スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


斤量は短距離戦より長距離戦の方が影響が大きいという話


斤量は短距離戦より長距離戦の方が影響が大きいのではと言う仮説がある。

長距離戦のほうが長く走る分、より斤量による影響は大きいのではないかというのが理由である。

一方で、斤量はスタートへの影響が大きく、スタートが重要な短距離戦のほうが斤量は重要という説もあった。

というわけで、長距離戦と短距離戦に分けて、ハンデ戦における斤量別の成績を調べてみた


長距離戦(2500m~)
集計期間:2007.12.23 ~ 2017.11.18
---------------------------------------------------------------------------
斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------------------------------
~49kg 1- 0- 0- 32/ 33 3.0% 3.0% 3.0% 39 11
49.5~51kg 8- 9- 10- 130/ 157 5.1% 10.8% 17.2% 163 126
51.5~53kg 24- 27- 20- 360/ 431 5.6% 11.8% 16.5% 92 82
53.5~55kg 45- 40- 68- 566/ 719 6.3% 11.8% 21.3% 113 81
55.5~57kg 39- 43- 24- 258/ 364 10.7% 22.5% 29.1% 83 72
57.5~59kg 9- 7- 4- 52/ 72 12.5% 22.2% 27.8% 93 72
---------------------------------------------------------------------------


短距離戦(1000m~1400m)
集計期間:2008. 1.13 ~ 2017.12.17
---------------------------------------------------------------------------
斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
---------------------------------------------------------------------------
~49kg 0- 2- 0- 44/ 46 0.0% 4.3% 4.3% 0 13
49.5~51kg 19- 23- 16- 771/ 829 2.3% 5.1% 7.0% 36 56
51.5~53kg 140- 139- 158-2543/2980 4.7% 9.4% 14.7% 81 77
53.5~55kg 251- 272- 280-3100/3903 6.4% 13.4% 20.6% 71 86
55.5~57kg 166- 145- 130-1085/1526 10.9% 20.4% 28.9% 77 80
57.5~59kg 28- 22- 21- 128/ 199 14.1% 25.1% 35.7% 68 72
---------------------------------------------------------------------------


これらのデータからは、軽量馬の活躍は、長距離戦でより見られることが分かる。

つまり、斤量は長距離戦のほうが短距離戦よりも、より影響を与えているということになる。

長距離戦の予想では、短距離戦での予想よりも、より斤量を重視しても良いのではないだろうか?


まとめ
・ 斤量は短距離戦より長距離戦の方が影響が大きい


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


スポンサーサイト


「前走不良馬場を走った馬は、次走危険である」というのが本当か調べてみた


「前走不良馬場を走った馬は、次走危険である」といった言説が、競馬新聞や競馬ブログで掲載されていることがある。

不良馬場は馬への負担が大きく、疲労が貯まるため、次走凡走するリスクが高まるというのが理由であるらしい。

というわけで、本当かどうか調べてみた。


◆前走馬場状態別集計(芝→芝のレースのみ)
集計期間:2007.11.23 ~ 2017.11.19
--------------------------------------------------------------------------------
前走馬場 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
--------------------------------------------------------------------------------
芝・ 良 11148- 11224- 11065-114328/147765 7.5% 15.1% 22.6% 71 75
芝・稍重 1647- 1577- 1557- 16352/ 21133 7.8% 15.3% 22.6% 73 74
芝・ 重 662- 688- 689- 6768/ 8807 7.5% 15.3% 23.2% 77 79
芝・不良 251- 233- 222- 2535/ 3241 7.7% 14.9% 21.8% 96 77
--------------------------------------------------------------------------------

上記を見てもらえれば分かるが、勝率、連対率、複勝率にそこまで大きな差は見られなかった

むしろ単勝の期待値は高いという結果が見られている。「前走不良馬場で勝利した馬は、疲労が溜まっていると錯覚され、オッズが付きやすい」、もしくは「前走不良馬場で勝利した馬は、通常の馬場で走るかどうか疑心暗鬼になっている競馬ファンが多くオッズが付きやすい」あたりが理由だろうか。

いずれにせよ、競馬予想の際にはそこまで意識する必要はないのではないだろうか。

まとめ
・前走不良馬場を走った馬の次走成績が悪いというのは嘘


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


「偶数枠は有利、奇数枠は不利」というのは本当か調べてみた


「スタートが良くない馬なので偶数枠希望」
「スタートを待たされることになる奇数枠は不利」

競馬新聞や競馬ブログを読んでいるとこういった言説を目にすることがある。

実際レースを見ていれば分かるが、ゲート入れは通常、奇数枠→偶数枠→大外枠の順で行われる。

奇数枠に入った馬はスタートまで待たされるため、集中力を欠いたり、興奮したりしやすく、出遅れやすいというのが理由らしい。

というわけで実際に調べてみた。

----------------------------------------------------------------------------
馬番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
----------------------------------------------------------------------------
偶数 17333- 17058- 16911-191889/243191 7.1% 14.1% 21.1% 75 77
奇数 17161- 17436- 17567-201285/253449 6.8% 13.7% 20.6% 69 73
大外 2540- 2476- 2329- 26992/ 34337 7.4% 14.6% 21.4% 74 76
----------------------------------------------------------------------------

※データは過去5年。(2012.3~2017.3)

データを見てもらえれば分かると思うのだが、成績は奇数枠→偶数枠→大外枠の順で良くなっている。

つまりスタートまで待たされる時間が短ければ短いほど、成績が良くなるということがデータ上示されたわけである。
(大外枠の成績が良いのは揉まれにくい、砂を被りにくい(ダートの場合)などの影響もありそうだが…)

まとめ
・奇数枠より偶数枠に入った馬の方が成績は良い


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


出遅れが有名なデムーロ騎手について調べてみた


出遅れが有名なデムーロ騎手について、少し調べてみた。

調査前の仮説は下記二つである。

①出遅れてもスムーズに追走できる外枠の方が成績が良いのではないか?
②出遅れにくい偶数枠の方が成績が良いのではないか?



まず「①出遅れてもスムーズに追走できる外枠の方が成績が良いのではないか?」についてであるが、下記のようになった。

-----------------------------------------------
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------
内枠 142-102-76-476/938 17.8% 30.6% 40.5%
外枠 193-152-127-637/1109 17.4% 31.1% 42.6%
-----------------------------------------------


勝率だと内枠が良く、連対率・複勝率は外枠の方が良いという結果である。というわけで外枠の方が買いやすい気がしないでもないが、内外でそこまで顕著な差はないというのが結論である。


次に「②出遅れにくい偶数枠の方が成績が良いのではないか?」について調べてみた。

-----------------------------------------------
馬番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------
偶数 169-128- 91-583/971 17.4% 30.6% 40.0%
奇数 166-126-112-530/934 17.8% 31.3% 43.3%
-----------------------------------------------

信じられないことであるが、後入れで出遅れにくいと言われている偶数枠の方が成績が悪い

つまりデムーロは「出遅れにくい偶数枠を買った方がよい」という競馬の一般則は当てはまらないことになる。

恐ろしい人である。

以上、あまり役に立たないかもしれないが、デムーロ騎手の出遅れ考察であった。


【参考データ 】

-----------------------------------------------
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------
1枠 33- 31- 23- 95/182 18.1% 35.2% 47.8%
2枠 36- 23- 22-118/199 18.1% 29.6% 40.7%
3枠 32- 25- 19-125/201 15.9% 28.4% 37.8%
4枠 41- 23- 12-138/214 19.2% 29.9% 35.5%
5枠 38- 42- 36-133/249 15.3% 32.1% 46.6%
6枠 47- 36- 23-157/263 17.9% 31.6% 40.3%
7枠 61- 43- 38-169/311 19.6% 33.4% 45.7%
8枠 47- 31- 30-178/286 16.4% 27.3% 37.8%
-----------------------------------------------

-----------------------------------------------
馬番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
-----------------------------------------------
1番 29- 22- 16- 63/130 22.3% 39.2% 51.5%
2番 17- 16- 14- 73/120 14.2% 27.5% 39.2%
3番 24- 18- 17- 85/144 16.7% 29.2% 41.0%
4番 22- 16- 10- 77/125 17.6% 30.4% 38.4%
5番 23- 24- 13- 64/124 18.5% 37.9% 48.4%
6番 29- 19- 14- 82/144 20.1% 33.3% 43.1%
7番 22- 12- 16- 64/114 19.3% 29.8% 43.9%
8番 25- 16- 13- 83/137 18.2% 29.9% 39.4%
9番 16- 15- 18- 62/111 14.4% 27.9% 44.1%
10番 14- 19- 16- 79/128 10.9% 25.8% 38.3%
11番 22- 10- 10- 75/117 18.8% 27.4% 35.9%
12番 23- 20- 4- 75/122 18.9% 35.2% 38.5%
13番 20- 14- 15- 62/111 18.0% 30.6% 44.1%
14番 24- 12- 10- 55/101 23.8% 35.6% 45.5%
15番 9- 10- 7- 44/ 70 12.9% 27.1% 37.1%
16番 11- 10- 9- 45/ 75 14.7% 28.0% 40.0%
17番 1- 1- 0- 11/ 13 7.7% 15.4% 15.4%
18番 4- 0- 1- 14/ 19 21.1% 21.1% 26.3%
-----------------------------------------------

※データは過去5年のもの。(2012.3~2017.3)


まとめ
・内枠・外枠で成績に顕著な差はない
・なぜか偶数枠より奇数枠の方が成績が良い


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


「ダートは芝と比べて高齢馬でも活躍できる」という話が本当か調べてみた


芝のレースに比べ、ダートレースは高齢馬でも活躍できるという話を聞いたことがある。ダートの方が芝よりも脚元の不安が少ないため、長く活躍できるというのが理由である。

ただ怪我の心配ははともかくとして、心肺機能は年齢と共に落ちていくという事実は芝馬、ダート馬を問わない筈である。
【参考】年齢が競走馬の競争能力に与える影響について

それならばダートなら高齢馬でも活躍できるというのは眉唾のように思うのだがいかがであろうか?というわけで調べてみた。


■芝の重賞
・出走馬の平均年齢:5.4歳
・1着馬の平均年齢:4.9歳
・1~3着馬の平均年齢:5.0歳

■ダートの重賞
・出走馬の平均年齢:5.6歳
・1着馬の平均年齢:4.9歳
・1~3着馬の平均年齢:5.2歳

※2007.1~2016.12:2歳限定・3歳限定の重賞を除く


ややダートの方が高齢でも活躍しているように見えなくもないが、その差はそれほど大きくなく、予想をするうえで、「ダートは高齢馬でもOK」と言えるわけではないことが分かるだろう。

やはり当初の想定通り、サラブレットである以上、芝馬であろうがダート馬であろうが、加齢には勝てないという事かと思う。

まとめ
・ダート馬は芝馬よりも高齢でも活躍できるというのは嘘


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。