「ダートは芝と比べて高齢馬でも活躍できる」という話が本当か調べてみた


芝のレースに比べ、ダートレースは高齢馬でも活躍できるという話を聞いたことがある。ダートの方が芝よりも脚元の不安が少ないため、長く活躍できるというのが理由である。

ただ怪我の心配ははともかくとして、心肺機能は年齢と共に落ちていくという事実は芝馬、ダート馬を問わない筈である。
【参考】年齢が競走馬の競争能力に与える影響について

それならばダートなら高齢馬でも活躍できるというのは眉唾のように思うのだがいかがであろうか?というわけで調べてみた。


■芝の重賞
・出走馬の平均年齢:5.4歳
・1着馬の平均年齢:4.9歳
・1~3着馬の平均年齢:5.0歳

■ダートの重賞
・出走馬の平均年齢:5.6歳
・1着馬の平均年齢:4.9歳
・1~3着馬の平均年齢:5.2歳

※2007.1~2016.12:2歳限定・3歳限定の重賞を除く


ややダートの方が高齢でも活躍しているように見えなくもないが、その差はそれほど大きくなく、予想をするうえで、「ダートは高齢馬でもOK」と言えるわけではないことが分かるだろう。

やはり当初の想定通り、サラブレットである以上、芝馬であろうがダート馬であろうが、加齢には勝てないという事かと思う。

まとめ
・ダート馬は芝馬よりも高齢でも活躍できるというのは嘘


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


牝馬の年齢による衰えについて調べてみた


以前「年齢が競走馬の競争能力に与える影響について」という記事を書いた。

簡単に言うと競走馬のピークは4歳の秋にピークを迎え、6歳になるくらいから衰えだすという内容である。

で、その記事では馬個体の一般論の話をしているわけであるが、実際に競争能力が低下した馬は引退していくという点は考慮していない。

つまり馬というものは6歳以降能力は低下していくが、そういった馬は引退してしまうはずであり、現役馬だけで見ると、競争能力が低下していない高齢馬だけが残るはずで、そんなに高年齢だからと言って、嫌う必要はないんじゃないかという仮説は成り立つ。

特に牝馬の場合は、限られたエリートしか種牡馬になれない牡馬とは違って、ほとんどの牝馬が繁殖牝馬になれるわけで、もう勝てないなと思ったら、すぐに引退してしまうことも可能なのだ。

というわけで、実際のデータを調べてみた。(牝馬限定戦のみのデータ抽出)

■牝馬・年齢別成績(1~3月)
牝馬(年齢別成績・1~3月)
※2006.1-2015.12

■牝馬・年齢別成績(4~6月のレース)
牝馬(年齢別成績・4~6月)
※2006.1-2015.12

■牝馬・年齢別成績(7~9月のレース)
牝馬(年齢別成績・7~9月)
※2006.1-2015.12

■牝馬・年齢別成績(10~12月のレース)
牝馬(年齢別成績・10~12月)
※2006.1-2015.12

これを見てもらえば、6歳馬の成績が悪いことが分かると思う。

出走数自体6歳になると急激に減少することから、多くの馬が繁殖へ行ったものと想像されるが、繁殖に行かずに現役で頑張っている馬の成績は必ずしも好ましいものではないようだ。

それどころか、このデータだけ見ると、5歳の春から急激に好走率が下がっているようである。

一般的には6歳から競争能力は低下すると言われているのだが、もしかすると牝馬のほうが、競争能力のピークは速いのかもしれない。(誰か理由がわかる人がいれば教えてください)

まとめ
・6歳以上の牝馬の競争成績はかなり悪い
・5歳の春ごろからすでに競争成績の悪化が見られる


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


高齢馬は短距離では買えない、長距離で買えというのは本当か?

競馬界に蔓延る格言の中に「ベテラン馬は長距離向き」「短距離レースは若い馬」といったものがある。


とあるサイトにも下記のように書いてあった。

短距離馬は競走馬として完成するのが早いため、4、5歳の時点でピークを迎える馬が多いからである。
そして、短距離馬のピークは短い。ここで言うピークとは、絶好調である期間のこと。
ピークが長い長距離馬に比べ、短距離馬はピークが圧倒的に短い。
長距離馬を線香花火だとすると、短距離馬は打ち上げ花火のように、華やかに咲いては散ってゆく。


が、なぜ短距離馬のピークが短いのか述べられていないため、どうにも納得しきれない部分が残る。


というわけで、データ的にどうなのか調べてみることにした。

【芝の場合】

■短距離戦(1200m)の成績(年齢別)
短距離戦(1200m)の成績(年齢別)
※2006.1~2015.12

■長距離戦(2400m以上)の成績(年齢別)
長距離戦(2400m以上)の成績(年齢別)
※2006.1~2015.12


【ダートの場合】

■短距離戦(1200m)の成績(年齢別)
短距離戦(1200m)の成績(年齢別)ダート
※2006.1~2015.12

■長距離戦(2400m以上)の成績(年齢別)
長距離戦(2400m以上)の成績(年齢別)ダート
※2006.1~2015.12


どの年齢においても長距離戦のデータで勝率や連対率が高くなっているのは、1レース当たりの出走頭数が違うためである。
そのため単純な数値の比較に意味はないことに注意してほしい。

というわけで、4歳時の勝率、連対率、複勝率を100とした時に、7歳時の数値がどのようになっているのか、短距離・長距離別に比較してみた。
※なおダートは長距離戦のデータサンプル数が少ないため、検討対象外とする。

・短距離:単勝34、連対42、複勝48
・長距離:単勝31、連対32、複勝44


こうして見てみると短距離戦・長距離戦共に、年齢の増加と共に競争成績は低下するものの、短距離戦の方が低下の割合が緩やかであることが分かるだろう。

つまり、「ベテラン馬は長距離向き」というのは嘘ということになる。

加齢の影響は短距離よりも長距離戦の方が大きいというのが結論である。

まとめ
・高齢馬は短距離では買えない、長距離で買えというのは嘘
・ただし、短距離・長距離に関わらず、年齢が増加するに従い好走確率が下がることに注意が必要
・ただ回収率ベースではそこまで年齢を重視する必要はなさそう


↓参考になった方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ


2歳戦は誕生月が1月、2月の早生まれ馬が有利という話


年齢が競走馬の競争能力に与える影響について」という記事の中で、競走馬は2歳から3歳にかけて急激に成長するということを書いた。

と、するとまだ能力が安定するまでの3歳後半までは、サラブレットの生まれ月が競走成績に影響を与えるのではないかという仮説が成り立つ。


人間の子供にしても、幼稚園や小学生の間は4月生まれの子供のほうが、3月生まれの子供より、身体が大きかったり、運動能力が高かったりするのと同じ論理である。


というわけでデータを調べてみた。


2歳戦
2歳戦(生月)
※2006.1~2015.12

3歳戦
3歳戦(生月)
※2006.1~2015.12


見ていただいたら分かるが、2歳戦では、1月、2月が誕生月の早生まれの馬の成績が良いことが分かる。

また3歳戦になると、誕生別の影響が小さくなっていることが分かるだろう。

というわけ2歳戦では誕生月にも注目して欲しい。


2歳戦については「2歳戦は仕上がりが早い小柄な馬が有利というのは嘘という話」という記事も書いてあるので、そちらもご参照いただきたい。

まとめ
・成長中の2歳時には、誕生月により、競争能力に違いが見られる
・1月、2月生まれの競走馬には注意が必要


↓参考になったという方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ


年齢が競走馬の競争能力に与える影響について


競馬予想をしていると、年齢を気にされる方も多いのではないか?
8歳馬のような高齢馬を見ると、無条件で消す競馬ファンのかたも少なくはないのではと想像する。

だが、実際のところ、競走馬の年齢はどれほど競走馬の能力に影響を与えているのだろうか?

疑問に思って調べてみたところ、面白い論文を見つけたので紹介したいと思う。


The Effect of Age on Thoroughbred Racing Performance
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4013968/



こちらは2011年に発表されたアメリカにおける研究結果である。

6歳以上かつ45以上のレースに出走した274頭の牡馬を追跡調査することにより、スピードと年齢の関係性を調査してある。
(細かい調査方法はリンク先から参照してほしい)

この調査における結果が下記のグラフである。

The Effect of Age on Thoroughbred Racing Performance


こちらを見ていただければ、競走馬の競争能力は2歳から4歳にかけて急成長し、4.5歳でピークを迎え、6.0歳あたりから緩やかに低下していくことが見て取れるだろう。

3歳馬が古馬に挑むのがいかに難しいかも、このデータから読み取ることができる。

また 8歳にもなると競争能力が15%程度低下しており、高齢馬を嫌うのはそれなりに理に適っているように見える。
※もちろん競馬予想の際は、個体によって違うことには注意してほしい。

まとめ
・競走馬の能力は2歳から4歳にかけて急成長する
・ピークは4.5歳(4歳の秋とか冬)である
・6歳以降、競争能力は緩やかに低下する


↓参考になったという方、クリックお願いします
  にほんブログ村 競馬ブログへ