オークス(G1)振り返り

◎ディアドラ:4着
○ソウルスターリング:1着
△アドマイヤミヤビ:3着

残り400m地点では単勝・馬連・ワイドと完全的中したのでは?と思い、残り200mでは単勝は駄目だがワイド的中でちょいプラスか?と思い、残り0mで何も的中してないのでは?という急降下を経験したわけですが、皆さんお元気でしょうか?

私はそんなに元気ではありません。

ヴィクトリアMの◎スマートレイヤー4着に続き、またしても本命馬が4着…狙いはそんなに悪くないと思うんですけどね。

またしてもご購入者様の期待に応えられず、本当に申し訳ないです。(これだけ外し続けてるののにご購入いただいている方には感謝しかありません。最終的には必ず回収率はプラスにしたいと思っています…)

オークス17

↓今週の予想はこちら
------
1番人気はソウルスターリング
これまでの阪神JF、チューリップ賞を見る限り世代トップの実力は間違いないだろう。桜花賞は馬場が特殊だったこともあるし、澱みのない展開になったことで、この馬の瞬発力を活かす展開にならなかったのが敗因だと考えている。

で、今回は良馬場でできそうだし、スローペースからの瞬発力勝負になりそうということで、巻き返してくる可能性はかなり高いと考えていた。だが、現時点のオッズは単勝2.6倍、複勝1.4~1.7倍。妙味があるかギリギリのラインだと思う。締め切り前にオッズがもう少し悪くなるであろうことを考えると、今回は勝負には行きにくい。
※オッズがこのままなら複勝勝負するが…


というわけでソウルスターリングに逆らいたいんだが、阪神JF、チューリップ賞で勝負付が終わっていない別路線組か、もしくは距離延長が良さそうな馬あたりが狙い目になる。

普通に考えればアドマイヤミヤビなんかが目につくはずなんだが、出遅れぐせのある馬にデムーロというだけで嫌だし、外枠もどうかなと思う。桜花賞を見ても距離が伸びて良い感じはしないので、このオッズでは買いづらいかな。


そんなこんなで狙うことにしたのがディアドラ
まず桜花賞は後方からの競馬だったわけだが、上がりはソウルスターリングを0.5秒上回る34.9。しかも直線の入り口で前が壁になったことを考えれば、その価値は更に上がるだろう。

次走の矢車賞はドロウアカード、コロナシオンを相手に完勝。
12.5 - 11.0 - 11.7 - 12.5 - 13.3 - 12.5 - 11.7 - 11.2 - 11.4とラスト3F 勝負になったこのレースで、直線を向くところで一気に先行勢を呑みこんだ瞬発力は特筆モノ。桜花賞の好走がフロックでないことを示したし、瞬発力がより問われるオークスに期待を抱かせる内容だった。

そして何より陣営が距離延長を歓迎していることが強調材料。「走ってみないと分からない」という陣営が多い中、「血統、体付きから長いところを目指して育ててきた。距離延長の前走で期待に応えてくれたし、ここも楽しみです」というコメントは心強い。

ハービンジャー産駒のデータを見ても(ページ下部参照)、距離が伸びるのは歓迎のはずで、距離延長で逆転できる馬という当初の狙いに合致する。

というわけで、ここは一発に期待したい。

なお人気馬で消しておきたいのがレーヌミノル。前走は馬場が重くなったことで、先行できる強みを最大限活用することができた。良馬場ではソウルスターリング、アドマイヤミヤビとの勝負付は終わっていると思うし、距離もダイワメジャー産駒ということで長いのではないだろうか?(元々は桜花賞でも長いと言われていた馬である)。オッズがつかないのならまだしも、現在4番人気。妙味はないと思う。


◎ディアドラ
○ソウルスターリング
△アドマイヤミヤビ

◎の単勝、◎-○△の馬連・ワイド

----------------------
参考データ
----------------------

◆ハービンジャー産駒距離別集計
集計期間:2014. 6. 7 ~ 2017. 5. 7
------------------------------------------------------------
距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
------------------------------------------------------------
1000m~1300m 4- 10- 7- 82/ 103 3.9% 13.6% 20.4%
1400m~1600m 39- 40- 59- 337/ 475 8.2% 16.6% 29.1%
1700m~2000m 117- 102- 111- 853/1183 9.9% 18.5% 27.9%
2100m~2400m 25- 21- 19- 191/ 256 9.8% 18.0% 25.4%
2500m~ 9- 4- 8- 58/ 79 11.4% 16.5% 26.6%
------------------------------------------------------------

------

来週はダービー。今度こそ当てます(涙)

↓クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


ヴィクトリアマイル(G1)振り返り

◎スマートレイヤー:4着
〇ミッキークイーン:着外
▲アドマイヤリード:1着

残り300m地点では単勝・馬連・ワイドと完全的中したのでは?と思い、残り50mでは単勝は駄目だが馬連で50万くらい的中したかな?と思い、残り10mであ~馬連はダメだがワイド的中でちょいプラスか?と思い、残り0mで何も的中してないのでは?という急降下を経験したわけですが、皆さんお元気でしょうか?

私はそんなに元気ではありません。

何より今回もご購入者様の期待に応えられず、本当に申し訳ないです。

ヴィクトリアマイル

↓今週の予想はこちら
------

前売りオッズを見ると、ミッキクイーンが2.2倍で1番人気。2番人気のレッツゴードンキが6.9倍、3番人気のルージュバックが7.8倍ということで、ミッキークイーンの1強状態と言って良いと思う。リピーターが活躍するこのレースにおいて、去年2着というのはストレイトガールがいない最右翼と言って良いだろう。前哨戦となった阪神牝馬Sを休み明けで快勝しているし、重馬場も苦にしないし、牝馬戦では3着を外したことがないという安定感もあるということで、逆らうのは難しい印象がある。

が個人的に差し馬の断然1番人気馬は買い辛い。過去5年、単勝2倍以内に支持された1番人気馬が差し脚質だった場合、回収率は62%しかないのである。(逃げ馬106%、先行馬79%)

あと去年のパフォーマンスが微妙で、東京1600mは距離が短いのかなという気がしないでもない。瞬発力勝負で、かつ高いスピード能力を求められた時、スピードの絶対値で負けるってことはあるんじゃないだろうか。

というわけで、今回は違う馬を狙ってみることにした。

◎スマートレイヤー
去年のヴィクトリアMの4着馬。前半1000m57.2先行馬に苦しい展開だったことを考えれば、2着馬ミッキークイーンとの0.2秒差は悲観する内容ではないと思う。今年は逃げ馬不在で、そこまでペースが早くなるとは考えられず、去年の差は逆転できる範疇だと思う。

馬場が悪くなることに関しても、稍重の京都記念ではサトノクラウンには負けてはいるが、マカヒキは退けており、決して重い馬場が苦手な様には見えなかった。

そもそも馬場が悪くなれば、前有利の傾向は強まるし(参考:重馬場になると逃げ馬・先行馬が有利というのは本当か?)、内から乾いていく東京コースでは、稍重や重馬場では内枠の方が有利である。(記事下部の参考情報を参照)

その点ではスマートレイヤーの先行脚質、かつ1枠2番という枠順は良いのではないだろうか。

鞍上も武豊と良い所を確保できたし、一発起こせるとしたらこの馬かなと思っている。

なお人気馬で消しておきたいのがレッツゴードンキとルージュバック。

レッツゴードンキは長く脚を使えるタイプではないので、東京コースは合わない。かつ東京マイルは1600m以上を走れるスタミナが必要とされるわけだが、この馬の適距離は1400m前後。京都マイルならともかく、東京マイルは合わないと思う。だいたい後方脚質にすることで、気性難を克服しているわけだが、今回は後方脚質の馬は嫌うことにしているので変える要素が無いのである。重馬場巧者ではあるので人気するのは分かるんだけど、このオッズでは妙味はないと思う。

ルージュバックは枠が不安。馬群をさばくような馬ではないので、この枠だと一旦下げてからの末脚勝負になるリスクがある。今回は後方勢は厳しいと見ているので買い辛い。かつ馬場が悪くなっているのもこの馬にとっては厳しいと思う。前走の金鯱賞もいまいちなパフォーマンスだったし、これで2番人気はないかなと。

◎スマートレイヤー
○ミッキークイーン
△アドマイヤリード

◎の単勝、◎-○△の馬連・ワイド
※単勝7倍が目安


【参考情報:東京コース馬場ごとの枠番別成績】

◆東京芝コース・良
集計期間:2007. 5. 5 ~ 2017. 5. 7
------------------------------------------------------------------
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------
1枠 230- 212- 230-2285/2957 7.8% 14.9% 22.7% 84 80
2枠 225- 216- 241-2425/3107 7.2% 14.2% 22.0% 77 77
3枠 252- 226- 249-2558/3285 7.7% 14.6% 22.1% 77 72
4枠 243- 253- 240-2683/3419 7.1% 14.5% 21.5% 73 76
5枠 241- 246- 208-2895/3590 6.7% 13.6% 19.4% 77 75
6枠 256- 276- 264-2952/3748 6.8% 14.2% 21.2% 57 70
7枠 250- 280- 290-3535/4355 5.7% 12.2% 18.8% 50 61
8枠 294- 281- 271-3684/4530 6.5% 12.7% 18.7% 66 67
------------------------------------------------------------------

◆東京芝コース・稍重
集計期間:2007. 5. 6 ~ 2017. 4.23
-------------------------------------------------------------
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-------------------------------------------------------------
1枠 47- 28- 31-341/447 10.5% 16.8% 23.7% 90 71
2枠 26- 35- 37-363/461 5.6% 13.2% 21.3% 65 76
3枠 39- 26- 40-373/478 8.2% 13.6% 22.0% 58 82
4枠 36- 26- 32-400/494 7.3% 12.6% 19.0% 46 63
5枠 33- 43- 37-408/521 6.3% 14.6% 21.7% 52 59
6枠 38- 41- 28-435/542 7.0% 14.6% 19.7% 66 67
7枠 41- 56- 41-492/630 6.5% 15.4% 21.9% 68 71
8枠 35- 38- 48-544/665 5.3% 11.0% 18.2% 58 62
-------------------------------------------------------------

◆東京芝コース・重
集計期間:2007.10.27 ~ 2016.10. 9
-------------------------------------------------------------
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-------------------------------------------------------------
1枠 13- 13- 10-114/150 8.7% 17.3% 24.0% 51 101
2枠 16- 8- 8-126/158 10.1% 15.2% 20.3% 57 56
3枠 6- 9- 10-143/168 3.6% 8.9% 14.9% 27 55
4枠 18- 14- 14-134/180 10.0% 17.8% 25.6% 149 107
5枠 15- 14- 9-148/186 8.1% 15.6% 20.4% 57 60
6枠 15- 15- 16-150/196 7.7% 15.3% 23.5% 53 79
7枠 9- 19- 22-172/222 4.1% 12.6% 22.5% 46 97
8枠 10- 11- 14-192/227 4.4% 9.3% 15.4% 16 38
-------------------------------------------------------------

◆東京芝コース・不良
集計期間:2007.10.27 ~ 2014. 6. 8
-------------------------------------------------------------
枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-------------------------------------------------------------
1枠 6- 6- 6- 62/ 80 7.5% 15.0% 22.5% 111 101
2枠 12- 4- 9- 63/ 88 13.6% 18.2% 28.4% 176 125
3枠 6- 6- 4- 76/ 92 6.5% 13.0% 17.4% 37 43
4枠 6- 10- 7- 77/100 6.0% 16.0% 23.0% 44 58
5枠 9- 5- 10- 79/103 8.7% 13.6% 23.3% 230 113
6枠 6- 6- 7- 89/108 5.6% 11.1% 17.6% 94 110
7枠 6- 11- 8-100/125 4.8% 13.6% 20.0% 30 71
8枠 7- 10- 8-103/128 5.5% 13.3% 19.5% 22 61
-------------------------------------------------------------


【参考情報:東京コース馬場ごとの脚質別成績】

◆東京芝コース・良
集計期間:2007. 5. 5 ~ 2017. 5. 7
-----------------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-----------------------------------------------------------------------------
平地・逃げ 231- 227- 169- 1436/ 2063 11.2% 22.2% 30.4% 191 140
平地・先行 715- 630- 643- 5033/ 7021 10.2% 19.2% 28.3% 87 92
平地・中団 813- 824- 828- 8982/11447 7.1% 14.3% 21.5% 65 70
平地・後方 224- 298- 344- 7480/ 8346 2.7% 6.3% 10.4% 29 40
平地・マクリ 8- 11- 9- 66/ 94 8.5% 20.2% 29.8% 34 68
-----------------------------------------------------------------------------

◆東京芝コース・稍重
集計期間:2007. 5. 6 ~ 2017. 4.23
------------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------------
平地・逃げ 40- 31- 29- 205/ 305 13.1% 23.3% 32.8% 97 116
平地・先行 97- 93- 89- 764/1043 9.3% 18.2% 26.7% 75 81
平地・中団 122- 122- 118-1272/1634 7.5% 14.9% 22.2% 71 69
平地・後方 34- 44- 56-1098/1232 2.8% 6.3% 10.9% 32 45
平地・マクリ 2- 3- 2- 14/ 21 9.5% 23.8% 33.3% 59 93
------------------------------------------------------------------------

◆東京芝コース・重
集計期間:2007.10.27 ~ 2016.10. 9
------------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
------------------------------------------------------------------------
平地・逃げ 15- 8- 6- 81/ 110 13.6% 20.9% 26.4% 120 66
平地・先行 36- 41- 39- 259/ 375 9.6% 20.5% 30.9% 70 111
平地・中団 33- 42- 37- 435/ 547 6.0% 13.7% 20.5% 29 71
平地・後方 17- 11- 21- 395/ 444 3.8% 6.3% 11.0% 60 48
平地・マクリ 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0% 118 55
------------------------------------------------------------------------

◆東京芝コース・不良
集計期間:2007.10.27 ~ 2014. 6. 8
-------------------------------------------------------------------
脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
-------------------------------------------------------------------
平地・逃げ 6- 3- 5- 48/ 62 9.7% 14.5% 22.6% 50 138
平地・先行 23- 23- 20-134/200 11.5% 23.0% 33.0% 81 89
平地・中団 25- 24- 22-247/318 7.9% 15.4% 22.3% 137 105
平地・後方 4- 7- 11-216/238 1.7% 4.6% 9.2% 41 38
平地・マクリ 0- 1- 1- 4/ 6 0.0% 16.7% 33.3% 0 83
-------------------------------------------------------------------



------

来週はオークス。そろそろ当てます(涙)

↓クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


天皇賞春・振り返り

天皇賞・春は勝負レースだったんだが、あえなく玉砕した。

天皇賞春17


まあレースを見る限り、キタサンブラックに勝つのはかなり難しかったように思う。つまりは最初から見立てがおかしかったわけで、どうやっても当てることはできなかったかもしれない。

それにしても、最近お役に立てておらず、本当に心苦しい。

ご購入いただいた方、本当に申し訳ありません。


↓今週の予想はこちら
------

本命も有馬記念の時からほぼ決まっていた。

◎サトノダイヤモンド

有馬記念が行われた中山芝2500mはサトノダイヤモンドにとってそんなに良いコースではなかったと思う。巷で言われているようにエンジンのかかりが遅いので直線が短いのはマイナスである。

またそれ以上に個人的にサトノダイヤモンドは坂が苦手だと思っている。

有馬記念でキタサンブラックを追い抜いたのも坂を登り終わった後の残り100mになってからだし、阪神大賞典にしてもシュバルグランを突き放したのは坂わ登り終わった後の残り100mになってからである。

またこの馬が強い勝ち方をしているのは京都コースであり、取りこぼしを見せているのは中山や東京コースであるし、思えばミッキーロケットに詰め寄られた神戸新聞杯も坂のある阪神コースであった。

というわけで坂のある中山コースは本来サトノダイヤモンドにとって苦しい舞台だったと考えるわけである。

その中山コースでさえ、キタサンブラックに先着したのだから、坂のない京都コースでは差が広がるのではないだろうか?


陣営が本来的に得意ではない距離とコメントしている事から、距離適性を不安視する声もあるが、菊花賞前にも陣営は泣きを入れていたのを忘れてはいけない。そもそも本当に不安ならば天皇賞ではなく、大阪杯や宝塚記念を目指す筈である。凱旋門賞を目指すための布石と陣営は言っているが、理屈が通っているようには思えず、ただの煙幕だろう。


逆にキタサンブラックは正直このレースが狙い目とは思えない。長距離戦は馬体重が重い馬が不利にもかかわらず、過去最高体重で出走することが何よりも不安である。

ステップレースを比較しても、3000mの阪神大賞典を使ったサトノダイヤモンドとは勝負度合いに差があるのではないだろうか?

あとはオッズ次第。

◎サトノダイヤモンド

馬券:◎の単勝ドカン
※単勝2.3倍つくなら勝負

------

来週はできれば巻き返したいところだが、今は勝負レースを外して、まだそういった気持ちになれないというのが正直なところ。まあそうはいっても過去は取り戻せないので、頑張りたいと思う。

↓クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


皐月賞(G1)振り返り

皐月賞は完敗。

皐月賞17

◎ファンディーナは結構自信があっただけにショックではあるが、冷静に考えたら典型的な過剰人気馬であり、買って良い馬ではなかったなと反省している。思考停止になっていたと言われても仕方のない内容である。

また今回の予想に関しては購入いただいた方からも「金をどぶに捨てたような気分」と厳しいお言葉を頂いた。本命をどの馬にするかという話ではなく、予想の濃度についてクレームを頂いたことに対し、お金を取って予想をしている身としては、申し訳ない気持ちでいっぱいである。返す言葉もない。

ご購入いただいた方、本当に申し訳ありません。


来週以降は立て直したいと思う。

↓今週の予想はこちら(本当に中身がなくて申し訳ない)

------
面白くもなんともない予想で大変恐縮なのだが、◎ファンディーナである。

中山2000mは最後の直線が短いので、コーナーでいかに捲っていけるかが重要だと考えている。
その点、ファンディーナは前走、中山1800mで行われたフラワーCでの4コーナーの走りが圧巻だった。岩田騎手が軽く追い出しただけで、一瞬にして3着に粘ったドロウアカードを呑み込み、後続を置き去りにしてしまったのである。

あのレースを見た時に、中山コースで行われる皐月賞なら確勝なのではと思ったわけで、まあその通りに皐月賞に出てきてくれたので、迷わず本命にした。

今日の中山コースを見る限りかなりの高速馬場のようだが、ファンディーナの場合、2走目のつばき賞(500万下)で33.0と異次元の末脚を披露していることから、時計勝負でもまったく問題にしないと思う。(この33.0秒という数字はその京都開催におけるスプリント戦も含んだすべてレースにおける上りと比較しても、最速なのである。)

桜花賞をパスして、皐月賞に参戦したのも、恐らくは勝算があってのこと。

オッズがつかないのは残念だが、競馬界を盛り上げるという意味でも、ヒロインの激走に期待したい。

◎ファンディーナ
〇アウトライアーズ

◎の単勝
(◎の単勝が2倍以上なら単勝勝負、つかなければ◎-〇の馬連・ワイドで遊ぶことにする)

------

来週はちょっとどうするか検討中。
面白いレースがあれば公開するが、ない場合は天皇賞・春まで旅行ブログとさせていただく。

↓クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


桜花賞(G1)振り返り

桜花賞(G1)は残念な結果に…。断トツ人気を背負ったソウルスターリングが盤石でないと予想したところまでは良かったのだが、刺客とする馬を間違えた。「重馬場対応できる先行馬」という狙いが正しかっただけに、悔しいし、煮え切らない気持ちでいる。

◎アエロリットは後方から追い込むも5着。

というか横山さん、位置取り間違ってますよ。

桜花賞


まあ勝負レースとして提供した阪神7Rは◎アナザープラネットが快勝したので、少しはお役に立てたんじゃないかと期待している。

桜花賞2

※複勝が2倍付かなかったら購入するつもりはなかったのだが、2時間前に見た時に2.2倍付いていたので安心してしまった。いかんせん世界一周中で常にインターネット環境にあるわけではないので常に締め切り前まで待機できるわけではないのである。
今回はたまたま上手くいったが、オッズが期待ほどつかない時は勝負を止めたほうが長期的に回収率は向上すると思う。G1はそこまでオッズの変動がないので困らないのだが、平場はどうしたものか…世界一周の弊害を早くも感じる結果となった。



↓有料公開した予想はこちら


------


ソウルスターリングの一本被りとなっている今年の桜花賞。G1の阪神JF、最も有力なステップレースのチューリップ賞を完勝しており、まあこのオッズも頷けなくもない。

ただこのオッズでは買うことはできない。過去10年、G1において単勝1.5倍以内に支持された馬の成績を見ても、9-5-0-5で勝率は47.4%、単勝回収率は63%にしかならない。思い返せば、去年のメジャーエンブレムも鞍上ルメールで単勝人気1.5倍を裏切っている。

というわけで、強さは認めつつ、ソウルスターリングを逆転できる馬を考えてみる。となるとポイントは重馬場。ソウルスターリングの差し脚が鈍ることに期待しつつ、ソウルスターリングより前で競馬ができる馬を探したい。

【参考:重馬場になると逃げ馬・先行馬が有利というのは本当か?

白羽の矢を立てたのは◎アエロリット

重馬場適性は未知数だが、父クロフネ、母父ネオユニヴァースということを考えれば鬼の可能性もあるかなと。少なくともソウルスターリングよりも前で競馬してくれそうなのが良い。

その上で前走のクイーンCを振り返ってみる。そもそもこの馬は先行してじりじり伸びるところに特色があるわけだが、このレースでは出遅れてしまい後ろからの競馬、道中はポジションを押し上げるのに脚を使っているし、周りに初めて馬がいることに戸惑って、外に張ったり、コーナーを逆手前で走ったりと決してスムーズな競馬ではなかった。

それでもアドマイヤミヤビと半馬身差だったし、最後抜かれてからもしぶとく抵抗していたことを考えると、アドマイヤミヤビと同じくらいの能力評価はして良いと思う。そのアドマイヤミヤビが現在2番人気に支持されていることを考えれば、現在7番人気のこの馬はオッズ的に妙味があるといって良いだろう。

本来、クイーンC組を狙うのは正攻法ではないのだが、いかんせんチューリップ賞組は王道競馬をしたソウルスターリングに完敗しており、適性云々で逆転できるようには思えず、別路線組を探さざるをえないのも仕方がないというわけである。

陣営の「相手は強いけど、この馬も能力があるし、今までで一番と言えるコンディション。ゴチャつかずスムーズに立ち回れればそうヒケは取らないはず」というコメントを素直に信頼したい。

◎アエロリット
○ソウルスターリング
△アドマイヤミヤビ
▲ゴールドケープ

◎の単勝、◎-○△▲の馬連・ワイド



ちなみに確実に儲けたい方は阪神7Rのアナザープラネットがいいんじゃないかと思う。1800mはちょっと長かった印象なので距離短縮はプラスに出るだろうし、元々ダートを走っていたような馬なので馬場が重くなるのも良いだろう。鞍上も追える川田騎手に変わったのはプラス。これで1番人気は500万下を勝ったばかりのムーンクエイクなので、狙いは立つかなと。

◎アナザープラネット

◎の複勝(2倍切ったら買わない)

------

来週は皐月賞(G1)の予想を公開したいと思う。

人気ブログランキングが200位以内なら無料公開、それ以上なら有料公開とさせていただく。

無料で読みたい方はぜひクリックしてほしい。6人の方が1日1回クリックしてくれれば達成できる見込みなので、そこまで不可能ではないと思う。

↓クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ