有馬記念(G1) ◎サトノダイヤモンド

しばらく更新していなかったが、有馬記念くらいは予想をアップしておこうかと思う。といっても、今回はほとんど迷うことはなかったし、書きたいこともほとんどないんだが…


単純に能力が違うからとしか言いようがない。

今年の3歳牡馬は能力が高いというのは、ずっと言われていたこと。マカヒキの凱旋門賞惨敗、ディーマジェスティのジャパンカップ敗戦で評価を落としているのだろうが、マカヒキの場合は展開がまるで合わなかったし、ディーマジェスティは秋は本調子ではない(現にサトノダイヤモンドは菊花賞でディマジェスティを相手にしていない)と考えているので、気にする必要はないと思う。


むしろ小結クラスのレインボーラインやロードクエストが重賞で好走していることからも、この世代はやはり強いというのが、私の評価である。

逆にキタサンブラックはあまり評価していない。天皇賞春にしてもジャパンカップにしても展開に大きく恵まれただけだと思っている。ペースが速くなった宝塚記念では敗れていることを考えても、ここで抜けた存在だとは考えられない。

これでキタサンブラックの方が人気しているし、単勝も3倍近くつきそうなのだから、迷わずサトノダイヤモンド本命で良いと思う。

相手を指名するなら消耗戦で差してこれそうな馬ということで、サウンズオブアースとシュヴァルグラン、??????の3頭。でも基本は単勝にどかんと行く予定である。

◎サトノダイヤモンド
○サウンズオブアース
△シュヴァルグrン
★??????

馬券:◎の単勝ドカン、◎から○△★へ馬連、ワイド

??????はこちら人気ブログランキングへ


馬場ごと(良、稍重、重、不良)の枠番別成績を調べてみた


読者の方からリクエストを頂いたので、馬場ごと(良、稍重、重、不良)の枠番別成績を調べてみることにした。

まずは芝での結果である。

■芝・良馬場における枠番別成績
枠番別成績(芝・良)

■芝・稍重馬場における枠番別成績
枠番別成績(芝・稍重)

■芝・重馬場における枠番別成績
枠番別成績(芝・重)

■芝・不良馬場における枠番別成績
枠番別成績(芝・不良)

馬場が悪くなればなるほど、内枠の成績が良くなり、外枠の成績が悪くなるという傾向が見て取れるだろう。


次にダートでの結果である。

■ダート・良馬場における枠番別成績
枠番別成績(ダート・良)

■ダート・稍重馬場における枠番別成績
枠番別成績(ダート・稍重)

■ダート・重馬場における枠番別成績
枠番別成績(ダート・重)

■ダート・不良馬場における枠番別成績
枠番別成績(ダート・不良)


ダートの場合は逆に馬場が悪くなるほど、内枠の成績が悪くなり、外枠の成績が良くなるという傾向が見て取れる。※不良馬場では内・外の差がなくなるが…


上記の現象が起こる理由であるが、馬場状態による脚質の有利不利が影響しているものと考えられる。詳しくは「重馬場になると逃げ馬・先行馬が有利というのは本当か?

芝にしろ、ダートにしろ、先行有利になるほど内枠の成績が上がり、差し有利になるほど外枠の成績が上がるということかなと。

まとめ
・芝レースでは馬場が悪くなるほど内枠有利
・ダートレースでは馬場が悪くなるほど外枠有利。ただし不良は除く


↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ



チャンピオンズC(G1) ◎コパノリッキー

ダート転向後6連勝中のアウォーディーであるが、結論から言うと消しである。来ても仕方ないが、このオッズでは買えないかなと。

まずは既に色々なブログやメディアでも言われているが、内枠が不安である。JBCクラシックが顕著であるが、この馬の良さはコーナーで捲りながら位置を押し上げて行けるところ。だがこの内枠では内を通ると詰まる可能性があるし、外を通るには距離ロスが発生してしまう。

スパイラルカーブだから内で詰まる可能性は低いという論調も見かけたが、以前「スパイラルカーブはレース結果に影響を与えるのか?」で調べたように、スパイラルカーブだからと言って、差し馬は有利にならない。

また、ホッコータルマエ、モーニン、コパノリッキー、ノンコノユメといった強敵を下したJBCクラシック、日本テレビ盃は重馬場での開催であった。元々芝で活躍していた馬でもあるし、母ヘヴンリーロマンスという血統を見ても、スピードが問われたというのはこの馬にとって大きかったと思う。今回は土曜日の競馬を見る限り、高速馬場は期待できず、逆風になるのではないか。


で、本命だがコパノリッキーを指名する。
2年連続で1番人気を裏切ってはいるんだが、2年前は出遅れ、去年は乱ペースと敗因は明確である。今回はホッコータルマエ、タガノエトワールが回避となり、先行争いは楽になるだろう。

去年は先行勢にはかなり厳しい展開だったにもかかわらず、直線半ばまで踏ん張り、着順も7着と大きくは崩れていないことを考えれば、展開さえむけば、楽勝まであるのではないだろうか。実際、同じ舞台で行われた東海Sでは快勝しているわけだし。


相手はデムーロ騎乗が怖いゴールドドリームと??????。??????は近走不振も中京コースは得意なので、この人気なら面白いかと思う。

なおノンコノユメはムーア騎乗で怖いものの、去年は展開も嵌っての2着なので、コパノリッキーが残る展開では厳しいかと評価を下げた。

◎:コパノリッキー
○:ゴールドドリーム
★:??????

馬券:◎の単複、◎-○★の馬連、ワイド

??????はこちら人気ブログランキングへ


マイルCS(G1) ◎フィエロ


本命が簡単に決まってしまったので、簡潔な記事になることをご容赦いただきたい。

◎フィエロ

この馬が金曜日の段階とはいえ、8番人気。もう何も迷うことはなく本命である。


現在人気しているのはサトノアラジン、イスラボニータといったところだが、この2頭には去年のマイルCS、今年の安田記念と先着しており、能力的にはフィエロを上位に取りたいところである。

特に安田記念が行われた東京1600mはサトノアラジン、イスラボニータのほうが適性がありそうな舞台であることを考えれば、今回フィエロのベスト舞台である京都マイルでは、さらに差がつくのではないだろうか。

前走のスワンSは、そもそも本気の仕上げではなかっただろうし、スタートで出遅れてしまい本来の競馬ができなかったことを考えれば度外視可能。

陣営はラストチャンスということで渾身の調整をしてくるだろうし、鞍上も戸崎騎手を確保できたことを考えれば、十分に狙いは立つと思う。



馬券は単複だが、相手を探すなら、サトノアラジン、イスラボニータの2頭に加えて、馬場が重くなった場合限定で???????。

枠もいいところを引いたし、展開も向きそう。それでオッズもかなりよさそうなので、狙ってみたい。

◎:フィエロ
△:イスラボニータ
△:サトノアラジン
★:??????

馬券:◎の単複、◎-△★の馬連、ワイド

??????はこちら人気ブログランキングへ


エリザベス女王杯(G1)予想 ◎タッチングスピーチ


1番人気のミッキークイーンだが、二冠馬だし強いのは間違いないんだが、内枠がやっぱり気になる。外を回して結果を出してきた馬だし、浜中騎手も内を捌くより、外を回しがちな騎手。本当は外枠が欲しかったんじゃないだろうか。

また並びも歓迎とは言えない。すぐ隣のマリアライトもクイーンズリンクも恐らくミッキークイーンを閉じ込めにかかるはず。道中で外に出すのは簡単ではなく、最後方まで下げるようなケースも考えられる。

スムーズな競馬ができなかったとして、それでも勝ちきる強さがあるかといえばそれは微妙。

人気していることだし消すことにする。


2番人気のマリアライトもグランプリ馬だしここでは能力上位なのは間違いない。ただこの馬は時計がかかる馬場の方が良い。去年のエリザベス女王杯も馬場の恩恵があってのものだと思うし、それでいて僅差の勝利。スムーズな競馬ができていなかった馬も多く、完璧な競馬だったこの馬が抜けて強いとは思えない。
こちらも人気してるし、消しでいいかなと。

3番人気はクイーンズリンク。もう少し人気を落とすかと思っていたので、この人気は意外。もうこれだけで買いたくない。

去年のエリザベス女王杯でタッチングスピーチと比較すると、最後の脚色が余りにも違うのが印象的。タッチングスピーチにはローズSでも完敗していることを考えると、そもそもの能力に差があると思う。

距離もタッチングスピーチは長い方が良さそうなのに対し、クイーンズリンクはベストではないだろう。

デムーロというのは心強いんだけど、タッチングスピーチもムーアだし…。これでいてタッチングスピーチより人気だとまあ買えないかな。

というわけで、本命はタッチングスピーチ
去年のローズSやエリザベス女王杯を見ても、能力はミッキークイーンやマリアライトと遜色ない。
休み明けを懸念する声もあるが、シガラキ経由だし、このレースが目標なのは間違いないことから、問題なく調整してくるだろう。ムーアを確保しているだけでも勝負気配は高いだろうし。

で、この馬の場合、ルメールよりもムーアの方が合うと思う。去年のエリザベス女王杯を見ても分かる通り、長く良い脚を使える馬。ルメールのように仕掛け所を待つ騎手より早仕掛けくらいの騎乗をするムーアの方が合うだろう。

◎タッチングスピーチ
◯??????

馬券:◎の単複、◎-◯の馬連、ワイド

??????はこちら人気ブログランキングへ

??????は少しけなしたものの安定はしてるかなと。

↓参考になった方、クリックお願いします
にほんブログ村 競馬ブログへ