休み明けの馬を狙う時、馬体重は前走比プラスが良い?マイナスが良い?


休み明けの馬は買いか、消しか、過去データを調べてみた」で書いた通り、基本的に休み明けの馬は狙いにくい。

とはいえ、休み明けでも買いたい時というのはあるだろう。

その際に馬体重を参考にすると良いというのは、よく聞く話である。


「休み明けでプラス体重の馬は絞れていないという事なので、嫌った方が良い」という話を聞いたこともあるし、逆に「休み明けにも関わらずマイナス体重の馬は、体調が悪いことが多いので、嫌った方が良い」という話を聞いたこともある。


いったいどちらが正しいのか、調べてみた。


休み明けの競走馬全成績(馬体重増減別)
休み明け馬体重(全体)
※2006.1~2015.12


見ていただいたら分かるが、マイナス体重は成績がいまいちで、プラス体重の方が成績が良いという結果が表れた。


が、「年齢が競走馬の競争能力に与える影響について」で書いた通り、4歳までは競走馬は成長するので、体重が増えた馬(成長した馬)は成績が良くなると考えることも可能である。


というわけで、2~3歳、と4歳以上に分けてデータを見てみた。


【2~3歳】休み明けの競走馬全成績(馬体重増減別)
休み明け馬体重(2~3歳)
※2006.1~2015.12


【4歳~】休み明けの競走馬全成績(馬体重増減別)
休み明け馬体重(4歳~)
※2006.1~~2015.12


年齢別で見ても。若駒のほうがやや傾向は強く出るものの、全体的にプラス体重のほうが成績はよく、マイナス体重は成績が悪いという結果が出た。

というわけで、休み明けはただでさえ狙いにくいが、マイナス体重の馬には更に注意をしてほしい。


まとめ
・休み明けの場合、マイナス体重は成績が下がる傾向gああるので注意が必要
・プラス体重で出てくる分にはそれほど気にする必要はない(ただし休み明けそのものが減点ではある)


↓参考になったという方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ


2歳戦は誕生月が1月、2月の早生まれ馬が有利という話


年齢が競走馬の競争能力に与える影響について」という記事の中で、競走馬は2歳から3歳にかけて急激に成長するということを書いた。

と、するとまだ能力が安定するまでの3歳後半までは、サラブレットの生まれ月が競走成績に影響を与えるのではないかという仮説が成り立つ。


人間の子供にしても、幼稚園や小学生の間は4月生まれの子供のほうが、3月生まれの子供より、身体が大きかったり、運動能力が高かったりするのと同じ論理である。


というわけでデータを調べてみた。


2歳戦
2歳戦(生月)
※2006.1~2015.12

3歳戦
3歳戦(生月)
※2006.1~2015.12


見ていただいたら分かるが、2歳戦では、1月、2月が誕生月の早生まれの馬の成績が良いことが分かる。

また3歳戦になると、誕生別の影響が小さくなっていることが分かるだろう。

というわけ2歳戦では誕生月にも注目して欲しい。


2歳戦については「2歳戦は仕上がりが早い小柄な馬が有利というのは嘘という話」という記事も書いてあるので、そちらもご参照いただきたい。

まとめ
・成長中の2歳時には、誕生月により、競争能力に違いが見られる
・1月、2月生まれの競走馬には注意が必要


↓参考になったという方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ


競走馬の距離適性に影響を与えるミオスタチンとは?


ミオスタチンとは筋量を抑制する遺伝子である。

ミオスタチンの機能が向上すれば筋抑制効果が増し、筋量は減少する。
逆に、ミオスタチンの機能が低下すれば筋抑制効果が減り、筋量は増加する。


結果として、筋量に影響を与えるミオスタチンは、競走馬の距離適性に影響を与えているというのが、本記事の要旨である。


といっても当たり前だが、これは私の研究結果ではない。

公益財団法人 競走馬理化学研究所 遺伝子分析室の戸崎 晃明さんの記事からの受け売りである。


ミオスタチン(筋抑制因子)と競走馬の距離適性
http://www.b-t-c.or.jp/btc_p300/btcn/btcn89/btcn089-05.pdf




こちらの記事によると、競走馬はC/C型、C/T型、T/T型の3種類に分類されるらしい。

で、それぞれのタイプによって、特異な距離は異なるとのことである。

C/C型(筋量は多め ) 1,000~1,800m 
C/T型(筋量はふつう ) 1,200~2,000m
T/T型(筋量は少なめ )  1,800m以上


なお記事の中で、ミオスタチンの種類による違いが距離適性に対して完全な指標とならないことが書かれてあるので、その点には注意してほしい。
といっても、我々が各馬のタイプを知ることは難しいので、予想に生かすことはほぼ不可能なのだが…


まとめ
・ミオスタチンとは筋量を抑制する遺伝子
・競走馬はC/C型、C/T型、T/T型の3種類に分類され、距離適性も異なる


↓参考になったという方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ


競馬にスリップストリームはあるのか?


マラソンと水泳から学べる流体力学」という記事を読んだ。

F1や自転車競技のように高速のスピードを競う競技でスリップストリームがあるのは良く知られた話であるが、マラソンのようにそこまで速度が大きくない競技でもスリップストリームはあるという内容である。

ということはマラソンより遥かに早いスピードで競い合う競馬でも当然スリップストリームは発生しているのではないだろうか?、そう思い調べてみると、一つの論文を発見することができた。

Speed, pacing strategy and aerodynamic drafting in Thoroughbred horse racing【英語】
http://rsbl.royalsocietypublishing.org/content/early/2012/02/27/rsbl.2011.1120


サラブレッド競走における、速度、ベース戦略および 空気力学的牽引力(スリップストリーム)【概要のみ:日本語】
http://www.equinst.go.jp/JP/bunken/13022.pdf



結論だけを述べると、競馬において空気抵抗は大きな意味を持っており、レースに使うエネルギーの約17%は空気抵抗を克服することに使われる


また、レース中の75%の時聞に渡って他馬の後ろに入っていれば、空気抵抗を軽減することができエネルギー温存が可能であり、3~4着ほど順位を上げることができるという事であった。


つまり競馬にもスリップストリームはあるのである。


※ただし、英語の論文を見たところ、かなりラフな数値を用いて計算を行っているため、効果の度合いについてどこまで信用して良いかは不明である。が、一定の影響はあることは間違いないだろう。


なおこの論文では、どういうペース配分で走ると、競走馬が最も速いタイムで走ることができるか、という点についても書かれてある。
もし興味があればご覧いただきたい。


まとめ
・競馬にもスリップストリームはある
・レース中の75%の時聞に渡って他馬の後ろに入っていれば3~4着ほど順位を上げることができる(かもしれない)


↓参考になったという方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ


2歳戦は仕上がりが早い小柄な馬が有利というのは嘘という話


たまに2歳戦についての予想を見ていると、「●●は小柄な馬なので、仕上げやすく、初戦から期待できる」みたいなコメントを見かけることがある。

が、「競走馬は馬体重が大きい方が成績が良いという話」でも書いた通り、競馬は基本的に大柄な馬の方が良い成績を残すというデータがある。

また、「年齢が競走馬の競争能力に与える影響について」でも書いた通り、競走馬は4.5歳まで成長を続けるわけだが、その成長度合いには個別差があるはずで、大型馬の方がより早く成長している可能性が高いのではないか、という仮説も成り立つ。

というわけで、実際の所どうなのかデータを調べてみた。

2歳戦データ
馬体重(2歳)
※2006.1~2015.12

【参考】全レース
馬体重
※2006.1~2015.12の


見ていただいたら分かるが、馬体重が大きい馬の方が有利である。

しかもそれは全レースにおける傾向よりも顕著であり、2歳戦はより体重が重い馬の方が好走しやすいことが分かる。


通常2歳戦は過去に走ったレースも少ないため、能力を正確に見積もるのは難しい。
そのため血統などを重視される方もいるようだが、一つの観点として、馬体重に注目してみても良いかもしれない。


まとめ
・2歳戦はより体重が重い馬の方が好走しやすい
・500kg以上の馬には注目


↓参考になったという方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ


【払戻率・控除率】競馬はカジノやパチンコより更に不条理なギャンブルであるという話


当たり前の話だが、競馬には払戻率・控除率というものがある。

・「払戻率」 賭け金に対して戻ってくる割合
・「控除率」 胴元が利益として得る割合

なお「払戻率(%) =100%-控除率(%)」の関係がある。


で、競馬では馬券によってこの払戻率が異なることに注意しなければならない。

払戻率
http://www.jra.go.jp/keiba/reimbursement_rate/

見てもらえれば分かるが、

単勝・複勝>馬連・枠連・ワイド>馬単・3連複>3連単

である。


単勝・複勝は比較的期待値が高く、3連単は何の工夫もなく買うと一番儲けにくい券種ということになる。
(ただ3連単は本来の期待値と実際のオッズが乖離しているケースが多いため、一概に駄目な馬券とは言えない)


なお、この70%~80%という払戻率は、非常に不親切な設定であることは知っておいてもよいだろう。

他のギャンブルと比較すると、カジノ(ルーレット・バカラなど)は98%程度だし、パチンコでさえも87.5%なのだから……


最後に、この競馬の払戻率を改善する方法があるので、ぜひ活用してほしい。
ブックメーカで馬券を購入しないのは馬鹿というお話

まとめ
・競馬の払戻率は70~80%で他ギャンブルと比較しても低い水準である
・ただブックメーカーを使うと改善することができる(詳細はこちら


↓参考になったという方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ


休み明けの馬は買いか、消しか、過去データを調べてみた


私が競馬を始めたころは、「休み明けは割り引いた方が良い」という意見が大勢であった。

体調が万全ではない、体重が絞り切れていない、レース勘が戻っていないなど様々な理由が挙げられていたと思う。


が、一方で、最近では「休み明けは気にしなくてよい」という意見を見かけるようにもなった。

以前と違って、牧場やトレセンでの仕上げ能力が向上しているので初戦から狙えるという話であったり、休み明けは必要以上に嫌われるので期待値的には敢えて狙った方が良いといった話である。


というわけで、休み明けのデータについて調べてみた。


なおデータ自体は仕上げに評判の高いノーザンファームしがらきとノーザンファーム天栄が整備される前後、(2005.1-2009.12)と(2011.10-2015.12)で出してみた。
※ノーザンファームしがらきのオープンは2010年秋、ノーザンファーム天栄のオープンは2011年9月である。


2005.1-2009.12
休み明け2

2011.10-2015.12
休み明け


見ていただいたら分かるが、競争成績を見る限り、基本的に休み明けが買えるという事実はない

また近年のほうが仕上げが上手になっており、休み明けの成績が良くなっているという傾向も見られなかった。


馬券の回収率を見ても、積極的に休み明けを狙う理由は見当たらないように見える。(まあ休み明けを嫌う必要もないようにも見えるが)


ただ、「これだけ勝ちたい奴は休み明けを買え」という本があるくらいであるから、恐らく買える条件というのもあるのだろう。
というわけで、今後、そのような条件を模索してみたいと思う。

が、「一般的には休み明けは買えない」ということは覚えておいでよいだろう。

まとめ
・休み明けは好走率は下がる
・馬券的には、休み明けを嫌う人が多いため、そこまで期待値は悪くならないが、積極的に狙うほどではない


↓参考になったという方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ


フェブラリーS予想


【参考になりそうな過去記事】

年齢が競走馬の競争能力に与える影響について
ダートでは馬体重が大きい馬がより有利であるという話
東京ダート1600m考察(コース形態・枠順・脚質・ラップ)


【有力馬の見解】

ノンコノユメ
チャンピオンズC2着からの参戦。1着のサンビスタが引退したことを考えれば、1番人気になるのは当然と言えるだろう。鞍上のるメール騎手も東京ダート1600mにおける複勝率が45.3%と嘘みたいに高い数字を叩き出しており、死角はないようにも見える。

が、いくつか気になる点があるので、それを指摘しておきたい。

まずは脚質である。
この馬の魅力は最後の末脚である。追い込み馬らしく豪快な勝ち方をするため、強く見えるのは分かるのだが、競馬において追い込みというのはそれだけで不利である。(コースロスは大きいし、脚を余す可能性もある)。実際、武蔵野Sではタガノエトワール相手に取りこぼしかけているし、チャンピオンズCも内をうまくすくえた為に、コースロスがほとんどなかったことを忘れてはいけない。

次に馬体重である。
この馬は450㎏とダートG1に出走してくる馬の中では、極端に馬格が小さい。(今回のフェブラリーSにしてもほとんどの馬は500㎏以上あることを確認してほしい)。
チャンピオンズCでは古馬相手に2㎏の斤量差があったが今回はその恩恵も消える。馬格の小さいノンコノユメにとって、この斤量の変化はもしかしたら大きい可能性はあるように思う。
※とはいえ、武蔵野Sで58㎏を克服してるので、問題ないという見方のほうが妥当かもしれない。

というわけで、一応死角をあげてみたが、それでも勝利に一番近いところにいるのは間違いないように思う。あとは単勝オッズ2.5倍をどう捉えるかだろうか。


モーニン
根岸Sの勝ち馬。このレースはやや出負けした感じだったが、それでもすっと先団に取り付き、直線に入ってそうそうに先頭に立って押し切るという強い勝ち方だった。負かした相手が東京ダート1400mは鬼のタールタンに、武蔵野Sで先着を許したタガノエトワールだったというのは価値が高いと思う。

現在2番人気なのは武蔵野Sでノンコノユメとの直接対決に負けたからだろうが、その武蔵野Sは乱ペースに巻き込まれて、本来の力を出せていたなかった。また陣営はそのため、もう一度再戦すれば差が縮まることはあるかもしれない。

有力馬の中で一番良い枠を引いたのはこの馬だし、鞍上はデムーロというのも強調材料である。

というわけで本当は本命はこの馬にしようと思っていたのだが、いまテンションが下がっているのは馬場状態である。この馬のベストパフォーマンスは秋嶺ステークスだと思っている。このレースは前半600mが33秒8というハイペースだったのだが、モーニンは3番手から上がり最速で押し切ってしまった。で、この時の馬場状態は良馬場。おそらくモーニンは良馬場のほうがパフォーマンスが高いのである。

逆にノンコノユメは馬格が小さいこともあり、脚抜きの良い馬場の方が良いはず。ということで、良馬場なら十分に逆転のチャンスがあると踏んでいたわけである。

が、きっと明日は良馬場にはならないだろう…。非常に残念である。


コパノリッキー
フェブラリーS3連覇がかかっているこの馬。まだ6歳馬なので能力の衰えを心配する必要はないはずだが、いかんせんここ2走の内容が悪い。

前走の東京大賞典ではサウンドトゥルーにまさかの1.5秒差をつけられる大敗。9歳馬のワンダーアキュートにまで先着を許したのは、さすがにいただけないだろう。

前々走のチャンピオンズCにしてもガンピット、クリノスターオーあたりに絡まれて厳しい展開になってしまった点については同情できるものの、ハイペースになった時に押し切れるだけの力はないことを露わにしてしまったともいえる。実際、過去2年のフェブラリーSでは展開に恵まれた感は否めない。2014年はスローペースだし、2015年も道中13秒台にラップが落ちており息の入る展開だった。

で、今回はというと、モンドクラッセ、スーサンジョイ、タガノトネールと先手を主張しそうな馬が揃っているのはコパノリッキーにとってマイナス。内枠も良くないし、出遅れのリスクもある馬だし、ということを考えると、ちょっと買い辛い。


【結論】

良馬場なら◎モーニン
稍重・重馬場なら◎ノンコノユメ
不良馬場なら◎ロワジャルダン。


※なお馬券はブックメーカとJRAのオッズを見比べながら買うことにする。
ブックメーカで馬券を購入しないのは馬鹿というお話

↓参考になったという方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ


東京・ダート1600m考察(コース形態・枠順・脚質・ラップ)


フェブラリーS(G1)の舞台となる東京ダート1600mについて考察してみる。

pic_course_3d.jpg

pic_course_durt.gif

上図を見てもらえれば分かるが、スタートから約150mは芝を走るコース。芝スタートが苦手な馬は割引が必要である。
※なお芝スタートのコースは東京ダ1600m、京都ダ1400m、阪神ダ1400m、阪神ダ2000m、中山ダ1200m、福島ダ1150m、新潟ダ1200m、中京ダ1400mなので、これらのコースのレース歴を確認するとよいだろう。


またスタートから最初の直線まで約600mあるため、ペースは上がりやすく、基本的には前傾ペースとなる。


最後の直線も501.6mと、ダートコースの中では最長。そのため、比較的差し馬、追い込み馬でも好走しやすいコースと言えるだろう。だが注意しなければならないのは、決して差し馬、追い込み馬有利ではないこと。あくまで他コースよりも好走しやすいというだけで、逃げ馬・先行馬を買った方が良いことは忘れてはいけない。


枠順は極端なまでに外枠有利。特に1枠の成績が悪いことには注意を払いたい。


【参考データ】

枠番別成績
東京ダート(枠)

脚質別成績
東京ダート(脚質)

平均ラップ(馬齢・クラス別)
東京ダート(ラップタイム)


まとめ
・外枠有利
・芝スタートが苦手な馬は割引
・前傾ラップになるものの、馬券の中心は逃げ馬・先行馬が望ましい


↓参考になったという方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ


地方競馬は砂が深いため、時計がかかるというのは嘘という話


時たま競馬ブログを見ていると、「中央と地方のダート戦は別物である。なぜなら地方のほうが砂が厚く敷かれているため、よりパワーが必要とされるからである」などと記載されていることがある。

が、これは嘘である。

砂厚
※参照:http://blog.livedoor.jp/dirt_topics/archives/1319501.html

見ていただいたら分かるが、浦和・船橋・笠松は中央の競馬場と同じ砂厚だし、大井・川崎に至っては中央よりも薄いくらいである。
(しかも浦和・船橋・大井・川崎の南関東4競馬場は納品先まで中央競馬と同じである)

従って、一概に中央のダートと地方のダートは別物であると捉えるのは危険なのである。

よく誤解している競馬ファンがいるので、ぜひ気を付けてもらいたい。

まとめ
・浦和・船橋・笠松・大井・川崎は中央競馬と同じもしくは更に薄い砂厚である
・中央より深くパワーを必要とするのは門別、盛岡、水沢、金沢、名古屋、園田、姫路、高知、佐賀である


↓参考になったという方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ