皐月賞(G1)振り返り

皐月賞は完敗。

皐月賞17

◎ファンディーナは結構自信があっただけにショックではあるが、冷静に考えたら典型的な過剰人気馬であり、買って良い馬ではなかったなと反省している。思考停止になっていたと言われても仕方のない内容である。

また今回の予想に関しては購入いただいた方からも「金をどぶに捨てたような気分」と厳しいお言葉を頂いた。本命をどの馬にするかという話ではなく、予想の濃度についてクレームを頂いたことに対し、お金を取って予想をしている身としては、申し訳ない気持ちでいっぱいである。返す言葉もない。

ご購入いただいた方、本当に申し訳ありません。


来週以降は立て直したいと思う。

↓今週の予想はこちら(本当に中身がなくて申し訳ない)

------
面白くもなんともない予想で大変恐縮なのだが、◎ファンディーナである。

中山2000mは最後の直線が短いので、コーナーでいかに捲っていけるかが重要だと考えている。
その点、ファンディーナは前走、中山1800mで行われたフラワーCでの4コーナーの走りが圧巻だった。岩田騎手が軽く追い出しただけで、一瞬にして3着に粘ったドロウアカードを呑み込み、後続を置き去りにしてしまったのである。

あのレースを見た時に、中山コースで行われる皐月賞なら確勝なのではと思ったわけで、まあその通りに皐月賞に出てきてくれたので、迷わず本命にした。

今日の中山コースを見る限りかなりの高速馬場のようだが、ファンディーナの場合、2走目のつばき賞(500万下)で33.0と異次元の末脚を披露していることから、時計勝負でもまったく問題にしないと思う。(この33.0秒という数字はその京都開催におけるスプリント戦も含んだすべてレースにおける上りと比較しても、最速なのである。)

桜花賞をパスして、皐月賞に参戦したのも、恐らくは勝算があってのこと。

オッズがつかないのは残念だが、競馬界を盛り上げるという意味でも、ヒロインの激走に期待したい。

◎ファンディーナ
〇アウトライアーズ

◎の単勝
(◎の単勝が2倍以上なら単勝勝負、つかなければ◎-〇の馬連・ワイドで遊ぶことにする)

------

来週はちょっとどうするか検討中。
面白いレースがあれば公開するが、ない場合は天皇賞・春まで旅行ブログとさせていただく。

↓クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ


桜花賞(G1)振り返り

桜花賞(G1)は残念な結果に…。断トツ人気を背負ったソウルスターリングが盤石でないと予想したところまでは良かったのだが、刺客とする馬を間違えた。「重馬場対応できる先行馬」という狙いが正しかっただけに、悔しいし、煮え切らない気持ちでいる。

◎アエロリットは後方から追い込むも5着。

というか横山さん、位置取り間違ってますよ。

桜花賞


まあ勝負レースとして提供した阪神7Rは◎アナザープラネットが快勝したので、少しはお役に立てたんじゃないかと期待している。

桜花賞2

※複勝が2倍付かなかったら購入するつもりはなかったのだが、2時間前に見た時に2.2倍付いていたので安心してしまった。いかんせん世界一周中で常にインターネット環境にあるわけではないので常に締め切り前まで待機できるわけではないのである。
今回はたまたま上手くいったが、オッズが期待ほどつかない時は勝負を止めたほうが長期的に回収率は向上すると思う。G1はそこまでオッズの変動がないので困らないのだが、平場はどうしたものか…世界一周の弊害を早くも感じる結果となった。



↓有料公開した予想はこちら


------


ソウルスターリングの一本被りとなっている今年の桜花賞。G1の阪神JF、最も有力なステップレースのチューリップ賞を完勝しており、まあこのオッズも頷けなくもない。

ただこのオッズでは買うことはできない。過去10年、G1において単勝1.5倍以内に支持された馬の成績を見ても、9-5-0-5で勝率は47.4%、単勝回収率は63%にしかならない。思い返せば、去年のメジャーエンブレムも鞍上ルメールで単勝人気1.5倍を裏切っている。

というわけで、強さは認めつつ、ソウルスターリングを逆転できる馬を考えてみる。となるとポイントは重馬場。ソウルスターリングの差し脚が鈍ることに期待しつつ、ソウルスターリングより前で競馬ができる馬を探したい。

【参考:重馬場になると逃げ馬・先行馬が有利というのは本当か?

白羽の矢を立てたのは◎アエロリット

重馬場適性は未知数だが、父クロフネ、母父ネオユニヴァースということを考えれば鬼の可能性もあるかなと。少なくともソウルスターリングよりも前で競馬してくれそうなのが良い。

その上で前走のクイーンCを振り返ってみる。そもそもこの馬は先行してじりじり伸びるところに特色があるわけだが、このレースでは出遅れてしまい後ろからの競馬、道中はポジションを押し上げるのに脚を使っているし、周りに初めて馬がいることに戸惑って、外に張ったり、コーナーを逆手前で走ったりと決してスムーズな競馬ではなかった。

それでもアドマイヤミヤビと半馬身差だったし、最後抜かれてからもしぶとく抵抗していたことを考えると、アドマイヤミヤビと同じくらいの能力評価はして良いと思う。そのアドマイヤミヤビが現在2番人気に支持されていることを考えれば、現在7番人気のこの馬はオッズ的に妙味があるといって良いだろう。

本来、クイーンC組を狙うのは正攻法ではないのだが、いかんせんチューリップ賞組は王道競馬をしたソウルスターリングに完敗しており、適性云々で逆転できるようには思えず、別路線組を探さざるをえないのも仕方がないというわけである。

陣営の「相手は強いけど、この馬も能力があるし、今までで一番と言えるコンディション。ゴチャつかずスムーズに立ち回れればそうヒケは取らないはず」というコメントを素直に信頼したい。

◎アエロリット
○ソウルスターリング
△アドマイヤミヤビ
▲ゴールドケープ

◎の単勝、◎-○△▲の馬連・ワイド



ちなみに確実に儲けたい方は阪神7Rのアナザープラネットがいいんじゃないかと思う。1800mはちょっと長かった印象なので距離短縮はプラスに出るだろうし、元々ダートを走っていたような馬なので馬場が重くなるのも良いだろう。鞍上も追える川田騎手に変わったのはプラス。これで1番人気は500万下を勝ったばかりのムーンクエイクなので、狙いは立つかなと。

◎アナザープラネット

◎の複勝(2倍切ったら買わない)

------

来週は皐月賞(G1)の予想を公開したいと思う。

人気ブログランキングが200位以内なら無料公開、それ以上なら有料公開とさせていただく。

無料で読みたい方はぜひクリックしてほしい。6人の方が1日1回クリックしてくれれば達成できる見込みなので、そこまで不可能ではないと思う。

↓クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ




大阪杯(G1)振り返り

大阪杯は完敗。

oosakahai17.png


予想の前提が「高速馬場に対応できる先行馬」だったので、素直にキタサンブラック買っておけば良かったと結果論ではあるが、後悔している。
本命マカヒキは位置取りが後ろになった時点で厳しいと思ったが、レースを見る限り位置取りが前でもキタサンブラックに先着できたとは思えず、予想自体が間違ってたことを認めるしかないかな。

自慢できるとしたらステファノスを指名していたことと、サトノクラウンを危険な人気馬扱いしたこと、アンビシャスが差し届かないことを予見していたことくらいだろうか。まあ、それでも完敗なのは間違いない。

購入していただいた方、本当に申し訳ありません。


↓有料公開した予想はこちら


------

舞台が阪神芝2000mということで、狙いは先行馬。内回りコースのため、直線距離は357mと短く、後方からでは届かずに終わってしまう。

また昨日は稍重の馬場だったが、それでもアザレア賞、仲春特別において上りは33秒台が散見されており、そんなに重くない印象を受けた。今日は晴れということで、高速馬場になることを想定して、予想を組み立てたい。


本命は◎マカヒキ
個人的に現役最強馬はサトノダイヤモンドだと思っているわけだが、マカヒキは、その馬に皐月賞、ダービーと先着した馬。そのポテンシャルを素直に評価することにした。

前走の京都記念は残念な結果だったが、稍重と馬場が悪かったのが原因と個人的には踏んでいる。マカヒキは弥生賞でレコードを出して勝ったように時計が出る馬場が得意な馬。サトノクラウンやスマートレイア―が来るような馬場だったら、出番がないのも仕方はない。今回は最初にも書いたように高速馬場を想定しているので、巻き返してくるんじゃないだろうか。

なお最終的に本命にすることにしたのは、アンビシャスも選択できたはずのルメールがマカヒキを選んだことである。個人的にはアンビシャスも十分狙い目だとは思うんだが、ルメールがそこら辺の判断を失敗するとは思えない。


あとは消した人気馬についても簡単に書いておく。

1番人気はキタサンブラックだが、目標にされる1番人気馬というだけで買いたくない。キタサンブラックはこれまでG1を3勝しているわけだが、菊花賞・天皇賞春・ジャパンカップである。ジャパンカップは恵まれただけで、本質的にはステイヤーなのは間違いない。今回は2000mということで、一定のスピードも求められることを考えれば、得意な条件ではないというのは間違いない。実際、去年の大阪杯ではアンビシャスにも負けているわけで…

で、本番は次走の天皇賞・春なことも考えれば、このオッズで買うことはできないかなと。消し。


3番人気のサトノクラウンは今回の舞台が合わないと思う。距離2000mは短いし、高速馬場も良くないだろう。デムーロというのは怖いが、まあ他に買いたい馬もいるので消し。


4番人気のヤマカツエースは戦ってきた相手が微妙。金鯱賞なんかは2着馬は1600万を勝っただけのロードヴァンドールだし…。実際、天皇賞秋では最下位に負けているわけで、そもそも足りてないかなと。適性的には合うんだけどね。


5番人気のアンビシャスは相当に迷った。実はオッズを見た瞬間に本命はアンビシャスになりかけたのも事実である。
だが、やはり福永騎手や陣営のコメントを見る限り、位置取りが後ろになりそうなので評価を下げた。せめて騎手が強気に攻めていく騎手なら話は別なんだが、福永騎手は基本的に「待つ」タイプなので、良い脚使うけど届かないといういつもの結果になるんじゃないかなと。あとは上にも書いたけど、ルメール騎手が選ばなかったというのも大きい。

◎マカヒキ
○アンビシャス
▲ステファノス

馬券:◎の単勝(本線)、◎-○▲の馬連・ワイド。
※単勝3.5倍が目安。馬券で勝つにはオッズが重要だと思っているため、これよりオッズが下の場合は買わない


------

来週は桜花賞(G1)の予想を公開したいと思う。

人気ブログランキングが200位以内なら無料公開、それ以上なら有料公開とさせていただく。

無料で読みたい方はぜひクリックしてほしい。6人の方が1日1回クリックしてくれれば達成できる見込みなので、そこまで不可能ではないと思う。

↓クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ




高松宮記念(G1)振り返り



高松宮記念は◎レッツゴードンキが2着に好走。締め切り直前に複勝オッズが悪くなって、180円しかつかなかったのはちょっと残念だが、まあとりあえず的中してよかった。

takamatumiya.png


今回、購入してくださった方ありがとうございました。そしておめでとうございます。できれば応援クリックもお願いします。

↓クリックはこちら



で、レース自体はほぼ想定通りだったかなと思っている。

・勝利に近いのは重馬場巧者の先行馬
・が、シュウジ・ソルヴェイグといった先行馬は前走不振だし重い馬場では厳しい
・レッドファルクスは重い馬場でこれまでのような切れ味を披露できない
・メラグラーナは危険な人気馬
・レッツゴードンキは内を捌ければ好走可能


ただ重馬場巧者の先行馬として「セイウンコウセイ」を指名できなかったのが痛恨だったかなと。重馬場の渡月橋S(1600万下)で激走していることを考えれば、狙ってしかるべしだったと結果論だが、反省している。

まあ当たったからいいんだけどね。


↓有料公開した予想はこちら


------

馬場がどうなるのか分からないので、正直予想も難しい。

ただ昨日の競馬を見る限りでは、12R岡崎特別でオヒア(11番人気1着)が逃げ粘っていたり、10R大寒桜賞は4コーナーで1,2,3番手だった馬たちでそのまま1~3着を独占していたりと外が伸びない馬場に見える。

本来だったら中京1200mは先行馬よりは差し馬、内枠より外枠を狙いたいんだが、ちょっと前寄りに意識をした方がいいかなという印象である。雨が降って、馬場が悪くなりそうなのもよりその傾向を強めるかなと。

【参考】:中京芝1200m考察(コース形態・枠順・脚質・ラップ)
【参考】:スパイラルカーブはレース結果に影響を与えるのか?
【参考】:重馬場になると逃げ馬・先行馬が有利というのは本当か?


で、そんな状況で1番人気のレッドファルクスはどうかという話だが、この馬場はレッドファルクスにとって歓迎とは言えない。
前走は香港で惨敗したわけで、理由は明らかにはされていないが、個人的には馬場が合わなかったのではと思っている。勝ち時計が1:08.8だったことからも分かる通り、香港の馬場は洋芝を使っており、日本の高速馬場と比較して重い。

レッドファルクスはダートを走ってきたことから重い馬場も大丈夫とする向きもあるが、香港での惨敗や、CBC賞やスプリンターズSなど良馬場で圧倒的なパフォーマンスを見せてくることを考えると、個人的には重い馬場は駄目なんじゃないかと疑っているわけである。またCBC賞やスプリンターズSを見る限り外を回すような競馬をしてくるはずで、差しが届きやすい展開・馬場ならともかく、現在の馬場だと内で先行する馬と比較してマイナスというのは疑えない。

その状況で現在単勝3.8倍というのはちょっと手が出しづらいかなと思っている。本来なら海外帰りでオッズが下がっているので絶好の狙い目のはずだったんだが、雨が降って一気にテンションが下がった。


次に2番人気メラグラーナだが、この馬も不良馬場だった京阪杯(G3)での惨敗を見る限り、現在の馬場は歓迎ではない口だと思う。

ついでに言うと、ここ最近連勝しているものの戦ってきた相手が微妙であり、そこまで能力自体を評価していない。まあ今回の場合、そんなに相手が強くないというのは間違いないので、ここでも通用してしまう可能性はあるんだが、それでも2番人気で買える馬ではないかなと。


というわけで本命は◎レッツゴードンキ
本来だったら脚質だけで消したい馬なんだが、重馬場適性だけで本命まで浮上させることにした。本来なら先行馬で重馬場得意そうな馬を探したかったんだが、見つからなかった。なので消去法的な本命ではある。まあ内枠に関しては、最初はどうかなと思っていたが、今は内の方が伸びてる印象なので、捌くことができれば好勝負が可能だと思うんだが…。

で、元々この馬は本来ならマイラーで、気性的な問題でスプリント戦も使わざるを得ないだけなので、スプリント戦では絶対的なスピードが足りないというのが私の評価であった。そういうわけで、スプリント戦では常々嫌ってきたわけであるが、スタミナを要求される中京1200m、しかも重馬場という今回の条件なら話は別かなと思う。

前走の京都牝馬Sは折り合いに苦労しながらも、最後は突き抜けての圧勝。やはり重馬場適性は高いと再確認できたレースだった。レッドファルクスやシュウジ、ソルヴェイグあたりが前哨戦でこけているのとは対照的に、こちらは調子を上げてきているのも好材料。今回、阪神牝馬Sが既定路線だったにもかかわらず、こちらに急遽参戦するのも勝算があっての判断だろう。

というわけであとは捌けるかどうかだが、復調してきた岩田さんなら期待していいんじゃないかなという判断である。オッズ的にも複勝はねらい目に見える。

◎レッツゴードンキ

馬券:◎の単複
(単勝7倍以上、複勝2倍以上が目安)

------

来週は大阪杯(G1)あたりの予想を公開したいと思う。

人気ブログランキングが200位以内なら無料公開、それ以上なら有料公開とさせていただく。

無料で読みたい方はぜひクリックしてほしい。6人の方が1日1回クリックしてくれれば達成できる見込みなので、そこまで不可能ではないと思う。

↓クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ




スプリングS予想振り返り


今週から始めた有料コンテンツであるが、残念ながら外れとなってしまった。幸先良いスタートを切りたかったし、結構自信があったレースだったし、思ったよりオッズもついていただけに残念である。

購入していただいた方には本当に申し訳ない。

↓以下有料コンテンツの内容である。

--------
netkeibaの予想オッズを見る限り、サトノアレス、アウトライアーズ、トリコロールブルー、モンドキャンノの4頭の争いと世間では見ているらしい。

が、私からするとこのレースはサトノアレス、アウトライアーズの2頭立てである。

まずトリコロールブルーであるが、個人的にはフリージア賞のレースレベルは低かったと思っている。走破タイム2.01.8も平凡だし、上り3Fのタイム33.9も平凡である。何より2着馬のバリングラは先週500万下で惨敗している。

また、2戦目の黄菊賞(500万下)ではタガノアシュラに完敗しているわけで、そのタガノアシュラが朝日フューチュリティ(G1)14着、きさらぎ賞(G3)7着と重賞では好走できていないことを考えると、単純に重賞では足りないのではと考えられる。消し。


次にモンドキャンノであるが、朝日杯FS(G1)を見る限りサトノアレスに勝てるとは思えない。もう勝負付けは終わったとの認識である。

しかも今回は200mの距離延長も不安だし、大野騎手への乗り替わりも不安である。消し。


というわけでサトノアレスとアウトライアーズのどちらを買うのかという選択になるわけだが、今回は◎アウトライアーズとした。

まず馬の能力であるが、サトノアレスはG1馬であるものの、決してアウトライアーズも引けを取らないと思う。

何といっても、2走前の百日草特別(500万下)の内容が良い。着順こそ3着だが、負けた相手はアドマイヤミヤビにカナデと後に重賞を勝ち、今ではサトノアレスよりもクラシック有力馬と扱われている馬たちである。その馬たちと差のない競馬をしたのだから決して悲観する必要はない。

また、前走のひいらぎ賞(500万下)は大外を周りながら2着以下に0.2秒差をつける完勝であったわけで、2着馬のウインブライトが次走の若竹賞(500万下)でこれまた2着以下に0.3秒差をつけて快勝していることからもアウトライアーズが如何に強いかが分かるであろう。

そのうえで、中山へのコース適性はアウトライアーズのほうが高いと思う。アウトライアーズはひいらぎ賞で高い中山適性を見せているのに対し、サトノアレスは過去5戦を見る限り、直線の長い阪神・東京のレースの方が、小回りの中山・札幌よりもパフォーマンスが良い。

また勝負気配に関しても、アウトライアーズはここで賞金を加算しないとクラシックに出れないのに対し、すでにサトノアレスは賞金は足りており、ここで無理する必要はない。

これでオッズはアウトライアーズの方がつきそうなのだから、もう迷う必要はないだろう。

◎アウトライアーズ

馬券:◎の単勝

※単勝2.7倍つかなければ見送り

-------

アウトライアーズが1番人気サトノアレスや2番人気トリコロールブルーより先着した点や、モンドキャンノが惨敗した点などは予想通りだったんだが、ウインブライトにアウトライアーズが負けるとは思っていなかった。ひいらぎ賞(500万下)で勝負はついたと思っていたんだが、ちょっと予想としては甘かったと思う。(結果論だが…)

来週は高松宮記念があるので巻き返したいと思う。

人気ブログランキングが200位以内なら無料公開、それ以上なら有料公開とさせていただく。

無料で読みたい方はぜひクリックしてほしい。6人の方が1日1回クリックしてくれれば達成できる見込みなので、そこまで不可能ではないと思う。

↓クリックはこちら


今週外しておいて偉そうな顔するのもどうかと思うのだが、どうぞよろしくお願いします。