにくく、前半のペースのまま速いラップが流れ、正面での隊列は縦長になりやすい。

基本的には息が入らない前傾ペースになることが多く(特にOPENクラス以降)、持久力が問われる消耗戦になる

逃げや好位からの抜け出しが基本になるが、直線の坂もあり直線が平坦な京都芝2200mと比べても差しが決まりやすいコース。

とはいえ、最後の直線は短いので、直線を迎えるまでにどれだけ前との差を詰められるかが、差し馬・追い込み馬にとっては重要になる。

そのため差し馬・追い込み馬を狙う場合は、最終コーナーで捲っていける馬を狙いたい。

なおコーナーを4つ回るコース設定のため内枠が有利であることには注意が必要。


【参考データ】

■枠番別成績
阪神・芝2200m(枠順)

■脚質別成績
阪神・芝2200m(脚質)

■平均ラップ(馬齢・クラス別)
阪神・芝2200m(ラップタイム)

まとめ
・内枠有利
・消耗戦になりやすく、ばてにくい馬が台頭する


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


函館スプリントS(G3)予想 ◎ローレルベローチェ


■有力馬の見解

シュウジ
新馬戦から小倉2歳Sまで3連勝、4戦目のデイリー杯2歳Sで連勝は止まったもののエアスピネルの2着と去年の2歳戦線において主役の一頭であった。
その後、マイルや1400m戦で結果を残せず、今回あらためて1200m戦への挑戦となった。

恐らく1200m戦では底を見せていないということで1番人気なのだろうが、結構不安要素はあるように思う。

まずは小倉2歳Sまでに戦った相手が微妙であったということ。まあ圧勝しているので気にしなくてもいいのかもしれないが、例えば小倉2歳Sの2着馬サイモンゼーレは1000万下のレースでも惨敗しており、古馬の一線級を相手に目途が立っているとは言い難い。

また、デイリー杯2歳S以降の戦いっぷりも評価しづらい。ファルコンSの惨敗は重馬場だったということで度外視するにしても、(とはいえあまりに負け過ぎなので、函館の重い馬場が大丈夫か心配にはなる)、NHKマイルCは最内を活かしてロスのない競馬をしたにもかかわらず、最後は止まってしまっており、完敗という内容であった。

これらを見る限り、2歳時は完成度の高さで勝負できていたものの、他馬が成長してくるに従い、相対的にパフォーマンスを落としているように見えなくもない。

これで1番人気なんだから、まあ消しといていいんじゃないかと思う。


レッツゴードンキ
個人的には好きな馬であるんだが、スプリンターかと言われると、やや疑問符がつく。

阪神1400mで行われた阪急杯では勝ち馬のミッキーアイルと同じような位置で競馬を進めたにもかかわらず、直線早々で振り落とされた。

また高松宮記念ではいいところなく、8着に敗れている。

これらのレースを見る限り、スプリント戦で戦えるだけのスピード能力は持ち合わせていないと言わざるを得ない。

マイル以上では気性的に競馬が難しくなるので、1200m戦を使うしかないんだろうが、悲しいことに競争能力的には適性がないのである。

ただ、今回は1番枠を引けたし、洋芝の函館ということで究極のスピードを求められるわけでもないし、好走するにはここしかないという条件は揃っていることには注意してもいいかもしれない。

まあ僕は2番人気なら妙味がないなと思っちゃうので消しちゃうんだけど…



アクティブミノル
セントウルS(G2)1着、高松宮記念(G1)4着と実績だけならこのメンバーでも最上位だろう。

【セントウルS】
11.9 - 10.8 - 11.3 - 11.1 - 10.9 - 11.8 (34.0-33.8)

3枠6番の好枠からハクサンムーンとのハナ争いを制しての逃げ。道中競られなかったことも大きいが、ハクサンムーンが失速する流れの中、ストレイトガールの追撃を凌ぎ切ったのだから評価は高い。


【高松宮記念】
11.7 - 10.1 - 10.9 - 10.8 - 11.1 - 12.1 (32.7-34.0)

直線を向いたところで、外を回してきたビッグアーサーを避けるため、外に膨れてしまう不利があった。そのため直線の加速にやや手間取っている印象だが、それでも最後は鋭く追い込んできた。能力がなければできない芸当であり、やはり評価は高い。


というわけで好走したレースを見ると高く評価をせざるを得ないのだが、それ以外のレースではびっくりするくらい崩れている点には注意が必要である。

阪神C(17着)やニュージーランドT(15着)は距離が合わなかったということで片づけても良いのかもしれないが、シルクロードS(16着)は敗因を探すのがやや難しい。

レース後の武豊騎手のコメントも「4コーナーで抵抗できず、下がってしまいました」と釈然としないもの。ペースはやや早かったが、ハナを切ったローレルベローチェが2着、2番手のセカンドテーブルが4着なのだから、我慢できないほどのものとは思えない。

で、これは仮説でしかないんだが、この馬、重い馬場が駄目なのかもしれない。

・シルクロードS(G3) 稍重 16着
・阪神C(G2) 稍重 17着
・ニュージーランドT(G2) 稍重 15着

これを見ても惨敗したレースは良馬場以外なのである。

そう考えると、この馬も洋芝の函館は合わない可能性はあるんじゃないかなと思う。(函館2歳Sは勝ってるものの、2歳時の成績はあてにしにくい)

3番人気は舐められた印象もあるんだが、不安要素もあるんじゃないかと付け加えておきたい。


■結論

有力馬があてにしにくいので、穴狙いをしたいと思う。

開幕週なので逃げ・先行馬から選びたいし、洋芝適性も重視したい。

◎ローレルベローチェ

高松宮記念は前半3F32.7とハイペースになってしまったので、大敗も仕方なし。
今回はアクティブミノルがハナにはこだわらないと陣営がコメントしており、自分のペースをコントロールできそうである。
そうなればセントウルS2着のような強い競馬ができるだろう。

そのセントウルSは稍重での競馬だったことを考えると、馬場が重い洋芝もあうのではないだろうか。

「本当に落ち着いていて良かったです。状態は悔いの残らないところまで仕上げられた」
「栗東での追い切りと比べてもらうと分かると思うんですが、坂路やCWコースの4コーナーから直線に向かうまでの落ち着きが全然違う。洋芝の感触をつかめたのもよかった」
と陣営も手ごたえを感じている様子。

好走を期待したい。



東京で行われるユニコーンS(G3))は●●●●●●を買っておけばよいと思う。

単純に抜けて強いと思うからである。

考察とか全然ないので非常にあれなんだが、函館スプリントS(G3)よりこっちのほうが自信ある。

●●●●●●はこちら人気ブログランキングへ


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


「最初のコーナーまでの距離が短いコースでは内枠有利」とは一概に言えないという話


「最初のコーナーまでの距離が短いコースでは内枠有利」

これは競馬を長く嗜んできた方なら、一度は聞いたことがあるのではないだろうか?

コーナーまでの距離が短いと、外枠の馬は内に入れるタイミングがないため、コーナーで外を回らざるを得ず、距離損が発生してしまうというのが理由である。

それが本当なのか、最初までのコーナーへの距離だけが異なるコースを比較することで検討したいと思う。

(例えば阪神1400mは阪神1200mのスタート位置を200m後ろにしただけである。つまり阪神1400mは阪神1200mと比較して、最初の直線を200m余分に走るだけなのである。)

■札幌1000m(205.5m)&1200m(405.5m)
※カッコ内は最初のコーナーまでの直線距離

コーナーまでの距離‗枠順複勝率(札幌)


■阪神1200m(258.2m)&1400m(458.2m)
※カッコ内は最初のコーナーまでの直線距離

コーナーまでの距離‗枠順複勝率(阪神)


■京都1200m(316.2m)&1400m内(516.2m)&1600m内(716.2m)
※カッコ内は最初のコーナーまでの直線距離

コーナーまでの距離‗枠順複勝率(京都内回り)


■新潟1600m(547.9m)&1800m(747.9m)&2000m外(947.9m)
※カッコ内は最初のコーナーまでの直線距離

コーナーまでの距離‗枠順複勝率(新潟外回り)


各データのサンプル数が少ないので断定することはできないものの、これを見てもらったら「最初のコーナーまでの距離が短いコースでは内枠有利」とはとても言えないことが分かるだろう。


では、なぜこのような結果が発生するのだろうか?

その答えは脚質別のデータを見ることで解決できそうである。


■阪神1200m(先行)&1400m(先行)

コーナーまでの距離‗枠順複勝率(阪神・先行)


■阪神1200m(差し)&1400m(差し)

コーナーまでの距離‗枠順複勝率(阪神・差し)


こちらを見てもらえれば分かるが、先行馬の場合は、最初のコーナーまでの距離が短いと内枠有利の傾向が顕著である。

ただ差し馬の場合は、逆に最初のコーナーまでの距離が短いと内枠有利の傾向が軽減されるのである。

恐らく最初のコーナーまでの距離が短いと外の馬が内へとカットインしてくるため、内枠の馬は不利を受けたり、窮屈な競馬を強いられやすくなるのが原因だろうか。


いずれにせよ最初のコーナーまでの距離による枠順の有利不利を考える際には、脚質も併せて考えることが必要ということである。

まとめ
・最初のコーナーまでの距離が短いコースでは内枠有利とは一概に言えない
・先行馬の場合は有利になるものの、差し馬の場合は内枠有利の傾向が軽減される


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


各コースにおける最初のコーナーまでの距離を纏めてみた


よく競馬新聞や競馬ブログなどを見ていると、「●●競馬場の▲▲▲▲mは直線までの距離が長いので、先行争いが激化しやすく、差し馬有利」とか「●●競馬場の▲▲▲▲mは直線までの距離が短いので、コーナーで内を取りやすい内枠有利」といったコメントを見かける。

これらが事実なのかはまた別途検証することにして、各コースにおける最初のコーナーまでの距離を纏めておくのは、意味がありそうなので、ちょっと纏めてみることにした。

まずは芝コースである。


■札幌(芝)
・1000m 205.5m
・1200m 405.5m
・1500m 170m
・1800m 185.1m
・2000m 385.1m
・2600m 164.6m


■函館(芝)
・1000m 289.1m
・1200m 489.1m
・1800m 275.8m
・2000m 475.8m
・2600m 262.5m


■福島(芝)
・1000m 211.7m
・1200m 411.7m
・1700m 205.3m
・1800m 305.3m
・2000m 505.3m
・2600m 211.7m


■新潟(芝)
・1000m -
・1200m 444.9m
・1400m 635.3m
・1600m 547.9m
・1800m 747.9m
・2000m(内) 436.4m
・2000m(外) 947.9m
・2200m 636.4m
・2400m 836.4m


■東京(芝)
・1400m 342.7m
・1600m 542.7m
・1800m 156.6m
・2000m 126.2m
・2300m 249.5m
・2400m 536.1m
・2500m 449.5m
・3400m 259.8m


■中山(芝)
・1200m 275.1m
・1600m 239.8m
・1800m 204.9m
・2000m 404.9m
・2200m 432.3m
・2500m 192.0m
・3600m 337.7m


■中京(芝)
・1200m 315.5m
・1400m 515.5m
・1600m 199m
・2000m 314.1m
・2200m 514.1m


■阪神(芝)
・1200m 258.2m
・1400m 458.2m
・1600m 444.4m
・1800m 644.4m
・2000m 330.5m
・2200m 530.5m
・2400m 309.0m
・3000m 369.2m


■京都(芝)
・1200m 316.2m
・1400m内 516.2m
・1400m外 511.7m
・1600m内 716.2m
・1600m外 711.7m
・1800m 644.4m
・2000m 308.7m
・2400m 597.3m
・3000m 217.4m
・3200m 417.4m


■小倉(芝)
・1000m 279m
・1200m 479m
・1700m 171.5m
・1800m 271.5m
・2000m 471.5m
・2600m 243.9m


東京1800m、2000mは最初のコーナーまでの距離が短いことで有名だが、それ以外だと札幌1500m、札幌1800m、札幌2500m、中山2500m、中京1600m、小倉1700mあたりも短いことが分かる。

また新潟コースが全般的に最初のコーナーまで距離が長いのはよく知られていることであるが、個人的には京都コースは直線までの距離が長いというのは意外であった。


まとめ
・コーナーまでの距離が短いコース:
札幌1500m、1800m、2500m、東京1800m、2000m、中山2500m、中京1600m、小倉1700m

・コーナーまでの距離が長いコース:
福島2000m、新潟1400m、1600m、1800m、 2000m(外)、2200m、2400m、東京1600m、2400m、中京1400m、2200m、阪神1800m、2200m、京都1400m内・外、1600m内・外、1800m、2400m


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ



エプソムC(G3)予想 ◎エキストラエンド

まずはブログランキングが200位以内に入った。クリックされた方にはお礼を申し上げる。
というわけで、ランキングがある程度維持されてるようなら、重賞予想を続けたいと思う。

というわけでエプソムCの予想。

【展望】
今回逃げを主張しそうなのがマイネルミラノだけということで、ペースはそれほど早くならないと見る。
また内枠有利の東京1800mということで、内枠の先行馬で良い馬がいたら狙いたい。


【有力馬の見解】

ルージュバック
馬がどうこうというより、この人気じゃ買えないかなと。
この馬の場合、きさらぎ賞の勝ち方が評価され続けているんだろうけど、常に過剰人気である。
(競馬で儲けたかったら、勝ち馬予想の精度を上げるより、オッズに妙味がない馬を買わないほうがよっぽど簡単だし、よっぽど重要である)

一般論としても東京1800mの混合戦で1番人気の牝馬を買いたくはないし、大外枠もマイナスなので、消しといてよいかなと。
(参考:牝馬の得意・苦手コースを調べてみた

まあ来たらごめんなさいします。


ロジチャリス
出馬表を見た時はこの馬が狙い目かなと思ったのだが、重賞初挑戦の馬を2番人気で買える気はしない。
そもそも前走メイS(OP)の走りが評価されるかなと思うが、いかんせん2着馬はゼロスだし、OPクラスのレースとしても相手関係が楽過ぎただけかなと。

この馬も来たらごめんなさいします。


フルーキー
いつも伸びそうで伸びないというのがこの馬の特徴。器用なタイプで加速はスムーズだし、脚はちゃんと使うけど、スピードの絶対値が足りないんだろうなとみている。
東京コースはスピードの絶対値が必要とされることが多いので、この馬が勝ち切るイメージは湧かないのである。
デムーロってのは怖いけど、外枠もマイナスだし、消しでいいかな。


・・・というわけで人気馬の中に買いたい馬がいないので、穴狙いをしてみたいと思う。


【結論】

◎エキストラエンド

まあ展望でも書いた通り、内枠の先行馬に合致している馬ということで、この馬に本命を打つ。

というか、3走前の東京新聞杯(G3)で2着に入っているのに、現在11番人気、単勝45.8倍と嘘のように人気を落としているのだから、狙わない手はないだろう。

その東京新聞杯だが、最後の直線でダッシングブレイズが強引に割り込んでくる影響もあって、なかなか追い出すことができないという不利もあった。それがなければスマートレイヤーとももう少し差のない競馬ができていたと思う。
このレースを見てもわかる通り、序盤ペースが上がらない展開を、好位からしぶとく粘るのがこの馬の特徴なので、今回はそういったレースを期待できるのではないだろうか。

また陣営はずぶくなったことを気にしているようで、1600m→1800mへの距離延長はプラスに出る可能性も高い。そのうえ鞍上も内田騎手と追える騎手を確保できたので、ちゃんと最後まで走らせてくれるのではと期待する。

◎の単複
※単勝30倍、複勝4倍が目安


マーメイドSの予想は気が向いたら、明日の早朝までにアップする。
ただ今のところ、●●●●●●が本命候補で、おそらく変わらないんじゃないかと思う。

●●●●●●はこちら人気ブログランキングへ


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


今後の重賞予想について

安田記念は残念な結果となった。

モーリスがこけるとしたら東京コースで行われる安田記念ではないかと予想し、そこは正しかったのだが、いかんせん対抗する馬を間違えた。

デムーロなら一発やってくれると思ったが、まさか出遅れをかましてくれるとは!!!
※そのことについてはどこかで一度詳しく述べたいとは思う…

で、今日はその話ではなく、いったいどれくらいの人に重賞予想って興味を持たれているのだろうか?

元々ブログの趣旨としては、「競馬予想に役に立つ考え方やデータを提供する」というもので、予想自体を提供することは目的の優先度としてはそこまで高くない。

単純にこれまでG1の予想を提供してきたのは、ちゃんと競馬について考えると、プラス収支を実現できることを証明したかっただけである。

で、実際はというと安田記念を盛大に外してしまったので偉そうな顔はできないが、それでもこの春のG1は単勝回収率:247%、複勝回収率:118%なのだから、まあそれなりに褒めてもらえる内容ではないだろうか。

・フェブラリーS ◎ノンコノユメ 複勝110円
・高松宮記念 ◎アルビアーノ 複勝170円
・桜花賞 ◎ジュエラー 単勝500円、複勝240円
・皐月賞 ◎リオンディーズ 外れ
・天皇賞 ◎アルバード 外れ
・NHKマイルC ◎イモータル 外れ
・ヴィクトリアM ◎ストレイトガール 単勝1770円、複勝410円
・オークス ◎シンハライト 単勝200円、複勝110円
・ダービー ◎ディマジェスティ 複勝140円
・安田記念 ◎ロサギガンディア 外れ


で、ある程度目的は達成できているので、春のG1も終わることだし、予想公開を止めようかなってのが今考えていることである。

とはいえ、読者の方が予想公開を楽しみにしてくれているのならば、もう少し続けても良いかなとも思っている。(ブログとして公開している以上読者の方の要望に適ったコンテンツを提供すべきだという思いもあるし、そうすることでこのブログの読者を増やしたいというブログ主としての自らの欲求もある)

ということでアンケートを取りたいと思う。

重賞予想の公開を希望する方は下の人気ブログランキングへのリンクをクリックしてほしい。

ある程度の人数がいるようだったら、引き続き予想を後悔したいと思う。

人気ブログランキングへ

※アンケートと称して、ブログランキングへの誘導を行うことはご容赦願いたい。少しでもランキング上位を目指したいのである。
※なおコラムやデータの更新は随時行うので、そちらは心配しないでもらいたい。



↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


安田記念(G1)予想 ◎ロサギガンティア

【展望】

普通に考えたらモーリスで仕方ないと思う。

まあ週の半ばに「「海外遠征明け初戦の馬は危険」というのが本当か調べてみた」みたいな記事を書いたのは、できればモーリスの不安要素を探ってみたかったというわけなんだが、(そしてあわよくばリアルスティールも消してみたかった)、まあ結果としては「海外遠征明けはややマイナスではある可能性が高いものの、はっきりしたことは言えない」という何とも煮え切らない結果となった。

ただ、単勝オッズ1.6倍、複勝オッズ1.1倍ととても買えたものではないので、あくまでモーリスの死角を探していきたい。(ただ少頭数なので紛れを求めるのも難しいかなって気はしている)


【有力馬の見解】

モーリス
もう強いのは分かり切っているので、あえて死角を書いてみたい。
現在7連勝中、G1だけでも4連勝中と逆らうのが難しい感じではあるんだが、一番厳しい戦いになったのが、去年の安田記念だった。

・安田記念 1.32.0
・マイルCS 1.32.8
・香港マイルC 1.33.9
・チャンピオンズマイル 1.34.0

と、時計のかかる馬場になればなるほど、パフォーマンスが安定しているように映る。

そう考えてみると、もともとこの馬の評価は「スピード、持久力、瞬発力が高いレベルで備わっているうえに、操縦性が高い」というものであった。つまりは高次元のバランス型で、逆に言うと、爆発的なスピードや瞬発力で、他馬をねじ伏せてきたわけではないのである。

東京マイル1600mは操縦性よりもスピードと瞬発力が求められる舞台だと考えている。
(参考:東京・芝1600m考察(コース形態・枠順・脚質・ラップ)

というわけで、モーリスがこけるとしたらこのレースしかないし、爆発的なスピードもしくは瞬発力を持った馬を刺客として送り込みたい。


リアルスティール
この馬も強いんだが、タイプ的にはバランス型でモーリスと同じ馬のように見える。東京1600mはどうかなと。
これで人気も落ちきっていないので、やっぱり買い辛い。モーリスを嫌うんだから、どーんと穴狙いしたいのである。


サトノアラジン
前走、高速馬場でレコード走ったのだから、今回の爆発的なスピードという条件に最も合致しているような気もする。
が、この馬に騙されるのはもう嫌である。
前走は1400mが嵌っただけだと捉えており、1600mでは同じ競馬はできないであろう。
しかもこの馬もオッズがそれほどついていないので、狙い辛いのである。


イスラボニータ
この馬こそ究極の器用タイプである。買わない。


ロサギガンティア
この馬もサトノアラジン同様1400mのほうがパフォーマンスが良さそうに見える。
でもデムーロだし200mくらいなら持たせてくれるかも…


【結論】

◎ロサギガンティア
サトノアラジンを買わないと言っておきながら、ロサギガンティアを買うという矛盾に挑戦する。
ロサギガンティア本命というより、デムーロ本命なのだから仕方がない。

なんとなくだが、モーリスが負けるとしたら、こういうところで空気を読まない外国人騎手かなと。
予想もへったくれもないんだが、まあ相手が強すぎるのでこういうこともあるということでご容赦してほしい。


◎の単勝、複勝
※単勝10倍、複勝2.5倍が目安
※当然だが、ブックメーカーのほうがオッズがつく場合はそちらから購入する
(参考:ブックメーカで馬券を購入しないのは馬鹿というお話



ちなみに、もっと大穴を狙いたい方は●●●●●●をお薦めする。近走成績は厳しいが、枠・騎手と穴をあけるには十分の条件が揃っている。狙うとしたらここしかないかなと。

●●●●●●はこちら人気ブログランキングへ


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ