高松宮記念(G1)予想


【参考になりそうな過去記事】

中京芝1200m考察(コース形態・枠順・脚質・ラップ)
年齢が競走馬の競争能力に与える影響について
高齢馬は短距離では買えない、長距離で買えというのは本当か?


【有力馬の見解】

ミッキーアイル
去年の高松宮記念3着、スプリンターズS4着とG1レベルでも通用することは証明済。また前走の阪急杯でも快勝しており1番人気になるのも納得の成績ではある。

が、不安要素がないわけではない。

特にテンのスピードが速いわけではない点が気になる。この馬過去に7勝しているが、そのすべてがハナを切っているレースである。つまりハナを切っていないレースでは勝てていないのである。
というわけで、当然ながら「ハナ宣言」をしているが、テンのスピードを見る限り、アクティブミノルとハクサンムーンを差し置いて、ハナを切ることができるとは思えない。ハナを切れない展開の中で勝ち切ることができるかは大いに不安がある。

他にも松山騎手が大丈夫か?とか、時計勝負になった時についていけるのか?とか、差し馬有利の中京で粘れるのか?など克服しなければいけない障壁はまあまあある。1番人気で買える馬だとは思えないというのが、私の見解である。


ビッグアーサー
これまで10戦して1着6回、2着2回、いまだキャリアを通じて掲示板を外したことがないという堅実な馬。

だが、重賞ではTV西日本北九州記念(G3)2着、京阪杯(G3)2着、阪神C(G2)3着と好走はしているものの、いまだ勝ち星はない。つまりまだオープン馬なのであり、格の面で大いに不安がある。

また、京都コースでのパフォーマンスが一番良いのも不安。中京芝1200mは京都1200mとは大きく傾向が異なる。スピードだけではなく、そのスピードの持続力も問われる舞台は合わないのではないだろうか。

というわけで2番人気で買いたい馬ではない。


アルビアーノ
前走の夕刊フジオーシャンS(G3)は強い競馬だった。5着に敗れているが上りは33.8で最速。しかも最後の直線でドン詰まると言う致命的な不利があってのものだった。このレースを見たときから、この馬の本命を実は決めているのである。

鞍上は引き続きルメールと言うのもいいし、枠順も良いところを引いた。
距離はマイルまでこなせる馬なので、狙うとしたらスプリンターズSよりは高松宮記念だろう。

まあ前走は1200mの流れについていけておらず、また位置取りが後方になるのではという不安がないわけではない。
が、中京なら多少位置取りが後ろになっても挽回可能だろうし、またルメール騎手がペースへの慣れも見込めるし前走のような位置取りにはしないとコメントしていることからそこまで杞憂しなくてもよいのではとも思っている。


ウリウリ
そこまで卓越したスピードがあるわけではないが、長く良い脚を使えるという点で、中京は最適な舞台だろう。
だが、いかんせん近走の内容が悪すぎる。
特に重馬場で行われた京都牝馬Sは、この馬にとっては勝ちパターンのように見えたが、伸びきることができず、能力の衰えを感じさせるものであった。
この人気では買えないだろう。



【結論】

◎アルビアーノ

ただ、土曜日の中京は1000万下でコースレコードが出るというおかしな馬場状態になっている。
つまりこれまでの中京芝1200mの傾向から考えても意味がないかもしれない。

日曜日の傾向も踏まえたうえで、最後の結論は出してほしいが、もし引き続き高速馬場が続くようであれば、馬券の購入は控えるかもしれない。


↓参考になったという方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ


高齢馬は短距離では買えない、長距離で買えというのは本当か?

競馬界に蔓延る格言の中に「ベテラン馬は長距離向き」「短距離レースは若い馬」といったものがある。


とあるサイトにも下記のように書いてあった。

短距離馬は競走馬として完成するのが早いため、4、5歳の時点でピークを迎える馬が多いからである。
そして、短距離馬のピークは短い。ここで言うピークとは、絶好調である期間のこと。
ピークが長い長距離馬に比べ、短距離馬はピークが圧倒的に短い。
長距離馬を線香花火だとすると、短距離馬は打ち上げ花火のように、華やかに咲いては散ってゆく。


が、なぜ短距離馬のピークが短いのか述べられていないため、どうにも納得しきれない部分が残る。


というわけで、データ的にどうなのか調べてみることにした。

【芝の場合】

■短距離戦(1200m)の成績(年齢別)
短距離戦(1200m)の成績(年齢別)
※2006.1~2015.12

■長距離戦(2400m以上)の成績(年齢別)
長距離戦(2400m以上)の成績(年齢別)
※2006.1~2015.12


【ダートの場合】

■短距離戦(1200m)の成績(年齢別)
短距離戦(1200m)の成績(年齢別)ダート
※2006.1~2015.12

■長距離戦(2400m以上)の成績(年齢別)
長距離戦(2400m以上)の成績(年齢別)ダート
※2006.1~2015.12


どの年齢においても長距離戦のデータで勝率や連対率が高くなっているのは、1レース当たりの出走頭数が違うためである。
そのため単純な数値の比較に意味はないことに注意してほしい。

というわけで、4歳時の勝率、連対率、複勝率を100とした時に、7歳時の数値がどのようになっているのか、短距離・長距離別に比較してみた。
※なおダートは長距離戦のデータサンプル数が少ないため、検討対象外とする。

・短距離:単勝34、連対42、複勝48
・長距離:単勝31、連対32、複勝44


こうして見てみると短距離戦・長距離戦共に、年齢の増加と共に競争成績は低下するものの、短距離戦の方が低下の割合が緩やかであることが分かるだろう。

つまり、「ベテラン馬は長距離向き」というのは嘘ということになる。

加齢の影響は短距離よりも長距離戦の方が大きいというのが結論である。

まとめ
・高齢馬は短距離では買えない、長距離で買えというのは嘘
・ただし、短距離・長距離に関わらず、年齢が増加するに従い好走確率が下がることに注意が必要
・ただ回収率ベースではそこまで年齢を重視する必要はなさそう


↓参考になった方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ


中京芝1200m考察(コース形態・枠順・脚質・ラップ)


高松宮記念(G1)の舞台となる中京芝1200mについて考察してみる。

pic_course_3d (C)

pic_Ccourse_shiba.gif

最初の100mは緩い登りだが、その後は800mほど下りが続き、前傾ペースになりやすいのが特徴。

3コーナーから4コーナーへのカーブはスパイラルカーブ。そのため内枠より外枠が有利のデータが出ている。
スパイラルカーブについて知りたい方はこちら

また、ちょうどこのカーブの辺りは下りになっており、外の方がよりスピードに乗りやすいという点も影響している。


最後の直線は410.7mと1200m戦の中では最も長い。かつ100mの間に2m登る急坂がある。
(これは中山の急坂と同程度の傾斜であり、急坂であることは覚えておいた方が良い。)

そのため前の馬が粘りにくく、差し馬が届きやすいことには注意が必要である。

なおこのコースのレコードは1分8秒0。このレコードは全競馬場の1200mのレコードの中で最も遅いタイムである。G1が行われるコースでありながら、タイムが出ていないことには注意を払いたい。

消耗戦になりやすく、スピードで押しきれるコースではないことを示している。


【参考データ】

※中京の改修工事が2012年に行われたため、それ以降のデータとなっている。そのためサンプル数が十分にないことは注意していただきたい。


■枠番別成績
中京芝1200(枠順)
※2012.3-2015.12

■脚質別成績
中京芝1200(脚質)
※2012.3-2015.12

■平均ラップ(馬齢・クラス別)
中京芝1200(ラップタイム)
※2012.3-2015.12

まとめ
・スピードで押し切るのが難しいコース
・他競馬場の1200m戦とは傾向が違うことに注意(持ち時計は重要ではない)
・差し馬有利
・外枠有利


↓参考になったという方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ


「若手騎手は人気では買えない」というのが本当か調べてみた


前回の記事「「見習い騎手(減量騎手)を短距離で狙え」という格言は正しいのか調べてみた」に引き続き、今回も見習い騎手(減量騎手)を取り上げてみたいと思う。

次なる若手騎手に関する格言は「若手騎手は人気では買えない」というものである。

人気になると、プレッシャーを感じてしまい、普段の実力が出せないというのが理由でだそうだ。
これも「見習い騎手(減量騎手)を短距離で狙え」同様に一見正しく見えるが、実際の所どうなのか調べてみた。


■見習い騎手(減量騎手)の人気別成績
減量騎手(人気別)
※2006.1~2015.12


■見習い騎手(減量騎手)以外の人気別成績
減量騎手以外(人気別)
※2006.1~2015.12


両者を比較すると分かるが、別に見習い騎手(減量騎手)が上位人気で狙いにくいということはない
ほとんど差はないものの、見習い騎手の方がやや成績が良いくらいである。


逆に人気薄の場合、見習い騎手の成績が下がるという結果が見られる。
穴馬を持ってくるだけの実力はないということだろうかもしれないが、まあ数字上は大差ないので、ほとんど気にしなくても良いだろう。

まとめ
・見習い騎手は人気では買えないという事実はない
・逆に穴馬を持ってくる確率が少し低いという逆の現象は発生している(気にするほどではないが…)


↓参考になった方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ


「見習い騎手(減量騎手)を短距離で狙え」という格言は正しいのか調べてみた

藤田菜七子騎手のデビューで賑わっている競馬界。
藤田菜七子絡みの馬券を応援馬券として買っている競馬ファンの方もいるのではないだろうか?


さて、そんな見習い騎手(減量騎手)に関するある競馬の格言がある。

それは「見習い騎手は短距離戦で狙え」というものである。

まだ若手の騎手はレース経験が少なく、ペースをつかめない。そのため長距離戦では成績が上がらないが、ペース配分が複雑ではない短距離戦なら十分に狙えるというのが論拠らしい。

もっともらしいが、実際のところどうなのか、調べてみることにした。


■減量騎手の距離別成績(平場戦)
減量騎手(距離別)

※2006.1~2015.12

こちらを見てもらえば1000~1300mでの好走確率が最も高いことが分かるだろう。

※意外と言ったら怒られそうであるが、「見習い騎手(減量騎手)を短距離で狙え」という格言は一定の信憑性があったのである。

そして、1400m~1600mになると急に好走確率が低下することが分かる。
その後1700m以降になると好走確率が緩やかに改善されるというように見える。

これは推測ではあるが、距離が伸びるにつれて、斤量の影響が大きくなることが理由ではないだろうか。
よく知られているように若手騎手はデビューして5年以内の騎手は、勝利数に応じて、軽い斤量での騎乗が許可されているのである。(平場戦のみ)

・30勝以下:-3㎏▲
・31勝~50勝:-2㎏△
・51勝~100勝:-1㎏☆

とはいえ、2500m以上はサンプル数が少ないので、何とも言えないところであるが…


なお、減量騎手以外の距離別成績もあわせて掲載しておく。

■減量騎手以外の距離別成績(平場戦)
減量騎手以外(距離別)

※2006.1~2015.12


これを見れば、どの距離であろうとも見習い騎手は買えないという結果になる。
(有力馬に乗せてもらえないので、勝率や連対率が低いのは仕方がないが、回収率でも優位ではない)


まとめ
・若手騎手は1000m、1200m戦の成績が最も良い
・ただし、若手以外の騎手と比較して、優位なわけではないことに注意が必要


↓参考になった方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ


ドバイ・シーマクラシック出走馬紹介:Gailo Chop(ゲーロショップ)


ドバイシーマクラシック出走馬紹介3頭目はGailo Chop(ゲーロショップ)である。

現在Williamhillsのオッズでは単勝15.0倍の4番人気に支持されている。

IFHAが発表している2015競走馬ランキングではレーティング116で、これは日本馬で言うとアドマイヤデウスやフェームゲーム、フィエロ、ハクサンムーン、イスラボニータあたりと同じ数字である。
この時点でドゥラメンテが負ける気はしないが、まあ念のため先を続ける。

戦績は14戦8勝、マッキノンS(G1)1着、イスパーン賞(G1)2着あたりが目立った実績だろう。


というわけで、まず一番最近のレースかつG1戴冠となったマッキノンS(G1)を見てみる。


※白の帽子、7番の馬

2着馬Rising Romanceに一度は交わされながらも、最後差し返しているあたり勝負根性は中々のものがありそうである。
が、Rising Romanceはニュージーランドの馬であるが、お世辞にもレベルが高いとは言えないニュージーランドですらG1を勝てていない馬である。この馬と激戦を繰り広げている時点で、世界最高峰レースの一つであるドバイシーマクラシックで勝負できるようには思えないのだが、それは見くびりすぎだろうか。

本当はもうこれ以上見る必要もない気はするんだが、念のためイスパーン賞(G1)の動画もチェックしてみよう。


※白の帽子、2番の馬

まさかの4頭立てである!

だが1着のSolowはかなり強い馬でこれまで18戦して13勝。現在は10連勝中で、しかもそのうち5つがG1である。この中には去年のDubai Turf(ドバイ・ターフ)1着も含まれている。

また今年のDubai Turf(ドバイ・ターフ)にも出走予定で、現在ブックメーカーでは1.73倍の単勝1番人気に支持されている。同じく出走予定のリアルスティールが単勝6.0倍の3倍人気の評価を受けていることを考えれば、Solowの強さがイメージできるのではないだろうか。

で、このSolow相手に2馬身差というのは評価できるんじゃないかと一瞬思ったんだが、やはりラップを見て考えを改めた。
850mの通過が54秒85、以降、1250mで1分17秒49、1450mで1分28秒28、1650mで1分39秒89という超スローペースなのだ。まあさすがにこれなら粘れるよねと思う。

というわけで、この馬もドゥラメンテの敵ではないだろう。

かなりドゥラメンテにはチャンスがあるように思われ、もう3.25倍ついている今のうちに馬券を買っとこうかなと思わなくもない。

Dubai Sheema


ブックメーカーの登録はこちら。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


※もしバナーリンクが表示されない場合は、AdblockをOFFにしてほしい

なお登録方法が分からない方はこちら。
ブックメーカーの登録方法


↓参考になった方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ


ドバイ・シーマクラシック出走馬紹介:Dariyan(ダリヤン)


前回のPostponed(ポストポンド)に続いて、今回はDariyan(ダリヤン)を取り上げる。

現在Williamhillsのオッズでは単勝8.0倍の3番人気に支持されている馬である。

IFHAが発表している2015競走馬ランキングではレーティング117で、これは日本馬で言うとキタサンブラックやジャングルクルーズと同じ数字である。

戦績は8戦3勝、ユージンアダム賞(G2)でG2を勝ったことはあるものの、G1勝ちは未だにない。


というわけで、まず一番最近のレース、Dubai City of Gold(G2)を見てみる。


※緑の帽子、4番の馬

1着馬は先日紹介したPostponed(ポストポンド)である。
紹介記事はこちら

もうこれだけ見てもらえば、この馬がPostponed(ポストポンド)に勝つことはないと分かってもらえるのではないか。

直線向いてからの手ごたえからして全然違うのが分かるだろう。

というわけで、Williamhills(ブックメーカー)では単勝しか買えないので、もうPostponed(ポストポンド)に先着できないと見切った時点で、これ以上の検討は不要である。


ブックメーカーの登録はこちら。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


※もしバナーリンクが表示されない場合は、AdblockをOFFにしてほしい


なお登録方法が分からない方はこちら。
ブックメーカーの登録方法


↓参考になったという方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ


パドックでは落ち着いてた方がいいのか、気合が乗ってたほうがいいのか調べてみた


よく競馬放送を見ているとパドック解説の方が、「適度に気合が乗っていて良いですね」だの、「入れ込み過ぎていて不安です」だの、「落ち着きすぎていて元気がない」などと馬の様子についてコメントしているケースが見られる。
その口調ぶりは、あたかもその馬の様子が、レース結果に重要な影響を与えるかのような口ぶりである。

だが、実際の所、そういったコメントは人の主観が入りすぎていて、科学的な客観性がないように見えるのも事実である。

というわけで、「パドックでの落着きがどれほどレース結果に影響するのか」、「落ち着いている方がいいのか、入れ込んでいる方がいいのか」について調べてみたところ、面白い研究記事を発見した。

これは日本中央競馬会競走馬総合研究所、楠瀬 良さんのコラム“競走馬のこころ”からの引用である。
http://www.equinst.go.jp/JP/arakaruto/keibabook/100808shin43.html


装鞍所での個々の出走馬の行動を一頭ずつ観察し、落ち着いているか否かを一定の評価基準をもとにスコアとして記録しました。すなわち出走を前にした馬の落ち着き具合を、解析しやすいように数値化したわけです。

私たちは、こうした調査を東京、阪神、札幌の各競馬場において、合計約6000頭の馬を対象にして実施し、さまざまな角度から解析しました。その結果、競走馬は年齢が上がるほど、また出走経験が増えるほど落ち着きが出てくること、牡馬に比べて牝馬のほうが落ち着いていることなどの成績を得ました。これらの成績は、長年競馬を見てきた人の経験と合致するものと思われます。

もちろん、私たちは、この観察で得られたスコアと、その馬のその日の競走成績との関連についても解析をおこなったのですが、そこでは大変興味深い成績を得ることができました。

解析では、競馬場ごとに年齢別に分けて検討しました。その結果、全ての競馬場の全ての年齢のレースにおいて、落ち着いている馬のほうが、落ち着きのない馬に比べて先着する傾向が認められたのです。この傾向が特に顕著だったのは2歳馬のレースで、札幌競馬場の2歳馬のレースでは、最も落ち着いていた馬の集団は、最も落ち着きのなかった馬の集団に比べて、平均1.5着先着していました(n=158, r=0.12)。

ただし残念なことがひとつあります。全ての競馬場の全ての年齢のレースで、落ち着いている馬のほうが、落ち着きのない馬に比べて先着する傾向が共通して認められはしたのですが、その相関係数は低値で、統計学的には有意ではありませんでした。統計学的に有意ではないということは、簡単にいえば馬券検討の参考にはなりにくいということを意味します。実際には、落ち着き払った馬が負ける場合も、パドックで大騒ぎをしていた馬が勝つ場合も、大いにありうるということです。

ただし集団としてとらえた場合には、競馬を前にして落ち着いていられる馬のほうが、勝つ確率が高くなることは確かです。馬券は一頭ごとの勝負となりますが、たくさんの馬を競馬場で走らせる生産牧場や育成牧場、厩舎としては、全体として勝つチャンスを少しでも高めることは重要といえます。そのためには、陣営の馬をストレスに動じない、競馬を前にしても落ち着いていられるように教育することが必要なことといえるでしょう。


纏めると下記の通りである。

まとめ
・落ち着いている馬の方が、入れ込んでいる馬よりも競争成績が良い傾向は見られる
・ただし、競争結果との相関は低く、つまり予想のファクターとして重要視する蓋然性はない


↓参考になった方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ


ドバイ・シーマクラシック出走馬紹介:Postponed(ポストポンド)


我らがドゥラメンテの世界デビュー戦となるドバイシーマクラシック。

今からワクワクが止まらないわけだが、本ブログでも集中的に取り上げたいと思う。

一頭目はPostponed(ポストポンド)

現在Williamhillsのオッズではドゥラメンテを抑えて単勝2.5倍の1番人気に支持されており、ドゥラメンテの対抗1番手と言って良いだろう。

IFHAが発表している2015競走馬ランキングでもPostponedもドゥラメンテもレーティングは同じ121で27位タイである。


戦績は14戦6勝、キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスステークス(G1)の勝ち馬と実績もある。
相手にとって不足なしだろうか。


というわけで、まずキングジョージⅥ世&クイーンエリザベスステークス(G1)を振り返ってみる。


※黄色い帽子、5番の馬

本来は2015年英ダービー馬Golden Horn(ゴールデンホーン)が人気になるメンバーだったが、直前に回避。そういったこともあり7頭立てと小頭数でのレースとなった。ちなみにメンバーは平地のG1馬がおらず、レベルが高いとはお世辞にも言えないものである。

ハナ差で2着のEagle Top(イーグルトップ)にしても凱旋門賞で15着という事で、別に弱い馬じゃないんだろうが、世界のトップ級とは言えないだろう。


次に一番最近のレース、Dubai City of Gold(G2)を見てみる。
ドバイシーマクラシックと同じメイダン競馬場の芝2410mで行われたレースなので、参考になるだろう。


※黄色と黒の水玉帽子、6番の馬

持ったまま直線で抜け出し、後続の馬に3馬身差をつける強い勝ち方である。
しかも 勝ちタイム2:27.90も優秀である。
※去年のドバイシーマクラシッ勝馬Dolniyaの勝ちタイムは2:28.21

この時の2着馬はDariyan。香港ヴァーズ(G1)の3着馬なので知っている人は知っているかもしれない。この馬に完勝なのだから、やっぱり弱い相手ではないってことだろうか。

ただ絶対に敵わないという印象は受けないので、ドゥラメンテが3.75倍つくならドゥラメンテの馬券を買って、応援したいように思う。

Dubai Sheema2

ドゥラメンテに賭けたい方はこちらからブックメーカーの登録を!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


※もしバナーリンクが表示されない場合は、AdblockをOFFにしてほしい


なお登録方法が分からない方はこちら。
ブックメーカーの登録方法


↓参考になったという方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ


叩き3走目が狙い目というのは本当なのか?


よく競馬放送などで「●●は叩き3戦目で狙い目です」などと解説者の方がコメントしているのを目にする。
「休んで緩くなっていた身体がちょうど絞られる」だとか「レース勘が戻る」というのが理由らしい。

だが,果たして本当に叩き3戦目と言うのは狙い目なのだろうか?

疑問に思って調べてみた。


■休み明けからのレース数別成績
休み明け3
※2006.1~2015.12


見ていただくと分かるが、休み明けの成績は悪く、その後レース数を重ねるごとに成績は上昇する

そして5戦目でピークを迎え、そこからは緩やかに成績は低下し出す

つまり一番の狙い目は叩き5戦目ということになる。

なお回収率から見た場合でも、叩き5戦目が一番狙えるという結果になっており、叩き3戦目はそこまで良い狙いとは言えないというのが、このデータから分かることである。


まとめ
・叩き3戦目が一番狙えるという事実はない
・あえて言うのならば叩き5戦目が最も狙いが立つ


↓参考になったという方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ