スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


長距離戦が得意な種牡馬について調べてみた


長距離戦というのはそんなに頻繁に行われいるわけではないため、過去の戦績だけから各馬の長距離適性を見極めるのは困難であることが多い。

そのため、長距離戦になると血統を予想の重要なファクターに入れる競馬ファンの方が多いように思う。
(その行為の是非はここでは問わないことにする。個人的にはよく分からないので予想のファクターにはしていないのだが…)

今回はそういった方々の参考になるように、種牡馬別に長距離戦の成績を調べてみた。
(なおここで長距離戦というのは距離が2500m以上のレースを指すものとする)


■長距離戦における種牡馬別成績(芝)
種牡馬別成績(長距離芝)
※2006.1-2015.12
※なお100戦以上のサンプル数が取れなかった種牡馬は上記データから除外してある



こうやってみると、中距離戦とは全然違う傾向がでるので、やっぱり種牡馬による距離適性の影響はあってしかるべきなのだろう。
(中距離戦で見るとディープインパクトが圧倒的に強い)

まあ遺伝によって「C/C型、C/T型、T/T型」と分類され、それによって得意距離が違うということは分かっているのだから、当然と言えば当然なのだが…。
【参考記事】競走馬の距離適性に影響を与えるミオスタチンとは?


で、これだけ見るとサンデー系だとハーツクライ産駒、ステイゴールド産駒が狙い目であることが分かる。また回収率ベースだと非サンデー系のエルコンドルパサー産駒やオペラハウス産駒が狙い目のようである。

逆にディープインパクト産駒は好走率、回収率のどちらでも狙うことはできない

またダンスインザダーク産駒なんかは長距離で狙い目と教わった記憶もあるんだが、このデータからは狙えないという結果が出ている。

まとめ
・ハーツクライ、ステイゴールド、エルコンドルパサー、オペラハウス産駒あたりが狙い目
・ディープインパクト産駒は割引


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ
スポンサーサイト


母方の影響を無視して血統予想をするのは馬鹿だという話


血統予想を見ていると、父方の血統については語るものの、母方の影響についてはほとんど無視するような論説が目立つ。

例えば「ダンスインザダーク産駒は長距離戦が得意」だとか、「ディープインパクト産駒は雨で割引」のようなものである。

これは正しいのだろうか?

私は競馬を始めた当初から、この理論に違和感があった。子供というのはお父さんの影響だけではなく、お母さんの影響も受けるはずである。それなのに父方の影響にフォーカスして予想するのは正しい姿勢なのだろうか?


そんな長年の疑問を解決するような記事が2015年8月に発表されていた。

競走能力は父馬よりも母馬からの影響が大きいとする研究



この記事の概要は以下の通りである。

----------------------

・競走馬を4つグループに分けてみる
 1.エリート母馬/エリート父馬(EE)
 2.エリート母馬/プア父馬(EP)
 3.プア母馬/エリート父馬(PE)
 4.プア母馬/プア父馬(PP)
※サンプルはオーストラリアの競走馬675頭

・それぞれのグループごとに競走馬の成績を見ると、EE>EP>PP>PEの順番であった

・結果、母方の影響が、父方の影響より大きいと考えられる

・母系のみで受け継がれるミトコンドリアDNAが影響しているのではという仮説がある

----------------------

つまりこの研究では、競走馬の能力を血統から判断する場合、父方よりも母方を見た方が良いと言っているのである。


というわけで、もしあなたが血統予想を極めようと思っているのならば、母方の血統であったり、競争成績であったりといったものに目を向けることをお薦めするのである。


なおこのブログ記事には「母方の影響を無視して血統予想をするのは馬鹿」と刺激的なタイトルをつけたが、本当のところ、それは馬鹿というほどの話ではないと思う。(記事にインパクトをつけたかっただけである。ごめんなさい)

なぜなら牡馬なら1年に200頭を超える子供を作ることができるが、牝馬は1年に1頭しか作ることができない。これではデータが不十分なので、予想法として確立するのは難しいのも道理なのである。


【参考サイト】
競走能力は父馬よりも母馬からの影響が大きいとする研究(アメリカ)【生産】(ジャパンスタッドブックインターナショナル )
Potential role of maternal lineage in the thoroughbred breeding strategy(上記記事の元論文・Abstractのみ)


↓参考になったという方、クリックお願いします
  ブログランキング・にほんブログ村へ
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。